ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

インターネットの退廃について、ステマや広告や検索サイトなど

ステルスマーケティング - Wikipedia


うむ。まあ、昔からある話ではある。
しかし徐々に徐々に深刻になって来ている感がある。


ステマ、あるいはネガキャン。これは実際に行われてるし、発覚した事例も少なくはない。
これによりネット上での口コミの類は概ね信用できなくなっている。特に匿名でのそれは基本的に疑ってかかった方がいいかもしれぬ。
しかしそれを信用する人がいる限り、ネット上に欺瞞は溢れ、それを利用した商売は増え、ゴミばかり増えていく。

そして広告。まあこれも昔っからある訳だが、最近はとみに鬱陶しくなってきている。
そこらじゅうに容量を喰う広告を置けるだけ置けばアファリエイト収入が増す仕組みで、中にはスクロールに追随する広告やら画面を覆う広告やら動画の前のCM的なのやら間違ってクリックすることを誘うようなものやら、馬鹿馬鹿しいものが増えている。


そりゃ、金が無ければネットも動かないが、金を稼ぐ事ばかり追求してネットがつまらなくなっている。そういう感がある。

2ちゃんねるまとめブログがうざいと思われる7つの理由
「アンテナサイト」はユーザーにとってはウザイ?


最近ではアンテナサイトとか良くわからん自動作成サイトなんかがふえて大手の検索サイトでもまともな検索ができないことがある。色々条件設定で何とかなると言われればそうかもしれないが、それにはそれだけの知識がいる、
ゴミばかり増えて価値のあるサイトは増えず、検索サイトではゴミばかり見つかる。金儲けのためのサイトは検索に引っ掛けるのが上手いのだ。




昔よりもネットが面白くなくなっているように感じるのは思い出補正だけでなく、クソばかり増え良いものが探しにくくなっているという話。
まあグーグル検索とかで独自の情報が無いサイト弾くとかそういうアルゴニズムだかあるとかあるが、ただの検索にももっと色々分別して出してほしい所というか。その辺の技術の発達が求められている?
まとまりのない記事だが、不満の表明ということで。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/07/16(土) 23:18:32|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<沈殿する炭酸飲料。第27回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | 「ニンジャスレイヤー:ネヴァーダイズ」、これからアマクダリはどうすれば生き残れるのか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2249-5acd9e49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)