ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「ミリオンセラー」

ミリオンセラー - Wikipedia

ミリオンセラー。ミリオン、百万、つまり百万個売れた商品を指す言葉である。
百万というのはどんなものでもなかなかすごい数字になるが、この言葉を適用するのは概ね書籍、音楽CD、ゲームソフトなどの商品を指す。食べ物とかそういうのはまた違うレベルの話である。固定的な商品、作品というべきか。それが百万も売れるならばなるほどじゅうだいだということになるか。

気になったところなど適当に

引用
一般新書
1.415万部 養老孟司 『バカの壁』 新潮社、2003年。
2.308万部 塩月弥栄子『冠婚葬祭入門』 光文社、1970年。
3.250万部 樋口裕一 『頭がいい人、悪い人の話し方』 PHP研究所、2004年。

バカの壁ってそんな売れてたんだ。私も読んだがあんまり好みじゃなかった記憶。
冠婚葬祭入門は家のどっかに転がってたっけ。

引用
シングル[編集]

日本において、オリコンの統計(1968年開始)でのシングルのミリオンセラー第1号は『帰って来たヨッパライ』(ザ・フォーク・クルセダーズ)、またCD作品のミリオンセラー第1号は『Diamonds』(プリンセス・プリンセス)である。また最大の売上を誇るシングルは『およげ!たいやきくん』(子門真人)で、454万枚を売り上げた(CDとしての最大売上は『TSUNAMI』(サザンオールスターズ)の293万枚である)。

初動セールス(発売から最初の1週間の売上)だけでミリオンを達成した作品は2015年9月現在、
『さよならクロール』(AKB48、初動176.3万枚。なお、2013年5月22日の発売初日だけで145.1万枚を売り上げている[5])
『僕たちは戦わない』(AKB48、初動167.3万枚。なお、2015年5月20日の発売初日だけで147.2万枚を売り上げている[6])
『ラブラドール・レトリバー』(AKB48、初動166.2万枚。なお、2014年5月21日の発売初日だけで146.2万枚を売り上げている[7])
『真夏のSounds good !』(AKB48、初動161.7万枚。なお、2012年5月23日の発売初日だけで117.1万枚を売り上げている[8])
『フライングゲット』(AKB48、初動135.7万枚。なお、2011年8月24日の発売初日だけで102.6万枚を売り上げ、史上初の初日ミリオン達成の快挙を成し遂げた[9])
『Everyday、カチューシャ』(AKB48、初動133.4万枚)
『恋するフォーチュンクッキー』(AKB48、初動133.0万枚。なお、2013年8月21日の発売初日だけで109.6万枚を売り上げている[10])
『風は吹いている』(AKB48、初動130.0万枚)
『GIVE ME FIVE!』(AKB48、初動128.7万枚)
『ハロウィン・ナイト』(AKB48、初動127.8万枚。なお、2015年8月26日の発売初日だけで118.8万枚を売り上げている[11])
『ハート・エレキ』(AKB48、初動120.4万枚。なお、2013年10月30日の発売初日だけで102.1万枚を売り上げている[12])
『名もなき詩』(Mr.Children、初動120万枚。史上初の初動ミリオン達成作となった)
『上からマリコ』(AKB48、初動119.9万枚[13])
『ギンガムチェック』(AKB48、初動118.2万枚)
『希望的リフレイン』(AKB48、初動113.0万枚[14])
『UZA』(AKB48、初動112.9万枚)
『前しか向かねえ』(AKB48、初動109.1万枚)
『永遠プレッシャー』(AKB48、初動107.3万枚)
『Addicted To You』(宇多田ヒカル、初動106万枚)
『So long !』(AKB48、初動103.6万枚)
『鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの』(AKB48、初動103.3万枚[15])
『だんご3兄弟』(速水けんたろう・茂森あゆみ・だんご合唱団・ひまわりキッズ、初動102万枚)
『心のプラカード』(AKB48、初動100.6万枚)
『Green Flash』(AKB48、初動101.1万枚)

の24作品がある。

いや、握手券だか何だかの商法でAKBはめっちゃ初動強いですって書いた方がわかりやすいだろ冗長過ぎないかこれ。しっかしAKBあんま興味ないんで調べてなかったが、「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」ってなんだこれ。

