ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「ゴシック・アンド・ロリータ」

Wikipedia - ゴシック・アンド・ロリータ

所謂ゴスロリ。ロリータファッションにゴシック、ゴスを掛け合わせたファッションスタイルである。
なんやかんやで日本独自というか日本が発祥のものらしい。それぞれの要素は西洋のものだが、こういう掛け合わせ方は無かった訳だ。あんな動きにくそうなのでストリートファッションだというのもアレか。まあそれが逆に意味を持つ場合もあるのだろうが。

ロリータ。元々ウラジーミル・ナボコフの小説、ロリータ、少女を愛してしまう中年の話、から来ている。ロリータというタイトルはそのヒロインという事になるドロレス・ヘイズの愛称から来ている。

ロリータファッションとは、結構いろいろ定義が混乱している感があるが、言ってしまえば少女的なアレである。
で、ゴシックとは、元々中世ヨーロッパのゴート族の建築様式の事だったわけだが、なんやかんやごちゃごちゃなって中世の位ロマン、吸血鬼ドラキュラが代表するようなそれを指すようになった。


まあ、色々捻くれて拗れてる感も高いが、尖って先進的なファッションジャンルという気もする。



ロリータ。少女という概念から、だからこそそういうファッションを身に着けるということは思想が必要なのか。
そういう意味でゴシックという分野に合わせたのは全く違ったそれを合わせて思想性を得るためか?


考えてみると色々面白い。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/02/06(土) 06:53:02|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マジック:ザ・ギャザリング。「プロツアー『ゲートウォッチの誓い』」でなんか凄いことになってる件について | ホーム | 第12回東方project人気投票、「Radical Discovery」にあったキャラクター別順位推移を見る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2147-184469b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)