ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

初代風来のシレン、「回想バグ」の発見

シレンの回想バグについて(随時追加) タイトル不定




ちょっと前、というほどちょっとでもないが、飛びピータンバグが話題をかっさらった。
飛びピータンになってガイバラの弟子に蹴っ飛ばしてもらうと謎の空間にワープできて色々やらかせるバグ技である。

で、今度は回想バグ、それ自体はよく知られていたがそれを任意で起こせるような技が開発されてしまった。
これで本来出現しないアイテムなどを出現させられるようになった。具体的には拾えばクリアできるようなのとか。



まあバグ技自体の詳細は動画やブロマガなんかを見てほしいが、ゲームにおけるバグ、バグ技について少し語りたい。

基本的にバグ自体はゲームの中で疎まれる存在である。そのゲーム本来の仕様から逸脱したものであり、そのゲームが意図した面白さが損なわれうるからである。
しかし、バグ技、利用できるバグ技というのはゲームの魅力をさらに引き出すことがある。
まあ幾らでも例を挙げることは出来るが、ポケモンでセレクトバグでミュウを出すことはみんな夢中になっただろう。それがポケモンの幻のポケモンという要素を作り上げたと言える。

要は、通常プレイの中で、プレイヤーに不利なバグが出現しなければいいわけだ。そりゃあんまり有利になり過ぎても困るが、なんにせよ普通にプレイしてる分にはまず出ないバグだが意図的に起こして出来ることが増えるのならば、それは価値となる。
少なくとも、そのゲームのコアなプレイヤーはそういうものを好む。

デバッグはあくまで通常プレイでの不具合を中心的に見るべきだよねって話?
まあ没データとか見られたくないのかもだが。没データもまたロマンか。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2016/04/17(日) 23:55:52|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<知る喜びの尊さ。2016年第15回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | Wikipedia探訪「モービル天ぷら」>>

コメント

進行不能バグとかそういうの勘弁ですけど絶対いけない領域にいけたりするのは楽しいものがありますね
普通ではありえないことが起きるっていうのはやはり面白いものがある

逆にバグだらけで有名なゲームとかもあったりしますよね。四八(仮)とか
まぁいわゆるクソゲーとして有名なわけですがバグで名が知れわたるというのもまた不思議なもんです
  1. 2016/04/19(火) 13:24:11 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 進行不能バグとかそういうの勘弁ですけど絶対いけない領域にいけたりするのは楽しいものがありますね
> 普通ではありえないことが起きるっていうのはやはり面白いものがある

製作者の意図から外れたものですが、だからこそ面白いという場合もありますね。
そうそう起きては困りますが、超玄人がやっと見つけ出して応用できるぐらいならバグはプラスとなる場合もあるというか。


> 逆にバグだらけで有名なゲームとかもあったりしますよね。四八(仮)とか
> まぁいわゆるクソゲーとして有名なわけですがバグで名が知れわたるというのもまた不思議なもんです

まあ、基本的にはバグが多いのはダメですね。しかしクソゲーにしてもバグが本質ではないはずで、しかしバグのせいでクソゲーになってたりする場合もあり、確かに奇妙な構図ですね。
面白いゲームならバグが気にならないという場合もありますし。逆に面白いからこそやる気がそがれるという場合も。簡単にはいきませんね。
  1. 2016/04/19(火) 21:16:32 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2195-ce59fec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)