ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

敵である、敵でありうる、敵足りうる。2016年第30回動画紹介回

敵となり得る者こそ同志になり得るのかもしれない。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



そうそう。AVGNはクソゲープレイヤーって印象だけど本業映画監督みたいなアレだからね。まあそういうとまた大袈裟だが。
で、稀代のゴジラオタクでもある。動画時点ではシンゴジラ見てないようだがAVGNにはどう映るのかね。やはり強く日本人を対象にした映画だと思うのよね。3.11要素とか政治家官僚共の動きとか。翻訳自体も大変だが小物に含まれる日本語なんかは一々翻訳しないだろうし。
良い作品だからこそ海外でもうまく成功してほしいというか。



風来のシレン学会のがあって笑えた。まあグリッチ系TASでも相当意味不明な過程が笑えるよね。
そういやそろそろMMD杯か。一応また紹介とかやっていくつもり。バナナは腐りかけが旨いという。私は少し青いぐらいが好きだが。



ん、3000本。まあ数字の問題じゃねえよな。いや沢山打ったってのは凄いって話だが、日米通算の記録が意味ないってことではなく、とにかくヒットを打って自らの道を切り開いているというか。
なにより凄いのはこの年齢でここまで野球をやれるってことか。
メジャーリーグはなんかすると色々記録だとかなんだとか持ち出すが、その人の総合的な評価というものを考えたい。


こんなところで。ああそういえばニンジャスレイヤー、第3部終わったね。サツバツナイトとしてリアルニンジャ化というのは読者の誰もの意表を突いた凄まじい展開。
で、第4部、世界観面白そうね。カオスの坩堝、ネオサイタマ。鎖国体制が解かれたことでどのように物語が動いていくか。個人的には別大陸に本社を移したヨロシサンが気になるところ。別大陸って、南極大陸とかムー大陸とか言い出さないよな。


2016年度週刊少年ジャンプ36号37号合併号感想
ワンピ
ビッグマムがそういう能力というのはまあわかっていたが税金としてとってるのか。
とはいえ半年で一か月分なら煙草でも吸うようなもんか?まあこんなお菓子だらけの国で生きてたら糖尿病になってそんなん関係なくさっさと死にそうだが。

僕のヒーローアカデミア
オールマイトは平和の象徴から守られるべき存在に。まあ個人が平和の象徴として社会の軸にって思想自体どうかと思うね。
物間病人説。あり得る。
お茶子がメインヒロイン?でもそう簡単に事が運ぶのもねえ。
で、イナサ。能力はわからんがタフな体ではあると。推薦に成績とかあるの?あんま知らんけどまああるのか。
士傑はバンカラ気質?まあ帽子だけの印象だが。
上級生もまだまともに出てないが他校生編と。B組も別会場。まあキャラを描きすぎているというか?
仮免。まあまたお祭りな感じのバトルかな?期待。

ニセコイ
なんやかんやでジャンプ恋愛漫画では最長寿か?まあ私が聞く評判ではクソだクソだとみんな言ってる気がしたが、そうであっても私はそんなに嫌いではない。そりゃまあ無茶苦茶なところや恣意的な展開も多々あったが、恋愛漫画としての要所は抑えてるように感じた。
言うてまあ恋愛漫画はそんな読まないけども、幾つか魅力はあったとまでは言える。
作者次回作に期待したい。

ネバーランド
こういうタイプの話か。課題を提示して答えを探るというか。
しかし話的に長期連載は望めんか。これで長期連載すればニセコイどころのgdgdではなくなるだろう。まあ外の世界の話とかやってもいいけれども?

BLEACH
十年後最終回タイプか。いやまあ次号だけど。
キャラの掛け合いとかハッタリとかは最高なんだがストーリーを組み立てるとなんというかすぐぐちゃぐちゃになる人よね。週刊連載とはそういうものかもしれないが。
六車が自分の副隊長弄っててたのが良かった。仮面勢も10年やってりゃ馴染むか。

鬼滅
今回一番良かった。
残虐な鬼にも悲しい人生がある。感傷的になれる少年漫画は少ない。
炭治郎が四角四面で真面目な善人なのがうまく作用してるというか。
小説家としても鬼としても評価されなかった鼓鬼さんだがそれを評価されて死ぬというのは何とも言えぬ味わい。そして善逸もまた愚直というか。

左門
恋愛回。やはりラブコメである。
というかアンリ、食欲も相当である。流石悪神。
九頭竜、最近あんまクズじゃないよね。ソーマじみてる。
ニセコイの枠はいただくという主張が見え隠れする良回であった。

トリコ
結局ドンスライムって何だったんだ……


まあこんなところでいいや。鬼滅に左門がキレッキレ。
そろそろBLEACH終わりか。次回作どうなんのかね。
総合評価は上の下としておこう。感想書いてないのもまあ読めるのが多かったし。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/09(火) 02:17:31|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方茨歌仙 第三十五話 茨華仙の信じる道 感想・考察・その他の確認等 | ホーム | 2016年七月に買った本の感想と八月に買う本の紹介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2264-8147a63f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)