ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

twitterに流れていたユサケーさんの「#神主講演レポ」を見て行く

ユサケーさんのtwitterページ
京大熊野寮「幻樂団の歴史」講演レポートまとめ Togetter

京大でやってた、東方project作者の神主ことZUNさんの講演。twitter見てたら情報が流れてたので感謝して見て行く。


お酒に興味を持ったのは20歳から。健全。まあどうあれそれより前と答えるわけにはいかんのだけれども。


巫女さんSTGの先駆者というと奇々怪界が有名で、実際霊夢などを見るに影響は多大だが、全体的に巫女というキャラクタージャンルはメイドやら魔女っ娘やらバニーガールやらやらナースやらに比べるとマイナーか。日本刀女子なんかと同じぐらいか?
そういう属性にも気を配ってるんだよね。


メジャー化。香霖堂は商業でもメジャー化とか全く関係ない系のような。世界観は広がった感があるが。
STGの負けイベントというといつだったかの超兄貴で最初にラスボス操作して蹂躙するのがあったが。


確かに、弾幕とかの細かさは女性的なのやも。まあ魔理沙なんかは大砲みたいなもん使うが。雲山男な訳だが、スタンドなのでセーフと。アレもドーンみたいなイメージ。

アニメの制作は中々個人製作たる同人と相容れないところがあるか。同人アニメも多いけどね。少なくとも丸投げする気はないと。ニンジャスレイヤーみたいなのならそりゃ割かし隅々まで作れるかもだが、アレだってなんやかんやで声優豪華だし、金もそこそこかかってそうだしなあ。東方公式でFLASHみたいなのじゃあアレだし。
実写化もまた色々難しい気もする。まあ日常を描くだけなら変な特撮も入れなくて済むか。


一々許可を出すのは特に一次製作者の仕事でもないしね。実際ダメなのはダメだし。


ここまで巨大になるとはだれも想像し得なかっただろう。それ故神主も各方面に気を使ってる感もあるよね。


元タイトー社員だもんね。同人で出すのと商業で出すのではあまりにも大きな隔たりがある。


スーパー東方メーカー。いやスーパーマリオメーカーもボタンを押して自動ではできないけども。アレだって作る楽しみ大きいしね。


そんな話は既に聞いていたが、スペカSTGまで提案してたのか。なるほどここが運命の分水嶺だったか。追随者は特にいないシステムだが、パクッたら東方のパクリだと丸わかりだしな。


なるほど、音楽のためのゲームからゲームのための音楽へ。曲調もそんな具合に変わっている、気がする。輝針城なんかはBGMしたBGMが多かった印象。


まあ日本神話ぐらい概要はみんな知ってるのかな?というか、なるほどみんな少しは知ってて詳細までは知らないという具合の題材が一番やりやすいのか。


妖夢なんかにも投票してたっけ。インターネットがマンネリ化。わかる。というか最近のネットは価値の低い情報が氾濫しすぎている感も強い。検索サイトなんかを使っても同じ情報が別のサイトで何十何百とひっかかるのはなんとかならないのだろうか。


ゲームと動画の相性は良いというのは良く言われる話で、最近任天堂なんかはそれを意識してやってるように思える。


ゲーム実況。ゲーム自体が本体ではなく実況、実況者が本体になりつつあるのが問題か。
それの新しいものというと容易に想像できないが、さて。


神主も「有名人」となってしまった、ということか。そうなると外見にも注意しないと面倒なことになる訳で。


神主というキャラクター。たまに二次創作でも出てくる。
インディーズゲームの流れもゲーム界隈で重要になってきたよね。インディーズと同人。似て非なる、しかし近いもの。


翻訳の問題もあるしなあ。作中でも日本がメインだが外国由来のも少なくは無いと。


タッチやらの操作だけでは限界と。確かに。ゲーム機UIというのは重要。それによってゲーム自体を変えようとしてるのは任天堂。


あんまり方向性を決めすぎると急な出来事には対応できないと。で、今後の計画。二次創作が先に来る東方ではなくなる。ふむ。今月の鈴奈庵が今年は激動の年だったと言っていたが、東方変化の年という話、つまりそこに掛かってくると?これからどんどん東方も動いてくると。成功するかどうか、なんにせよ走らなければその場に留まることはできないのだ。


