ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

MTG、エターナルマスターズとか出すらしい

『エターナルマスターズ』 発表 MTG日本公式

再録禁止カード
再録禁止カード一覧


ほへー。紙で出すんだ。

MTG、マジック:ザ・ギャザリング。最も古く世界的には最も人気なトレーディングカードゲームである。
マスターズなんとかというのは元々MO、マジックオンラインで発売されていなかったカードセットのカードを使えるように再録するセット群、マスターズエディションから来ていて、最近ではほとんど禁止カードのないヴィンテージ向けのヴィンテージマスターズやら、紙でも売ってるモダンマスターズ等もその流れを汲んでいる。テンペストリマスタードも同じアレか。

エターナルというのはどの時代のカードでも使えるフォーマット、ヴィンテージとレガシーを指していて、レガシーマスターズが無かったので来るかもと思われてきたが、レガシーだけだとあれなのでヴィンテージによく使われるカードも再録する気なのかエターナルマスターズという形で紙でも出すことにしたようだ。

で、紙で出すという事が問題で、MTGでは再録禁止カードというものがある。再録することでカードの価値を下げカードショップに負担を掛けないための約束事である。MOでは関係が無いが紙だとこの縛りがあり、例えばレガシーでは必須のデュアルランドなんかは再録禁止で、というか高いカードは大体再録禁止だったりもする。


まあある程度はマシになるのか知らないが、むしろEDH、統率者戦というフォーマットも一枚縛りながらどの時代のカードでも使えるのでそっちに需要があるか?それなら統率者の別のカードデット作ればいい気もするが。

再録禁止。どうにもめんどくさいルールである。これがあるからこそ何十万といったカード群が生まれており、今更撤廃すると訴訟される訳だが……
最初のTCGというだけあって色々やらかしているということか。まあ他のTCGもやらかしは多いが…… というかやらかしたカードを使うためのヴィンテージにレガシーという感もあるが。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2016/02/17(水) 01:01:13|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方茨歌仙 第三十二話 ぽんぽこ陣取り裏合戦 感想・考察・その他の確認等 | ホーム | 欺瞞と虚構の違い。2016年動画紹介・ジャンプ感想回。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2154-a4528b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)