ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

最も重要なものは既に打ち捨てられている。2016年第10回動画紹介・ジャンプ感想回

人間は妥協というにもおこがましいところで生きている。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



マリオRPG20周年。そんなに経ったのか……
この動画、7回ほど再生してるが16回ぐらいマジ泣きしてしまった。いやまあ思い出補正なんだけれども。カリバー、バリアといたら即死攻撃効いちゃう系ボスなんだけど、そのまま効くわけではない辺り一種バランスとれてるしかなり好きなのよね。物語の最初から見えているボスとしてあっけない最期が妙に感慨深いというか。
キグルミ惑星は知らんかったが、なんかやばい曲だな。はなまる幼稚園、原作は一巻だけ持ってたはずだがアニメは見てなかった。なんだこのキャラソン。エンディング曲でもあるらしいが、一曲でここまで変化がある曲も珍しい。それがMAD風の動画に合っているのか。
結構荒い部分もあるが、このゲームの世代の人は必見。



前に書いた個人表彰記事で金賞にした紅白インク合戦だが、ここまで緻密に考えつくされて作られていたとは。
なるほど対比。あれほどスピード感溢れる展開でありながらわかりやすい理由など。
これはもう降参せざるを得ない。改めて第16回MMD杯最高の動画だったと言おう。



MTG。影絵で結構前にやってたアラーラの背景世界ストーリーの前半部分をやっている。
まあ、公式のイラストを無理くりコントラスト限界にして白黒にした絵を使いまくってるわけだが、それがまたかっこいい。
大体、アラーラぐらいから新世代プレインズウォーカーの話が始まった訳でいいのか。ブロックとしてはローウィンからいたはずだがストーリーには絡まなかったし。


こんなところか。今回は、全部ゲームに微妙に関連していることを除けばバランスよく素晴らしい動画を紹介できたと思う。
掘り出し物が一個ぐらいあると何かよい。


2016年度週刊少年ジャンプ15号感想
左門
ちょっと前は最下位取ってたのに半年で表紙巻頭カラーを貰えるとは。
カラーでてっしーがいってるのは主にサブタイトルのアレで、女性の身支度を三時間待てるのはサキュバスの話だったか。
てっしーの周り、アホしかいねえなおい。女共もアホなのかよ。
で、左門は天才召喚術師なので学術分野は超得意と。ソロモン72柱だろうがゾロアスター系だろうが妖怪だろうがなんでも呼べるもんなあ。独学なのかな?
しかし今回アンリいる意味特になかったな。まあ巻頭カラーなので出張って来た形か。
単純にドラえもんパターンじゃなくて、教えるのがクソ下手って言われて意地になって悪魔使って能力上げるってのは興味深いパターン。九頭竜は左門の友達という描写を推しているのも結構きついところがある左門の設定を和らげるし上手くなっている。
この流れで何年か続けばアニメ化もあるかなあ。何巻分ぐらいあればアニメやれるんだっけ。

暗殺
はぁああああああああああああああああああああ?!!!!!!!!300億貰えて寄付とか国に返すとかするとか理解できねえええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
いやまあ個人の感想です。でも、金だぞ?
柳沢とか理事長のその後は趣のある終わり方で好き。悪くなっていくばかりではないんだよね。

ワンピ
えっと、ルフィとローが同盟でしょ?で、光月家家臣一同及びその配下のミンク族も味方でしょ?そんでもってドレスローザでキャベンディッシュとか色々仲間にしたでしょ?ジンベイとかもフラグあるでしょ?革命軍も血の繋がりとか義兄弟とかあるし味方みたいなもんでしょ?ふーむ……
まあ、戦う相手がもう四皇とか海軍とかになってきてるからそんなもんでいいのか?

ブラクロ
ボスにしてはクソザコ過ぎると思ったがまだなんかあるようで。
敵味方の格を落とさない上手い描き方をしたものだ。

僕のヒーローアカデミア
ほう。大凡のところ、襲撃によって雄英の、ヒーロー社会の信頼をそぐという目標自体は何となく察していたが、なるほど爆豪なんかを攫うのもその一環と。襲撃自体で目標の半分は達しているし最悪負けても問題はないと。
戦闘描写を見る限り、精鋭ヴィランは強めの生徒たちと同格かちょい上といったところ?筋肉の人はかなり強い方だったか?まあデク一人で何とかなったがデクだし。
トガ相変わらずアレで可愛いが、ワープするときに「ごめんね出久くんまたね」っていうところがなんかだいぶいい。
荼毘、轟をフルネームで呼ぶ。まあやっぱりエンディバーの息子、轟の兄かなんかか。
結局爆豪は連れていかれた。というかワープさん単体で十分拉致は可能なような気もしないでもない。
ここで八百万がつけた発信機かなんかが役に立ち、悪のアジトへ逆襲救出編?生徒たちが行けるのか?デクはすでにボロぞうきんだし……
今後の展開に注目して期待したい。アニメも間近だし。

相撲
そら通報されるわだが笑えた。

鬼滅の刃
おー、このなんというか、雰囲気というか、おとぎ話的というか、なんかいいな。
生き残れるかどうかは別として好きなところがある。

BLEACH
卍解の能力を使ってる敵本人に聞くというおとぼけが何とも言えない味わい。基本勝手に能力言っちゃう漫画だからねBLEACH。
まあチート。
他に卍解使ってない隊長格って誰がいたっけ?えっと、夜一に平子に、生きてんのか死んでんのか知らんが浮竹に、えーっとそんなもん?ゼロ番隊はどういう状態だったっけ?なんとなくあいつら敵に回りそうな気がするんだが。

トリコ
まあ全くと言っていいほど話は進んでないがフルコースの設定だけでまあ面白かった。



こんなところか。やはりヒロアカに左門は最高に面白い。
総合評価は中の上としておこう。
暗殺は次回最終回か。微妙な時期だが、大丈夫なのかね。トリコもそろそろ終わりそう?銀魂も今年中かその辺りで終わるだろう。ニセコイだって今年か来年ぐらいには終わる?BLEACHもなんだかんだ展開いつも通りクッソ遅いんだがそれでもあと5年ぐらいで終わる?BLEACHはわからんな。
あと数年で紙面は大きく変わるだろう。そうなった時、どんなジャンプとなるのだろう。まあ少なくとも新人勢には残りやすくなるし、それで何とか生き延びて花を咲かせる作品もあるかもしれない。それはいいことであろう。

鉄血のオルフェンズ第23話、前の記事で感想書いたけどマジでやばい事なってるなあ。
どう見ても敵味方とも破滅への道をたどっているというのが。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/15(火) 01:51:00|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「応天の門」5巻まで読んだので紹介および感想など | ホーム | 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第23話を見て感想及び予想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2174-4c24cd6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)