ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ニコニコ大百科探訪「神社の系列」

神社の系列 ニコニコ大百科


ずっと前に紹介したような気になってたが、検索したら出てこなかったので。

神社、日本土着宗教である神道の祭祀施設。
神道は多神教というか精霊信仰に近く、多種多様な形が存在し、それを祭る神社も色々である。


で、色んな神社だがそれぞれ系列があったりする。それをまとめたのが冒頭の記事である。


例えばどこにいっても稲荷神社はある。京都の伏見稲荷が総本社である。狐を信仰するというのがらしく、数はやたらと多いが小さいものが多いという。2万から4万ほど。

八幡神社は応神天皇なんかと同一視される八幡神を主祭神とし、権力層との結びつきが強い。一個一個大きな神社がたくさんある。
2万5千ほど。

神明神社は皇祖神である天照大神を祀る。総本社は伊勢神宮ということになる。1万8千ほど。

天満宮は菅原道真こと天神を祀る。怨霊であり雷の神であり、そしてもちろん学問の神。歴史的には1000年ほどで神社的にはそれほどでもないが1万ほどある。



まあこんな感じで神道も神社も色々あるという話。
出雲大社は有名ででっかい神社があるけど数はないよね。
こういうバラエティ溢れるところが神道の文化として面白いところか。まあキリスト教も一神教のわりに聖者がどうとか天使がどうとかいって同じような事やってる気もしないでもないが。

宗教はあくまで宗教、神話はあくまで神話であるが、それは豊かな文化を作り出している。そこは否定できないところである。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/03/18(金) 02:41:25|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神話的脱力。2016年第11回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | 「応天の門」5巻まで読んだので紹介および感想など>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2176-ec0a664e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)