ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

2016年度6月号のコンプエースの東方鈴奈庵、東方三月精を読んでの雑感

まあ、大したことを書く訳でもないが、ちょっと思った事を。


鈴奈庵。

文が付喪神に関連して百鬼夜行について語っているシーン。
最後に妖魔によって付喪神が散り散り…… 云々の話は小鈴の持つ私家版百鬼夜行絵巻最終章補遺に関わってくるのか。
人間の里での妖怪の勢力争い、と妖魔本に封印された妖怪。鈴奈庵は街中での妖怪をよく描く訳だが、そろそろテーマが明示されてきたといったところか。最終的にその百鬼夜行の妖魔が出てきたり?
あるいは空亡?ルーミアというオチだったりして。


三月精。

まあ三妖精とクラウンピースがわちゃくちゃするだけの話で霊夢たちまた宴会かよって感じだが、とりあえず主軸はみえてきたか。
三月精というタイトルではあるが主人公たるクラウンピースを巡る話なんだな。やはり5面ボスは優遇されているというか。
いちおうちょっとしたカットはあったが、ヘカーティアとなにがあったかとかその辺まだななんも書かれてないしね。
クラウンピースはチルノとも会うのかな?注目。



やはり、書籍は気軽に読めて一番媒体としてはなじむかも。ゲームはゲームでまた表現できるところが違うんだが。
神主がマルチメディアで新しい作品を作っていっている意味がわかる。それぞれでしかできない、よりやりやすいことがあるのだ。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/04/29(金) 02:14:36|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<クソゲーオブザイヤー2015据置版大賞決定、「アジト×タツノコレジェンズ」。 | ホーム | 任天堂、決算報告に伴いNX、新ゼルダ、スマホタイトルなどの情報発表>>

コメント

妖怪達の人里の覇権争い…最近の鈴奈庵はシリアス一直線ですね。
霊夢と魔理沙、里人達が人が変わったように急によそよそしくなったコマと、そのあとの霊夢のツッコミにはなんか笑えました。

クラウンピースはすっかり三月精のレギュラー格になってきましたね。これでは三月精ならぬ、四月精ですね。四月だけに。
お花見にはたくさんのキャラが登場していて賑やかな感じが出ていました。
マミゾウと華扇が一緒にいるのは、2月の茨歌仙で酒呑み勝負するシーンを意識してるのでしょうか。
その前にはにとりと菫子が親しげに会話してるように見えるのがよかったです。
それから針妙丸が小町の肩に乗って、一緒に呑んでるのを見てほっこりしました。
あとはプリズムリバー三姉妹も登場していてすごく嬉しかったです。演奏があると花見や宴会が盛り上がりますね。
回想で出演していた純狐の目がコワイ…。

チルノとの絡みも楽しみですが、ヘカーティアや純狐がゲストとして出演するのも楽しみでもあります。まさか三話でいきなり登場したりして…!?

鈴奈庵の暗黒能楽回、茨歌仙の酉の市回、そして今回の三月精のお花見回など、キャラが総出演してる回はオールスターという感じが出てて僕は好きです。
  1. 2016/04/29(金) 13:49:38 |
  2. URL |
  3. Nizi★ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 妖怪達の人里の覇権争い…最近の鈴奈庵はシリアス一直線ですね。
> 霊夢と魔理沙、里人達が人が変わったように急によそよそしくなったコマと、そのあとの霊夢のツッコミにはなんか笑えました。

幻想郷は楽園な訳ですが、ユートピアとディストピアが紙一重なのは昔から言われる話ではありますね。ある種ディストピアSFのパロディ的な趣もありました。


> クラウンピースはすっかり三月精のレギュラー格になってきましたね。これでは三月精ならぬ、四月精ですね。四月だけに。

第一話ではどのような立ち位置が若干わからなかったですが、今回で三妖精と同格、それ以上の主役として今回のキーキャラクターといった印象を受けました。これからはクラウンピースの物語が紡がれるのでしょうね。

> お花見にはたくさんのキャラが登場していて賑やかな感じが出ていました。
> マミゾウと華扇が一緒にいるのは、2月の茨歌仙で酒呑み勝負するシーンを意識してるのでしょうか。
> その前にはにとりと菫子が親しげに会話してるように見えるのがよかったです。
> それから針妙丸が小町の肩に乗って、一緒に呑んでるのを見てほっこりしました。
> あとはプリズムリバー三姉妹も登場していてすごく嬉しかったです。演奏があると花見や宴会が盛り上がりますね。
> 回想で出演していた純狐の目がコワイ…。

宴会はキャラ色々描けるので、東方という作品群の中でキャラクター描写を深められて良いのかもしれませんね。
結構新しいキャラもいるのが好感です。純狐やヘカーティア辺りはそうやすやすモブ出演もできないかもですが。


> チルノとの絡みも楽しみですが、ヘカーティアや純狐がゲストとして出演するのも楽しみでもあります。まさか三話でいきなり登場したりして…!?

ヘカーティアや純狐はもっと取っておきそうですが、季刊という事を考えると出し惜しみしないかもですね。ストーリーの核になりそうです。ヘカーティアや純狐の幻想郷での日常というのも気になるところですし。

> 鈴奈庵の暗黒能楽回、茨歌仙の酉の市回、そして今回の三月精のお花見回など、キャラが総出演してる回はオールスターという感じが出てて僕は好きです。

東方の魅力の中でキャラは非常に大きなところを占めますからね。
宴会で集まった時こそ東方の一番面白い瞬間なのかもしれません。次回にも期待したいです。
  1. 2016/04/29(金) 21:23:34 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2202-7bc3d10c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)