ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方三月精がまたコンプエースで(季刊)連載される件について

今月号のコンプエースより。

まあもうとっくに発売されてるので書くが、1月26日発売の月刊コンプエース3月号から「東方三月精 ~Visionary Fairies in Shrine.」が季刊連載、つまり三か月に一回載るという具合になるらしい。
基本的に神主こと原作者のZUNさんはメディアミックスの原作原稿は自分でしっかり描くので、また仕事が増えた格好だが、季刊ならなんとかなるのか。

したらば 東方境界板 【茨歌仙】書籍系東方作品ネタバレ受け皿スレ その35【鈴奈庵】より

引用
184 :無名山に風が吹く:2015/12/24(木) 23:05:38 ID:PrL21iJk0
月刊 酒レビュー
隔月 鈴奈庵原作 (連載は月刊だけど前後編なので)
隔月 茨歌仙原作
季刊 三月精原作
半年 香霖堂
年刊 ゲーム作る

神主頑張るなあ…

ゲームは作ったり作らなかったりだが黄昏格闘なんかも監修したりだし、かなり仕事している。この前の講演とかインタビュー受けたりとかニコニコのなんかに呼ばれたりとか臨時の仕事も多いしなあ。二軒目ラジオなんかは仕事の内に入るのだろうか。何年かに一回は求聞史紀みたいな本出したりとかもあるし、音楽CDだって出すときは出すだろう。
東方外來韋編も季刊みたいなだった気もするが。あれどういう扱いなんだろう。


で、「東方三月精 ~Visionary Fairies in Shrine.」。
神社の幻想の妖精みたいな?第三部と同様博麗神社裏の大樹を住処として神社中心とした話をするようで。まあ東方自体の主人公博麗霊夢の住居で妖怪なんかもたくさん来るしね。場所としては幻想郷の東の端っこなんだが。

そう、都合第四部ということになるのだ。
第一部となる「東方三月精 ~ Eastern and Little Nature Deity.」は作画担当が松倉ねむ先生で、松倉先生の体調不良とともに作画担当と副題が変わり、「東方三月精 〜 Strange and Bright Nature Deity.」、第二部となった。これから作画担当は比良坂真琴先生である。作中で光の三妖精が住居を魔法の森の大樹から神社の裏の大樹に引っ越して第三部「東方三月精 〜 Oriental Sacred Place.」となった。

第一部は通称「白月精」と呼ばれ、単行本が絶版となっているため東方ファンでも持ってない人は多い。主人公の三妖精のほかにはほとんど霊夢と魔理沙ぐらいしか出てこないことが特徴か。
第0話はコンプエースの創刊号から載っていたことに注目である。

第二部以降は比良坂先生が作画だが、絵柄のロリさが罪深いとよく言われる。
公式の東方STG作品、妖精大戦争の作画も比良坂先生なのは注目に値する。深秘録で鈴奈庵の作画担当である春河もえ先生が起用されていたがそれに先駆けた抜擢である。

そして鈴奈庵もコンプエースで連載されているわけだが、これで3か月に一度コンプエースに東方作品が二つ載る具合になる。まああの雑誌はなのはだのFateだのが大量に載ってるので極度に注目を浴びるということはないが、東方界隈において特別な雑誌となるだろう。茨歌仙載ってるFebriは茨歌仙が主なところがあるが。


こうしてみると、メディアミックス作品で扱われるのは(儚月抄以外)日常の話で、異変の話は同人流通の原作ゲームでやっているのがわかる。
ゲームは戦闘を描くのにちょうどいいという訳か?
異変でこそ新キャラも出しやすい?そりゃ各漫画や小説でも主人公やモブキャラは出るが、むしろ原作STGやら黄昏格闘やらで出たキャラのフォローといった面も大きい。

公式東方の作品群はそれぞれで要素を補い合いつつ成立しているか。
そういう複合構造の作品群がしっかり成立しているのも原作者が協力に監修しているからだろう。

このままこのようにいくのかさらなる変化があるのか。新しい三月精も含め期待して注目したい。



※追記
妖精と言えば紺珠伝で地獄の妖精クラウンピースが登場している。
5ボスでかなり格が違う妖精(まあ紺珠伝では純狐に能力で純化されてパワーアップしてるが)だが、三妖精との絡みは書かれるか、他の新作キャラの再登場なんかも併せて期待したいところだ。まだ原作の身で出て再登場のないキャラのフォローが見たいところだが……
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/12/27(日) 04:03:45|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ニンジャスレイヤー公式ブログの三大ニンジャ組織紹介が就活ガイド風で笑えた | ホーム | へうげもの第21巻、大砲とスタンプ第5巻、螺旋人同時上映、買って読んだので感想>>

コメント

三妖精とクラウンピースとの絡みがどういう風になるのか気になります。
また、神霊廟や輝針城、紺珠伝などのキャラ達の新たな掘り下げ・新設定などにも注目です。
あと気付いた事なんですが、プリズムリバー三姉妹はこれまでの三月精シリーズには一度も登場してなかったんですよね…。
連載再開を機にどこかで登場して欲しいと思っています。
  1. 2015/12/28(月) 21:06:31 |
  2. URL |
  3. Nizi★ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 三妖精とクラウンピースとの絡みがどういう風になるのか気になります。
> また、神霊廟や輝針城、紺珠伝などのキャラ達の新たな掘り下げ・新設定などにも注目です。
> あと気付いた事なんですが、プリズムリバー三姉妹はこれまでの三月精シリーズには一度も登場してなかったんですよね…。
> 連載再開を機にどこかで登場して欲しいと思っています。

ですね。まあ神霊廟は神子や青娥、輝針城は針妙丸なんかが書籍でフューチャーされてましたっけ。
紺珠伝の、特に純狐、クラウンピース、ヘカーティアは現在どういう状況なのかあいまいなのでこのあたりの設定もほしいところですね。他のまだ出て無いキャラも気になります。キャラの登場回数とか数えたのが何かであった気もしますが……
プリズムリバー三姉妹辺りも三妖精と合いそうですし期待できそうですね。
チルノもまた登場するでしょうか。注目です。
  1. 2015/12/29(火) 00:13:09 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2116-4ac109e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)