ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「ガイコツ書店員本田さん」1巻読んだので軽く感想

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第67回:本屋=楽な仕事だと思ってませんか? 寝言はこの「ガイコツ書店員本田さん」を読んでから言え!!! ねとらぼ


冒頭の虚構新聞社主の記事見て買って読んで面白かったので感想など。
まあ魅力等は冒頭の記事読んだ方が良い気もする。


書店員の話である。一応ノンフィクションの体験談的な感じか。主人公=作者のガイコツ含め書店員はかなり漫画ナイズされているが。一応女性作家なのに自画像をガイコツにする辺りなんというか。

書店員にも色々あるが、作者は東京の、かなり忙しい漫画売り場の書店員である。外国人との英語対応なんかも日常茶飯事であり、各出版社の営業なんかも売り場に来たりする。
書店員というと楽そうなイメージがある人もおいのではなかろうか。その辺のことも漫画の冒頭で語られているが、そういったイメージをぶち壊すエピソードの数々が興味深い。


個人的に面白かったのは、客からおすすめの本を問われた時の回。そりゃまあ、幾らでもおすすめの本はあるが、気に入るかどうかは別である。難しすぎる要望である。
大喜利めいて書店のスタッフで相談を始めたりするのは笑ったが、やはり書店員というのは売ってる本の知識もそれぞれ深いものなのだなあと感心したところもある。どのくらい漫画読んでるんだろう。
しかし、外国人にお勧めの本を紹介してほしいと頼まれるような店か。相当でかいところなんだろうなあ。



漫画売り場の書店員が漫画を描くという構図も中々面白いものがある。自分の描いた本が自分の店に並ぶ光景はどのようなものか。
2巻以降にも期待が持てる良い作品であった。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/05/18(水) 03:57:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<コナミの「半透明壁際カメラ」特許がやっとこさ失効した件に絡めて | ホーム | 何故論理学は機能するのか。2016年第18回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2212-9e212607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)