ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

インターネット探訪「レッドウォーリア」

Wikipedia レッドウォーリア
ピクシブ百科事典 レッドウォーリア
ピクシブ百科事典 ガンダムアメイジングレッドウォーリア
アニヲタWiki(仮) ガンダムアメイジングレッドウォーリア
ナイトガンダム パズルヒーローズ攻略 Wiki* 吟遊騎士レッドウォーリアR


ほへー。ビルドファイターズトライ真面目に見てなかったからよく知らなかったがこんなんでてたのか。

レッドウォーリア。昔に出てたナイトガンダムの印象しか無かったが、当時からこいつの元ネタなんだ?という疑問があった。
正解はプラモ狂四郎に出てきた、主人公狂四郎が作ったガンダムの一つ、パーフェクトガンダムⅢことレッドウォーリアだったと。
プラモ狂四郎、ボンボンで連載してた黎明期のガンプラ漫画でパーフェクトガンダムなんかの出典がこれだという情報は知ってたが、レッドウォーリアもこれだったのか。赤いMSはシャア専用かライデンのかという時代にガンダムを赤く塗った。まあ今でこそキャスバル専用ガンダムなり最近で言えばガンダムAGEのOVA版のガンダムレギルスは最終的に全部真っ赤だったりだが、ある意味先駆者というかだったのか。

で、SDガンダムでは結構出まくってたが、BFTで三代目メイジンのガンプラとして採用され鬼神のごとき強さを見せつけた。
無印ビルドファイターズでもパーフェクトガンダムが良いポジションで登場してたし、ガンプラバトルという題材を持つ作品の創始者に対する敬意が窺える。

そんでもって、それのガンプラまで発売されたり、ビルドファイターズはやはりバンダイ的には儲かったんだろうなあと想像できる。
レッドウォーリアは元ネタの時代が時代だから、体の各部は初代ガンダムに近いんだよね。そりゃ顔とかはオリジナリティ溢れるし、BFTに登場するまでHGなんかでは発売されなかったことを考えると実際には細部が違うんだろうが。まあ初代ガンダムの改造ガンプラという設定がわかる。パーフェクトガンダムは重装備で鈍いがレッドウォーリアは赤くて速いという差別化。


そういや最近、BFTの最後に登場したガンプラというかMS少女フィギュア、すーぱーふみなが現実世界でガンプラとして発売されてたが狂気としか思えない。でもまあガンプラとしての仕様には則って作られてはいるのか。
最近ガンダムにまたハマりかけてるのが記事傾向でもわかるだろうが、ビルドファイターズ、ガンプラという題材だけで何となく敬遠してたところがあるが、かなり凄いところも色々あったようだ。トライオン3とか。あと地味にヴェイガンギア・シドみたいなのも出てたのよね版権的に時期とかあってきついのに。

ガンダムの世界は幅が広く奥が深い。この一件だけでもそれが分かるというものだ。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/11/13(金) 01:05:20|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Wikipedia探訪「ウィキ」 | ホーム | 第4回中国版東方人気投票、結果が出てたので興味深いところを見ていく>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2080-67a96410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)