講演の話がすなわち東方の設定ではないと。あくまで参考であり、東方は作中のそれが全てだ、という考えか。適当に言ったことが後々重要視されても困るしね。よくよくある話。


アッハイ。


オワコンと言われている内が華とは良く言ったモノ。実際ファンの層は変化してきているようだが。若年層が増えてるのよね。


商業だと金のために作品が蔑ろにされがちだもんね。角川は東方に関しては緩めることが結果的に儲けに繋がると見たか?ニンジャスレイヤーなんかもカドカワだし、その辺の柔軟さが今の角川の繁栄に繋がってるのかね。


そりゃまあ答えれない質問もあるだろうし答えても仕方ない質問もあるだろう。


ポスター神主だったもんね。しかし神主がなぜ講演したかというと東方の製作者だからなので、
しかし、東方自体の設定はゲーム内でするべきということだろう。ゲーム内で出来ないことをここでするというべきか。


うむ。充実の内容の講演だったようだ。
京大熊野寮は昨今の風潮からかいつも通りなのかヤバイ系だったようだがまあそれはいい。
同人製作者、同人というものの在るべき姿行き着く先、そう言ったモノを見据えて神主が行動しているというのが感じられた。東方はこれからますます面白くなっていきそうな、そんな予感も受けた。

これからも東方には期待して注目したい。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/11/28(土) 20:47:06|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<最近の2ch嫌儲板のsokoシステムについて | ホーム | インターネット探訪「雑草野菜を食べるシリーズ」>>

コメント

No title

こんな動画がありました。
https://www.youtube.com/watch?v=07MJxGgpNb4

忍殺アニメと関連付けた考察は
なかなか鋭いんじゃないかと思います。
  1. 2015/11/29(日) 03:05:34 |
  2. URL |
  3. #6esV325c
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> こんな動画がありました。
> https://www.youtube.com/watch?v=07MJxGgpNb4
>
> 忍殺アニメと関連付けた考察は
> なかなか鋭いんじゃないかと思います。

前に書いたんですが、忍殺と東方って、作品のジャンル自体はかなり違いますが、作品のメディアミックスだとかそういう作品周りの動きについては似ているところがあるんですよね。
メディアミックスでも原作者(この場合、ニンジャスレイヤーの「ほんやくチーム」が原作者だとする)がしっかり監修して、作品を蔑ろにしないやり方です。
作者にかかる負担は大きくなりますが、結構いいやり方なのかもしれません。両作品も成功してますし。今後はこういうやり方をする作品が増えてくるのやも。
  1. 2015/11/29(日) 19:18:05 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

タイトーで出そうと実際に言われたんですね、神主。
もしタイトーでだしていたら後にスクエニは大きなドル箱を手に入れていた可能性が・・・。
まぁ、そこは置いといて結構角川はメディアミックスをかなり重視しているイメージだったけど違っていたのは個人的には驚きでした。
個人的には人気の出る(出そうな)作品は次々メディアミックスしてくというイメージでしたから。
あと「二次創作が先に来ない東方」とはどういう事なのかすごく気になりますね。
これからは東方は二次創作が人気を広げてきたけどこれからは原作が人気をさらに広げていくのか?そのやり方はいったい・・・。
  1. 2015/12/02(水) 22:13:58 |
  2. URL |
  3. やまさはる #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> タイトーで出そうと実際に言われたんですね、神主。
> もしタイトーでだしていたら後にスクエニは大きなドル箱を手に入れていた可能性が・・・。

無理に商業でやってたら失敗していたやも。まあ歴史のifはわかりませんね。

> まぁ、そこは置いといて結構角川はメディアミックスをかなり重視しているイメージだったけど違っていたのは個人的には驚きでした。
> 個人的には人気の出る(出そうな)作品は次々メディアミックスしてくというイメージでしたから。

角川も一枚岩ではなく、今の隆盛には理由があるといったところでしょうか。

> あと「二次創作が先に来ない東方」とはどういう事なのかすごく気になりますね。
> これからは東方は二次創作が人気を広げてきたけどこれからは原作が人気をさらに広げていくのか?そのやり方はいったい・・・。

今年の東方のように大きな事件を入れていってキャラを動かしていくぐらいかなとおもっていたのですがさて。
結局原作が中心なんですよね。そこが大黒柱からエンジンになっていくというイメージ?はてさて。
  1. 2015/12/03(木) 00:27:33 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2091-35545c62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)