ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

MTG、新セットのイニストラードを覆う影のストーリーをエルドラージ方面から予想

MTG日本公式

眠いので前置きなしに簡潔に書く。
とりあえず謎解き趣向な今回のブロックなのでストーリーを予想するわけだ。2016年3月11日現在の予想ね。
わかってる人向けの記事だがこのブログにMTGをわかってる人はほとんど来ないようなのでメモ書きみたいなものかもしれない。


で、今回のストーリーではゴシックホラー次元イニストラードに再訪、やっとこさ復活したアヴァシンを含めた天使たちが狂って人間たちを襲ってるけどなんだこれって話。

アヴァシンが狂った。他の天使も狂った。シガルタは呪禁とか持ってるからか大丈夫らしいけど。
公式のストーリーによるとどうやら面晶体や月がそうさせるとかなんとか。


まあ結論としていうと、今回の騒動はナヒリが狂ってソリンの故郷であるイニストラードにエルドラージを呼び込んだとかそういう話ではないかと思っている。

セット名のイニストラードを覆う影はエルドラージの元ネタであるクトゥルフ神話の有名作品インスマスを覆う影と酷似。
第二セットの異界月、エルドリッチムーンだかも最も大きいエルドラージタイタンであるエムラクールに似ている。
前にドラゴンの迷路とか言いながら全然ドラゴンも出てこねえしミゼットもたいして絡んでねえじゃねえかって散々批判されて反省しているらしいのでこれで何もないとかいう思わせぶりなミスリードはしないのではという予想が一つ。

第二に、面晶体。これはウギン達がエムラクールをゼンディカーに封印する際に使ったものだが、それを使いこなせるのはウギンかナヒリ、微妙だがソリン、オブ・ニクシリス、そして封印されながらも面晶体を捻じ曲げたエルドラージ達ぐらいだろう。
ウギンは動機が無い、オブはアリバイがあり時間的余裕が厳しい、ソリンは、アヴァシンを作る際に何か大ミスをしでかしたという可能性もあるが他の天使も狂っているので薄い。ナヒリはなんか狂ってソリンに復讐している感じのようなのでありうる。狂わしたのはゼンディカーで封印されていたエルドラージと見てよくその支配下にあるという可能性も高い。

第三にカードを見ていくとマナを歪めるだの、イラストに触手(エルドラージは触手があったりする)があったり、実際ナヒリはイニストラードにきて狼藉を働いているようである。
ナヒリの行動がミスリードで、例えば今回の異変の解決をしようとしていると考えれなくもないが、白い天使が敵役である今回ナヒリも無茶をしているように見える。

第四に、消去法で見ていくと、とりあえず昨今のMTG三悪でいくと
ニコル・ボーラスは今回のようなことをしでかす能力はあるかもしれない、動機が薄い。イニストラードにニコルの求めるものがあるか?
新ファイレクシアは天使を狂わせたりとかはしかねないが、未だ次元を超える方法を得ていないはず。まあ書かれてないところで得ていて事後報告というのはあり得るが、ファイレクシアは肉体と精神は歪められてもマナを歪めるようなことはするだろうか。大いなる行いという言葉はそれっぽいが。適応をするらしいがどうもファイレクシアの油っぽくはない気がする。いやでも新ファイレクシアは白が第一色になったんだっけ?天使が洗脳されているのに符号はするが…… あともう一つ問題は新ファイレクシア担当のプレインズウォーカーが一人たりともこの場にいない点とかか。
エルドラージ路線なら素直に行けそうに思える

他は、プレインズウォーカーだとメタ予想になるが、ジェイスにタミヨウ、ソリン、ナヒリに新しい狼男(女)のプレインズウォーカー、リリアナにティボルトと出すべきプレインズウォーカーが多すぎて5枠におさまらない。まあタミヨウ辺り前回のジェイスみたくストーリーに出るがカード化しないというタイプにしても厳しいのでは。
リリアナにイニストラードの大悪魔というパターンは前回やったしね。

天使の長姉とかもあるが死んでるわけだ。

第五に新エムラクールが求められている事。
戦ゼンブロックは開発の途中で二セット制に変わった訳で、エルドラージタイタンが一人漏れた。
それでうまくストーリーを作った訳だが、やはり三体分の新エルドラージタイタンは望まれている。特に15マナで一つの最強カードであったエムラクールの新作はどうなるかというのは大きな期待をもたれている。
そこで、エルドラージの設定の中で未だカードに現れていない次元渡りというところを今回見せていこうという具合だ。今までじゃあゼンディカー特有のクリーチャータイプというレベルでしかなかったわけだし。
そうなれば、エルドラージはプレインズウォーカーたちと同様次元と関係のないカードを刷れるようになるか。エルドラージタイタンならば神話レアに一枚無色カードという具合でのカード化は可能だろう。

第六に、同じテーマで同じ次元を描き続けるのは難しいとマローが言っていたこと。
再訪セットではラヴニカ以外では大きく変化してるんだよね。まあ今回もすでに大きな変化はあるが、ゴシックホラー以上になるというのもありうるだろう。そのためのエルドラージかもしれない。



こんなところか。
まあ結局確信を持っては言えないが、予想はしておきたいものである。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/03/11(金) 02:09:58|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Wikipedia探訪「雨氷」 | ホーム | ゲームコントローラの系譜図「The Evolution of Video Game Controllers」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2171-d880e14c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)