引用
アクションゲーム

順位 出荷本数 タイトル名 メーカー名 ハード 発売年

1 681万本 スーパーマリオブラザーズ 任天堂 ファミリーコンピュータ 1985年
2 649万本 New スーパーマリオブラザーズ 任天堂 ニンテンドーDS 2006年
3 470万本 モンスターハンター ポータブル 3rd カプコン PlayStation Portable 2010年

SMBは良いとしてニューの方もこんなめっちゃ売れてたんだな。MHもだいぶ売れてるんだな。

引用
パズルゲーム

順位 出荷本数 タイトル名 メーカー名 ハード 発売年

1 424万本 テトリス 任天堂 ゲームボーイ 1989年
2 208万本 ドクターマリオ 任天堂 ゲームボーイ 1990年
3 181万本 テトリス ビーピーエス ファミリーコンピュータ 1988年

時代性というものもあるが……
ソビエトロシアの遺産。任天堂の強さ。

引用
スポーツゲーム

順位 出荷本数 タイトル名 メーカー名 ハード 発売年

1 379万本 Wii Sports 任天堂 Wii 2007年
2 360万本 Wii Fit 任天堂 Wii 2007年
3 333万本 Wii Sports Resort 任天堂 Wii 2009年
- 213万本 みんなのGOLF SCE PlayStation 1997年

なんというか、まあスポーツゲームなのだが。

引用
テーブルゲーム

順位 出荷本数 タイトル名 メーカー名 ハード 発売年

1 213万本 麻雀 任天堂 ファミリーコンピュータ 1983年
2 161万本 遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ KONAMI ゲームボーイ 1998年
3 145万本 4人打ち麻雀 任天堂 ファミリーコンピュータ 1984年
- 250万本 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ4 最強決闘者戦記 KONAMI ゲームボーイカラー 2000年

シミュレーションゲーム

順位 出荷本数 タイトル名 メーカー名 ハード 発売年

1 200万本 ダービースタリオン アスキー PlayStation 1997年
2 145万本 ゲームで発見!!たまごっち バンダイ ゲームボーイ 1997年
2 145万本 ゲームで発見!!たまごっち2 バンダイ ゲームボーイ 1997年

こうも偏られると困る。ゲームボーイのたまごっち、1と2ほぼ同数か。いや出荷がそうだというだけかもだが。

引用
音楽ゲーム

順位 出荷本数 タイトル名 メーカー名 ハード 発売年

1 191万本 リズム天国ゴールド 任天堂 ニンテンドーDS 2008年
2 145万本 パラッパラッパー SCE PlayStation 1996年
3 127万本 ダンスダンスレボリューション KONAMI PlayStation 1999年

こううまい具合にばらけてくれるとほんと安心する。

引用
シューティングゲーム

順位 出荷本数 タイトル名 メーカー名 ハード 発売年

1 127万本 ゼビウス バンダイナムコゲームス ファミリーコンピュータ 1984年
2 100万本 スターソルジャー ハドソン ファミリーコンピュータ 1986年

2個。うむ。まあSTGの本場はゲームセンターだからね……

引用
多数のミリオンセラー作品を持つゲームメーカー[編集]

3作品以上のミリオンセラー作品を持つゲームメーカーを挙げる。カッコ内は左がミリオンセラーの作品数、右がそのうちのダブルミリオン(200万本以上の売上)以上の作品数。

■ 任天堂(104作品/43作品[27])
■ スクウェア・エニックス(46作品/18作品[28])
■ コナミデジタルエンタテインメント(18作品/1作品[27][28])
■ カプコン(16作品/7作品)
■ ソニー・コンピュータエンタテインメント(16作品/2作品)
■ バンダイナムコエンターテインメント(16作品/1作品[28])
■ ポケモン(11作品/10作品[27])
■ レベルファイブ(7作品/2作品[27])
■ アスキー(4作品/1作品)
■ コーエー(4作品)
セガサミーホールディングス(3作品[28])

日本だけね。任天堂無双。


まあ色々あるが、ミリオンもまた偏るものだという印象である。
勝っているものはさらに勝ち続ける。これが世の習いである。

とはいえ売れているものが面白いという保証はどこにもないのだが。さればとて何もなくて売れるという筋合いもない。
こういった表を見るには十分気を付けねばならないとだけは書いておこう。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/11/24(火) 23:43:37|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インターネット探訪「雑草野菜を食べるシリーズ」 | ホーム | 「解放!おぺゆクラブ」読んだので感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2089-0475b7a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)