ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

スプラトゥーンオリジナルサウンドトラック「Splatune」買ったので色々感想など

「Splatoon」のサントラ「Splatune」レビュー GAME Watch
【速報】『スプラトゥーン』サウンドトラック4.3万枚を売り上げ、オリコンCDアルバム週間ランキング第2位獲得! ファミ通.com

ゲームサントラというのはどうしてもゲーム中で聴くことを想定されて作られたゲーム中で聞ける曲を売ってるわけだから、どうしても弱い立場にある。ゲーム音楽は諸々の理由から著作権管理団体に登録していない場合が多いのでyoutubeなり動画サイトの類で大体聴けたりするのもあり、ゲームサントラの売り上げというのは厳しいものにならざるを得ない。
そんな中でスプラトゥーンの公式サントラ、Splatune(スプラチューン)は上々の売り上げを記録している。ちなみに週間2位だがこの週の一位はジャニーズの嵐なのでまあそりゃ勝てる訳がなかった。

好評の理由は単純に曲がいいというのもあるが、曲自体にバンドやアイドルなど設定が組み込まれているというのも大きいところだろう。
そしてその設定をブックレットで(イカ世界の住民が書いたという体の)ライナーノーツやひらがな歌詞などで公開しているのもSplatuneというアイテムの魅力であり価値を大きく高めている。

実際、プレイ中にそこまで身を入れて曲を聴かないのでこうして改めて聴いてみるとなかなか面白い発見がある。
設定されたアーティストごとの個性や、インクの中に何か落とした時のドボン、ポチャンといった音の多用、アタリメのテーマが軍人らしくそれっぽい太鼓(ドラム?)の行進リズム?なんかがあったりと興味深い。
イカ世界の設定も興味深いが、サウンドディレクターなんかの情報も詳細に載っており、中々情報源として役に立つ。


まあ曲一個一個の感想などは一々書かない(Tentacular Circusがタコの世界の継ぎ接ぎ感を強く表現していて一番好きかも)が、スプラトゥーンファンはもちろん、そうでなくても買う価値のある素晴らしいサントラであった。
ゲーム中に入って無いシオカラ節の原曲「元祖正調塩辛節」とE3版Splattack!も聴けるのは嬉しい。

スプラトゥーンはまだ隠している設定なども多い(イカ語とかイカ文字とか過去の話とか)のでその辺にも将来期待したい。まだまだ伸びるコンテンツであろう。


※追記
しいて心残りな点を挙げるならば、ライナーノーツがSquid Squadとシオカラーズ、あとタコたちの曲の分しかなかったところか。
アップデート追加曲やロビー待機中の曲などにもアーティストが設定されているんだからもうちょっと語ってあると嬉しかったのだが……
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/10/28(水) 22:46:58|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Wikipedia探訪「汚染された紙幣」 | ホーム | アメリカ人の包丁。第39回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2067-eef611e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)