ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

クロスボーンガンダムゴースト、最終第12巻が発売されたので宇宙世紀の歴史を見たり

宇宙世紀 - Wikipedia
宇宙世紀 ピクシブ百科事典
アニヲタWiki(仮) 宇宙世紀(ガンダムシリーズ)

まあ単行本出てちょっと経ってるけど。

ゴースト、良い漫画だった。奇想天外なMS達にVガンダムの時系列で繰り広げられるエンジェルコールを巡る騒動。
最初のクロスボーン以降から、宇宙世紀後半域の木星については長谷川先生がほとんど書いている訳だが、それをVガンダム、宇宙世紀で真面目に公式と扱われている最後の作品に組み込んで話が繰り広げられる様は非常に面白いものがあった。
00なんかで先にやってたが、宇宙生物の話も出してきたというのも作者らしい。

で、最後の最後でとんでもない展開、コールドスリープ装置のビーコンが壊れてほぼ未知の宇宙世紀0168年に、という具合。次回作の「機動戦士クロスボーン・ガンダム Dust」でその辺について描くようだ。



宇宙世紀。架空の年代でファーストガンダムから続くシリーズの世界観名としても使われるこの言葉。
作品数もいい加減多いので年表らしきものも、冒頭のリンクでも見ればあるが、結構穴も多い。

ピクシブ百科事典より

引用
A.D.1990以降・宇宙移民始まる、年号が「西暦」から「宇宙世紀」に
U.C.0001~ ラプラス事件 『機動戦士ガンダムUC』(物語の冒頭部分)
U.C.0071~ モビルスーツ開発 『機動戦士ガンダムTHEORIGIN』



まずU.C.0001 に、ユニコーンで描かれたラプラス事件があるのはいいとして、そこから、オリジンなどで描かれる一年戦争の前史の、ジオンが暗殺される辺りとかモビルスーツが開発される辺りとかまでしっかり描かれた作品は無い。概略らしきものは無い訳では無いのだろうが、そもそもモビルスーツが無いから作劇も難しいという具合なのだろう。

で、79年は一年戦争でアホほど色んな作品がある。

引用
U.C.0079 一年戦争 『機動戦士ガンダム』
『機動戦士ガンダムMS IGLOO』
『ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079』
『機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で』
『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』
『機動戦士ガンダム第08MS小隊』
『機動戦士ガンダム戦記~Lost War Chronicle~』
『機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争』
『機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…。』
『機動戦士ガンダムサンダーボルト』
『機動戦士ガンダム外伝ミッシング・リンク』

他にも色々か。一番人気のあるところだがこんなに色々ドラマがあるというのも現実的でない気もしてくる。

引用
U.C.0082 『機動戦士ガンダム戦記』
U.C.0083 デラーズ紛争 『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』
グリプス戦役 U.C.0085 『ADVANCE OF Ζ(ティターンズの旗のもとに・刻に抗いし者)』
U.C.0087 『機動戦士Zガンダム』
U.C.0088 ペズンの反乱 『ガンダムセンチネル』
ネオ・ジオン抗争
U.C.0088 第一次ネオ・ジオン抗争 『機動戦士ガンダムZZ』
U.C.0090『機動戦士ガンダム外伝 ミッシング・リンク終章』
U.C.0091 『機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還』
U.C.0091『ADVANCE OF Z Re-Boot GUMDAM INRE-くろうさぎのみた夢-』
U.C.0093 第二次ネオ・ジオン抗争 『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』
U.C.0094 『機動戦士ガンダム UC0094 アクロス・ザ・スカイ』
U.C.0096 ラプラス戦争 『機動戦士ガンダムUC』
U.C.0105 マフティー動乱 『機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ』

一年戦争からちょろっと間が空いてまあ色々と。一年戦争後のゴタゴタはたまに書籍で語られるか。
ラプラス戦争からマフティー動乱辺りは結構薄いが、一応100年にジオンが公式に消滅したんだっけ?

引用
オールズモビル戦役
U.C.0120 第一次オールズモビル戦役 『機動戦士ガンダムF90』
U.C.0122 第二次オールズモビル戦役 『機動戦士ガンダムF91フォーミュラ戦記0122』
U.C.0123
 ゼブラゾーン事件 『機動戦士ガンダムシルエット・フォーミュラF91』
 コスモ・バビロニア建国戦争 『機動戦士ガンダムF91』

ここらから大きな分かれ目。小型MSの時代。まあいうてそれも時代が経つにつれもうちょいでかくなってたりするのだが。
この辺から映像作品も減ってくるのがなぁ。

引用
U.C.0133 『機動戦士クロスボーン・ガンダム』
U.C.0136 『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』
宇宙戦国時代 U.C.0153 ザンスカール戦争 『機動戦士Vガンダム』
U.C.0153 『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』
U.C.168 『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』(エピローグ)/『機動戦士クロスボーン・ガンダム Dust』

クロスボーンガンダムはこの辺りを舞台にしているという具合。なんやかんやでF91から間が空いてるし、クロスボーンからVガンダム=ゴーストの時代も間が空いており、Dustの時代までも間が空いているし、それ以降にはまともな公式設定もない。
一応、

引用
U.C.0203 マハの反乱 『ガイア・ギア』
U.C.0223 ガイアの光事件『G-SAVIOUR』
U.C.0653 『機動戦士Vガンダム外伝』(エピローグ部分)
U.C.???? 宇宙世紀の終焉。リギルド・センチュリーへと移行。

こんなのはあるが、ガイアギアやGセイバーはターンエー的でない意味で黒歴史扱いされてるからなあ。Gレコやターンエーにも繋がっていくわけだがその辺も詳しいところは設定が為されていない。




まあ、ガンダムの設定は緻密のようで色々詰め込める余地を残しており、それは時代が下りにつれ顕著であるという話。
これからはもしかしたらF90以降の外伝が増えてくるかもしれない。あるいはDustの時代、宇宙戦国時代の話が拡張していくか。

そういった意味でも機動戦士クロスボーン・ガンダム Dustには強く期待して注目したい。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/05/29(日) 23:35:58|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<通り魔の視点。2016年第20回動画紹介・ジャンプ感想回。 | ホーム | ヤンジャン26号に中山敦支先生の読切「ゾンビマリア」が載ってたので感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2219-948b9fc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)