ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ゲームコントローラの系譜図「The Evolution of Video Game Controllers」

POP CHART LAB The Evolution of Video Game Controllers
それはそれは長い歴史なのです。ゲームコントローラーの進化の系譜を表したインフォグラフィック コタク・ジャパン
ゲームコントローラ - Wikipedia
ゲームパッド - Wikipedia

ちょっと面白いものを見つけたので。
幾多のゲーム機の入力装置、つまりゲームコントローラを系譜として図にされている。
Tennis for twoのつまみとボタンからなる操作装置からWiiUゲームパッドみたいなのまで。微妙に前に描かれたものだが2016年3月現在までの現行機までフォローしている。

オデッセイの時代からガンコンはある。で、光線銃ことNESZapperに繋がる。概ねのガンコンはそこからの派生だが、Wiiリモコン系のWiiZapperから繋がるのも。

というかこうしてみると、ゲームコントローラーの歴史の中での任天堂の存在感が。そりゃ任天堂はただでさえゲームの代名詞ですらあるが、
十字キーはゲーム&ウォッチのドンキーコングからファミコンのゲームパッドを経由して現代までの多くのコントローラーの標準装備に。というかファミコンのゲームパッドがあったからこそゲームパッドがゲーム機の標準になったのか。
丸みを帯びたスーパーファミコンのゲームパッドも追随者多数。丸みを帯びた横長ゲームパッド自体は幾つかあり初出という訳ではないっぽいがこの形のは大いにまねされている。
所謂人間工学に基づいた、最近にもよく見られる形の最初のはPS1のコントローラーだが、そういうタイプのコントローラーに3Dスティックを標準装備させたのは64コン。ちなみに振動機能もたぶん64コンが最初か。拡張機能だが。
スティック2個付けであと十字キーと色々ボタンというスタイルはPSの後期のコントローラーで完成された感があるが、GCコンは一見奇妙に見えるがAボタン大きくしたりとか更なる深みを目指したもので、なんと現行機WiiUでも(スマブラforWiiUでのみ変換アダプタを経由して)使用可能にされている名機。
携帯機に関してはもはや言うに及ばないが、折り畳みにタッチスクリーンに裸眼立体視といろいろ考えたものである。
で、WiiリモコンにWiiUゲームパッドと。
任天堂がハードを作るたびにいろいろ仕掛けてくるのがよくわかる。


他にも面白いのが色々あり、例えばセガのゲームパッドの系譜はXBOX系に繋がっており、WiiUプロコントローラーもその系譜に繋がるとしているところなどか。
任天堂ではバーチャルボーイがああいう人間工学重視のコントローラーの最初なんだな。
たまにAVGNの動画なんかで見るが、ATARI2600のジョイスティック、あれでよくゲームができるなとも思う。ATARI2600とか触ったことないからわからんが。



ゲームの中身も重要だがこういった入出力装置もおろそかにしてはならないということ。
PCゲームなんかはPS2のゲームパッドあたりをデファクトスタンダードとして作られているイメージ。任天堂のコンシュマー機はむしろハードを弄ることで他のハードで出来ないことを出来るようにしてその価値を高めようとしているか。
WiiリモコンはE3で発表された時はまさに驚天動地といった感じだったし、WiiUゲームパッド、まんなかにドデンと画面があるアレはスプラトゥーンで物凄い活用が見られたしなあ。
任天堂の新ハードNX。まるでどんなものかが情報が出ていないが、それもまた我々を驚かせるものがあるのだろうか。期待して注目したい。他の新世代機はどのような形に成り行くのかな?今後のコンシュマーゲーム機とはどうあるべきなのかという問題にもつながってくるが……
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2016/03/10(木) 01:26:45|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MTG、新セットのイニストラードを覆う影のストーリーをエルドラージ方面から予想 | ホーム | 年寄りなのに持病の一つもないのはみっともない。2016年第9回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2170-9d284930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)