ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「星のカービィ ロボボプラネット」概ねクリアしたので感想など

星のカービィ ロボボプラネット | ニンテンドー3DS | 任天堂



ネタバレは余裕でありまくる。
最重要なところも知ってる、もしくはネタバレ上等なこと前提で描いてるので注意。

という訳で、まだレアステッカー集めきってないし、真勝ち抜きバトルもクリアできてないし、ミニゲームも全プラチナはまだだが、概ねの要素は把握しきったと思うのでカービィロボボプラネットの感想を書く。


一応、やったことの無い人向けに今回の内容を簡潔に説明すると、

カービィの住む平和なポップスター、プププランド。カービィが寝ている間にでっかい機械によってポップスターが機械化された。という訳でカービィは敵の兵器であるロボボアーマーを使ったりして解決に乗り出す。

まあ概ねいつも通りか?侵略されたから反撃する。実に明快。



まずはプレイ感覚なんかを書いていくか。

SDXの類のようなビビットな動きではないが、慣れれば悪くない。
SDXから続くコピーごとにたくさんの技があるタイプ。少し把握し切れてないコピーもある。

コピーは強すぎるコピーというほどのものは無い。強いて言えばスナイパーなんかが強いか?ポイズンやエスパーなんかもややテクニカルな強さがある。個人的に一番好きなのはミラーだが。画面手前や奥の敵の攻撃を反射して攻撃できるのが私好みだ。

ロボボのコピーは、まあ大体何使っても雑魚相手には楽勝なんだが、好きなのはカッターか。マイクも良い。パラソルはロボボの弱点である高さが稼げないのを克服できるからバランスブレイカーか?まあ使える場所が限られるが。
ジェットとハルバードはまあ言えばイベント用だがカービィの伝統であるSTGをするためのコピーというのも面白いものだ。

ロボボは、スーパー能力やビッグバンほどの無敵感はない。もちろんこれまで苦戦してきたやくものをブッ飛ばせるのは快感であるが、ロボボを利用してまた別の謎解きがあり、リック達のようなお供キャラを思わせるところもある。
ゲーム性という面ではこちらの方がこなれているし、正解に近いと感じた。

カービィは、まあ任天堂の2Dアクションは大抵そうだが、隠しアイテムを探していく、謎解きをして集めるタイプのアクションゲームである。そういうの無視すると、ホバリングが基本操作にあるカービィはだいぶん簡単になってしまう。おまけモードのメタナイトでGOはTA要素含めて解消しているが。
という訳で隠しの難易度だが、クリアやEXステージ解放に必要なICキューブでは、理不尽くさい隠しはせいぜい2,3個ぐらいで、後は良好な難易度だった。4-2なんかはステージ7周ぐらいする羽目になったし、5-3だったかも3周はしたが。
レアステッカーはまあ理不尽と言えばそうだがこれはおまけ要素といえる。伝統のHAL部屋は相変わらず意味の分からん隠し方をしているようだが……


そう、伝統。今回のカービィは過去作へのセルフオマージュが顕著にみられた。

ボスは3ボスのスージーと6ボス相当のハルトマン以外は全て過去作資源を利用している。

まあ、ウィスピーにクラッコにメタナイトにデデデと常連ボスキャラが多いのはわかるが。2面ボスは64のピクスっぽい見た目でやってることはアドレーヌ。スフィアローパーやガラーガを出してきたのは驚いたが。

スージーとハルトマンも同型のメカに乗ってるから攻撃パターンも似ている。それがまた色々思わせるのだが。

で、星の夢はまさかのギャラクティック・ノヴァの同型機と。そりゃ機械がテーマで願いを叶える機械となればデウス・エクス・マーキナたるノヴァが出て来ていたわけだし、Wiiなんかでハルカンドラ製とかいう伏線も出て来てたしで察するべきだったか。

メタGOではクローンで2のラスボスの剣士ダークマター、TDXラスボスセクトレア、ついでにクローンじゃないギャラクティックナイトまで出してきたり、で、SDX最後の最後でシューティングで挑んだノヴァ中枢と歴史を振り返るカービィであった。
ダークマターが何故かカービィ2のラストコピーである虹の剣を持ってたりするのもなんというか。

ステージなんかもセルフオマージュが色々あったりするし面白いところである。


ハルトマンワークスカンパニーのポンコツ加減も中々笑える。

秘書スージーは何度も現れては物騒なこと言ったり、社歌(ロボボプラネットのメインテーマで様々なアレンジが各所でBGMとして聞ける、ちなみにJOYSOUND配信中)を歌ってたり、挙句いらんことして星の夢を暴走させたりと中々である。
ハルトマンも自分の娘の像をミサイルにして撃って来たり、自分やスージーの肖像画の入った紙幣をばらまいて画面を見えづらくしたりとやりたい放題。まあハルトマンが出てくるのはラスト(6-1で肖像画や銅像は出てるが)なので印象は少なめだが。
メインコンピューターの星の夢も中々にガラクタ。願いを曲解したり自分で召喚したギャラクティックナイトにぶった切られて最終プログラム解除とか言い出してハルトマンの心を削除したりとやりたい放題。ほろ苦い所もあるが概ねコメディであったという感も強い。
あんな機械化とかやっといてワドルディはドライブしてたり順応してる辺りも。信号で左右確認してたりするのは可愛い。

