ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ゲームをスポーツとして扱う「e-Sports」の今後

エレクトロニック・スポーツ - Wikipedia
プロ・ゲーマー - Wikipedia

eSports-Runner


e-Sports、エレクトロニック・スポーツ、(複数人で競われる)コンピューターゲームのプレイングをスポーツとして捉えるときに使う言葉。つまり競技としてのコンピューターゲームといった具合。
何を言ってるんだという読者もいらっしゃるかもしれないが別にスポーツという言葉はサッカーとか野球とかのフィジカルスポーツだけを指すのではなくチェスとか麻雀とかのマインドスポーツも指す言葉、らしい。

e-Sports。昨今ではかなり急成長してきて、そこらかしらでよく聞く話となっている。
日本でも最近e-Sportsのプロプレイヤー、即ちプロゲーマーも増えてきた。格ゲー界の伝説を今なお増やし続けるウメハラ氏のプロゲーマーとしての活躍はその流れを大きく推し進めたと言えよう。


で、結局まあ日本ではイベントで賞金をあからさまに出せない訳で、e-Sportsは欧米とか韓国中国が主流となっている。
スポンサー援助なりそのゲーム関連の仕事したりとかもあるが実際あんまりである。

というわけで主流なe-SportsはFPSなりRTSなり、でLeague of Legendsにあとは格闘ゲームといった感じだが、これは今のエーム界隈を考えるとかなりお粗末であるように感じる。
今のコンシュマーゲーム業界は、控えめに言っても低迷している。そこでe-Sportsとしてのゲームという形をもっと積極的に模索してもいいように感じる。
実際、大会に出るようなプロプレイヤーは多くはないだろうが、それに伴う大会などは大きな宣伝になり得る。昨今では動画サイトによる実況プレイなどを宣伝に利用する例を多く見るが、やはりスーパープレイを見てみたいものだ。

まあこう書いておいてなんだが、いくつか兆しは見える。例えば任天堂なんかはスプラトゥーン甲子園とか言ってでっかい大会を開いていたし。
ゲームメーカーは他の対戦型ゲーム、あるいは非対戦型ゲームでもRTAやハイスコアアタックなどをe-Sportsとして認知させ普及させていく努力をしても良い、そう思う。
前の記事でもあったけどぷよぷよなんかもまあ欧米で全然普及してない訳だが、上手いこと賞金付きのでかい大会なんかをそっちで開催して衆目を引けば話も変わってくるだろうに、ぷよぷよの大会は民間で行われるそれが主流で、せいぜいレッドブルの大会ぐらいである。最強を決めるとされるACぷよぷよ通のS級リーグなんかも、なんか知らんがレッドブルがスポンサーになってたが結局ACぷよぷよ通であり今売ってる製品じゃないしなあ。



今後のゲーム界隈において大きな影響を与えそうな流れであるe-Sports。その動向に注目したい。

※追記
タイトルに勢いで今後とか付けたけどほとんど今後について語って無かったな……
まあe-Sportsで扱われるゲームジャンルも増えていって、e-Sportsを扱う団体も拡大統合されてスポンサーも増えて世間での認知も増大して、あとはまあなんかフィジカルスポーツで言うところのオリンピックみたいなの継続して開けれれば万々歳なんじゃね?正直詳しくないからなんもわからんがそうなるには課題もいくつかあるけど。ドーピングとかルールとか。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2016/02/29(月) 00:57:40|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大人の都合は時として余りにも幼稚だ。2016年第8回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | 支倉凍砂「マグダラで眠れⅧ」感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2162-3d80b10e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)