ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン、最終話終わったので全体の感想など

ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン、その演出の意味を考察する 一話見た時点での考察


全体としての感想としては、色々と無茶な事、奇妙な事、ぶっ飛んだ事ばかりしていた、そこが面白さの一つであった。そしてそれとは別に非常に心揺さぶるシーンも多かった。とにかく普通ではないアニメだった、といった具合か。

冒頭の一話見た時点では、「ほんやくチーム」が今後とも(アニメ、原作含め)好き勝手出来るように低予算アニメにした、という具合の考察を冒頭の記事でしたが、まあ当たらずとも遠からずといったところか?
色々よくわからん企画やら声優の豪華さからどの程度の予算なのかは見当がつかない(作画は安そう)が、少なくとも好き勝手に無茶していた。アニメが中心のビジネスではなく、常に原作を中心と考えてアニメはあくまでメディアミックスと捉えているのだろう。だから冒険ができる。まあ原作も冒険の連続だが、それはそういうものだからできるところがある。物は言いようだが。

どれほどアニメから入ったファンがいるのかはわからないが、私の想像では必ずしも多くない気がする。やはりジャーゴンまみれの忍殺界隈は新規参入を阻むところがある気もする。特異な世界観を出し過ぎていて、まあ原作がそうなので仕方ないのだが、ライトなアニメファンが興味を持って入り込んできにくいというか。後からでもどうすればよかったのかという解は容易に思いつかないが、問題として歴としてある。
まあそれでも一定数の新規ファンは増えたか。アニメというのはやはり注目されるので実際量として少なくはない。
とはいえやはりそれよりも既存の忍殺ファンが盛り上がっていた、そういう印象が強い。かなり濃いファンでないとわからないようなネタもいくつか拾っていた感もあるし。


個人的には、大成功だったといってよい。まあ私は新しいもの好きで奇貨を尊ぶところがあるので何かのあてにされても困るが、少なくとも普通でないものが見れた。それだけで価値は高いのではなかろうか。とにかく一話ごとに挑戦であった。時に挑発の域にまで達するほどに。
必ずしも完成度が高いものが良いのではなく、むしろ先に進むためにはそれをあえて捨てなければならない時があるということか。無体な作画やら珍妙な演技も作品の中で意味を持つのだ。


で、二期への伏線描写が最終回に近づくにつれて増えてきた。フィルギアやらザイバツマークやらまで出てきた。
少なくとも、やれるなら二期をやるという意思表明か。しかしそんな売れてるのだろうか。予算どのぐらいなんだろう?二期は二部ということになるが、一部ですら省略されたエピソードは多いのにやれるのかな?
まあ二期があれば見たいとは思った。原作もそろそろスパルタカス戦やるみたいだしものすごく注目している。

今後どのような展開を見せるのか。ニンジャスレイヤー、常に走り続けている作品である。期待したい。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/10/09(金) 00:45:18|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方茨歌仙 第三十話 神のみに許された霊力 感想・考察・その他の確認等 | ホーム | 埼玉県でやってる「あそぶ!ゲーム展」で、「テニス・フォー・ツー」とかが遊べるらしい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2053-a09152d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)