実はハルトマンとスージーが親子で、といった裏設定や、ハルトマン=星の夢のソウル化によって他のラスボスのソウル化の意味なんかも察せられて興味深い。
心がテーマのようで、機械に心は宿り得るか、という話でもあるようだ。ハートマークの多様もその表れであろう。
星の夢Soul.OSはハルトマンの心を削除しだすが、心を、自我を喪った機械はまさにガラクタとなる訳か。願いを叶える機械が願いをする主体を消すとか本末転倒もいいところだろう。
柱を折るごとにハルトマンの叫び声がするのはそれがハルトマンの記憶だからか。心を失うとソウルとなる?記憶と心の関係は?ロボボの涙は?

ダークマターの再登場などでカービィシリーズの世界観を統一させてきたという感もあり、これからのカービィにも期待が持てる、そういう作品であった。


強いて難点を挙げるならば、ミニゲームのボリュームの少なさか。まあスコアアタックでもすればかなり遊べるのだろうが、もっと色々詰め込めたのでは、と思う。あくまでメインは本編のモードとするためか。3Dチャレンジは洗練させれば別個のゲームにも出来そうな出来ではあった。


それと余談だが、メタナイトでGOのMPのアイテム、取得時の動きがスプラトゥーンのイクラを思い起こさせた。任天堂とHALで開発違うし偶然だろうか?



非常に面白く楽しめたが、旧来のカービィファンにこそ真に楽しめる作品であったか。
そういえば、アニメカービィは有名として、最近は小説も出てるんだっけカービィ。角川つばさ文庫だっけ?児童向けレーベルだがどんなものか読んでみたくはある。
これからのカービィというコンテンツにも注目していきたいものだ。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2016/05/02(月) 11:55:49|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2016年四月に買った本の感想と五月に買う本の紹介 | ホーム | クソゲーオブザイヤー2015据置版大賞決定、「アジト×タツノコレジェンズ」。>>

コメント

自分も先日100%クリアしました。
記事中で仰っているとおり、新要素の爽快感と過去作のオマージュの豊富さでとても楽しくプレイできました。
特に2、3、64と今までの作品の過去要素としてもあまり触れられて来なかった作品たち(桜井さんの関わっていなかった作品たちでしたっけ?)の要素が色濃く反映されていて懐かしい中でも新鮮味がありました。
BGMも毎度ながら素晴らしく、新曲もさることながら、過去作のもまったく新しい雰囲気にアレンジされていたりして攻略の途中で聞き入ったりしました。メタナイトの逆襲のジャズアレンジは今でもサウンドテストで流し続けるほど気に入っています。
勿論、ストーリーのほうもいつものカービィっぽいちょっとしたマヌケさに加え、生命体の機械化やクローンと言った少しブラックな部分も取り入れられていて、子供と大人で感じ方を変えさせてくれる任天堂らしさをうまく表現できていると感じました。
Soul OSの最終形態がココロを完全に消去したという解説でありながら、姿はハート型=ココロそのものというのも皮肉な話ですしね。
  1. 2016/05/02(月) 14:29:33 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 自分も先日100%クリアしました。
> 記事中で仰っているとおり、新要素の爽快感と過去作のオマージュの豊富さでとても楽しくプレイできました。
> 特に2、3、64と今までの作品の過去要素としてもあまり触れられて来なかった作品たち(桜井さんの関わっていなかった作品たちでしたっけ?)の要素が色濃く反映されていて懐かしい中でも新鮮味がありました。

100%クリアおめでとうございます。
ナンバリング作品も面白いんですけどどうしても桜井カービィが本道という感があり、微妙に軽んじられてきた歴史がありますね。今回でそれを振り返る事も出来そうです。

> BGMも毎度ながら素晴らしく、新曲もさることながら、過去作のもまったく新しい雰囲気にアレンジされていたりして攻略の途中で聞き入ったりしました。メタナイトの逆襲のジャズアレンジは今でもサウンドテストで流し続けるほど気に入っています。

カービィシリーズはいい曲ばかりですね。新曲では、ラスボス曲辺りもいいですが、やはり何度も流れる社歌が耳に残りますね。

> 勿論、ストーリーのほうもいつものカービィっぽいちょっとしたマヌケさに加え、生命体の機械化やクローンと言った少しブラックな部分も取り入れられていて、子供と大人で感じ方を変えさせてくれる任天堂らしさをうまく表現できていると感じました。
> Soul OSの最終形態がココロを完全に消去したという解説でありながら、姿はハート型=ココロそのものというのも皮肉な話ですしね。

機械化とか言いながらカービィにぶちのめされたメタナイトボーグ改とかほとんどすぐに治っている辺り謎ですね。
敵が会社という単位なのもなんというかカービィの世界観の中で新鮮です。そりゃアニメカービィではそういうのもありましたが。
カービィは古典的なゲームで言うほどゲーム内で世界観の説明をしないんですが、シリーズの流れの中で色々積み重なってわかることも出てくるあたり面白いです。
  1. 2016/05/02(月) 20:18:00 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2204-314f01d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)