ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ニンジャスレイヤー、第4部先行連載エピソード【フラワーズ・フロム・フロスト】#1を見て第4部を考察する

ニンジャスレイヤーwiki


第4部のエピソードが第3部最終エピソード、「ニンジャスレイヤー:ネヴァーダイズ」 の途中でダイ・ハードテイルズアカウントでやるという話以前からなされていたし、話が佳境に向かう寸前の今挟んでくるだろうなとは予想していたが、やはり第4部の世界、第3部の終わりにどうなったかが非常に気になるように書かれていたので、それを予想、考察していきたい。

本アカウントでネヴァーダイがまた連載中に書いているがあまりそっちは気にしないで置く。


フラワーズ・フロム・フロスト。
霜より映える花々とでも訳そうか。雪解けの季節を感じさせる?第3部の結果文明でも崩壊して、しかしその中から復興の兆しが見え隠れする、そんな感じの話か?
コリ・ニンジャクランの話かと思ったが関係ないようだ。まあ単純にアラスカだから当然霜張ってるってだけかもだが。


シトカ。このエピソードの舞台。アラスカでは結構有名な市郡で、アラスカで最初の市らしい。ロシア領アメリカとかそういう時代。
ロシアヤクザ(ニンジャがボス)が町の法であり拳らしいので、何やかんやあってロシアの領地になってるのかもしれない。ダイ・ゼンがズブロッカを頼んでいた辺りからもあり得そうな話。


メギルヴィッチ、シンウインターは2037年ではロシアヤクザの末端。第3部最終エピソードニンジャスレイヤーネヴァーダイの年月日は2038年1月19日。
それからニンジャになって力をつけてボスになった。ふむ。


エメツ、アメ=ツチと呼ばれる鉱物。闇よりなお黒い。これ抜きに世界は立ちゆかない。
ふむ?アマクダリの再定義の影響か?エメツ・ニンジャというと第四の壁を破るニンジャ、ザ・ヴァーティゴに憑依したニンジャソウルだが、関係あるのか?あめつち=天地。エメツ・ニンジャってカツワンソーの事だったりして。
エメツの、これ抜きに世界は立ちゆかないという表現にはこれがエネルギー資源の類であることを想起させるが、さて、


ネオン看板、ネオサイタマらしいそれ。それを見てかの地を思うってネオサイタマ、どうなったのさ。
世界観としては、
第一部が猥雑とした近未来都市、ニューロマンサーのチバシティみたいなそれ、
第二部が階級格差を象徴的に示す階層都市。
第三部がかの傑作SF「1984年」が象徴する管理社会ディストピア、に徐々になっていった。
こうなると第4部は文明崩壊後の未来(例えばマッドマックスのような)でも書くんじゃないかというのはよくある予想ではあったが。


クローンヤクザ。第3部も終盤までは一般市民には隠された存在であった。それが一介の安酒場の女主人にまで存在を知られているとは?

まず、ヨロシサンは相変わらず存続していると見て良いか。
サワタリがヨロシサンの存在、在り方を許せぬとか言ってたしクィリン間で出張って来たからヨロシサン製薬、ネヴァーダイで潰れるんじゃないか、という予想もあった。文明崩壊との予想も併せて。
しかし、クローンヤクザはヨロシサンの製品で、耐用年齢は3年。恐らくネヴァーダイから3年以上は経過しているだろうとみられる。
ヨロシサンが倒産して、オムラに対するオナタカミのような立ち位置の会社の製品なのでは、という考えもあるが、クローンヤクザが示す人倫無視の世界はヨロシサンの在り方を象徴するものであり、サワタリは目的をネヴァーダイの時点では果たせなかったと見て良いだろう。あるいは倒産していても、ヨロシサンであるところのものが存在している訳だ。ZBRの存在も確認できるしね。

で、一般に知れ渡っている。どうしたことか?
まあネヴァーダイの時点でハイデッカーの正体がクローンだと割れてたし、ヨロシサンの悪行もそこはかとなく広まってた訳で、状況はだいぶ変わっていると見ていいだろう。
会社という形態を捨てニンジャクランにでもなっているか?あるいはごく単純に居直ってクローンヤクザの一般販売を開始したのやもしれぬ。
ヨロシサンはニンジャスレイヤーの舞台装置ですらある。簡単には消えんか。

ニンジャスレイヤーはミーム(ミーミー)、情報遺伝子をテーマというか重要視しており、ニンジャはミームとしての存在らしいが、ヨロシサンはジーン、遺伝子をどうとかするという話があった。まあバイオ企業だから当たり前といえばそうだが、ニンジャは子を為せないらしい。この辺に何かありそうだと思っている訳だが、例えば他のニンジャ達は思想を受け継いでいくものに対して、ヨロシサンはヨロシDNAとやら受け継いでいくとか、ニンジャのミームはそれぞれ異なるがヨロシサンのミームつまりジーンは生命戦略、生き残っていくことでありその辺で色々あってサヴァイヴァー・ドージョーがヨロシサン化した、させられたとか?

やはりヨロシサンは謎の多い組織でありだからこそ私好みである。


ショーゴー、スーサイド。なんで三十絡みになってる?なんでシトカでチンピラの世話をしてる?
ニンジャの老化については色々論議があるようだがまあ普通に年食ってたとしたら、ネヴァーダイから10年ほどは経過した?
あるいは老化させられた、老化を副作用とするジツ(スローハンドのような)を覚えた?
時空間が歪んだりした?偽者?本編と関連しないパラレルワールドエピソード?


ダイ・ゼンの存在。ドゴジマ・ゼイモンと同じイニシャル。いつも通りヨロシサンの管理下から離れた、ケジメニンジャみたいなクローンヤクザ?教育課程を経ていないとかかな?
あるいはジツで操っているとか?ウォーロックみたく。
ショーゴーに協力するようだが、さてはて何のつもりなのか。



結局まだまだ何とも結論付け難いようになっている。上手いやり方である。
第3部第4部共に注目していきたい。クィリンどうなるかなあ。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/07/22(金) 00:07:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<上海アリス幻樂団夏コミ新作音楽CD第9弾「旧約酒場  ~ Dateless Bar "Old Adam".」神主のブログを見て考察など | ホーム | 「東方公式絵師」の範囲について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2252-5bb2e2cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)