ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

未来文明がQRコードを見た時何を想うか。第36回動画紹介・ジャンプ感想回

手がかりがなければあの模様は何を意味しているように想えるのか。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。


エターナルダークネス 幻覚集

テキストリンク
ずっと前にも紹介したかも?クトゥルフ神話再現なGCのゲーム、エターナルダークネス。
正気度に関連して幻覚なんかが引きおこるのがこのゲーム最大の特徴だが、中々やり過ぎ感のあるそれが多くて素晴らしい。データ消える幻覚とかそういうのはどうなんだ実際。ゲームとしてアリかどうかのメタレベルでギリギリ感溢れる演出がたまらない。

アニソン72曲をメドレーにして弾いてみた 【ピアノ】

テキストリンク
こういうのは作業用BGMに向いている、ようで結構気になってしまうのでそうでもない。まあ聞いてて面白いからいいんだが。
割かし知ってる曲も多いなあ。見て無いアニメでもなんやかんやで聞いてるのもあるか。

【ニコ生】 世界最難ステージを50時間掛けてクリア【マリオメーカー】

テキストリンク
TASさん専用コースかな?ってレベルのアレ。
壁にぶつけた甲羅が跳ね返ってきたのを踏んでジャンプってどういう物理なんだろう。
難しさは人を寄せ付けなくするが、それを超えた時のカタルシスは大きい。ゲームとその難易度の関係は重要だが議論しつくされていない。


こんなところか。3動画、最近では稀?
ゲーム多め。アニメもあるが。ニコニコもゲーム実況全盛期(これから先どうなるか知らんが)だなあ。やはり動画にしやすいジャンルなりあるが。


2015年度週刊少年ジャンプ44号感想。
暗殺
柳沢、白い眼のせいで瞳孔がどこにあるのかわからんコマがあって、意図してかどうかは知らんが不気味である。
敵の感情が明らかにされるのはそいつにとって負けフラグか。まあ勝つ見込みも最初からないんだが。勧善懲悪の気が強いこの作品は悪役がやられ役になりがちである。二人とも一度は敗れたいわば再生怪人な訳だが、勝ち目はあるのか。まあ注目しておこう。

ワンピ
世界で最も自由な奴が海賊王だというのなら、それは藤虎ではなかろうか?
世界の趨勢をだれが握るかとドフラが捲し立てるシーンと懸賞金のシーンなんかはキャラの立ち位置なんかを考えさせてワンピらしい良いシーン。ゴッドって二つ名がなんとも。
で、サンジの履歴編と?結構謎多いもんね。いろいろ想像はできるが。

左門
おお、結構いいんじゃないか?連載二週目だが悪くはない。なるほど、テシガワラには欲がない、それは友人を助けるということに関しても当てはまっていたと。欲がない、エゴがない、言い換えれば自分を大事にしない。生物としての本能に欠ける。なるほどそういう方面から攻めてくるか。これならば今後の展開もジャンプに乗せることができそうな感じではある。
実際、欲がない人間なんてのは確かに迷惑かもしれない。欠点のない人間をだれが愛せるか、という話。聖人は遠くにいてたまに会う分にはいいかもしれないが、隣人として友人としてあるいは恋人として対等に付き合うのにはまるで向いていない。
うむ。方向性が見えてきた。次回以降にも期待したい。

ソーマ
海外で富裕層だけの閉じられたコミュニティって、ほんと薊は最高なキャラだな。現代風の嫌な金持ちキャラを完璧にやっている。

僕のヒーローアカデミア
成績順位が面白いな。単純に学力の話だから強さ議論的に関係ないのも良いところ。
チャラ男やギャルっぽいのが成績が悪いというアレ。常闇はそりゃ中二やってるやつが成績良い訳ないという納得感というか。まあそもそも超エリート校だからそれでも中々なんだろうが。実技と学力の優先バランスどの辺なのかね。
葡萄はその中でも平均以上となると実際相当なのよ見た目によらず。
主人公デクに近い関係の男子が悉く成績上位なのがなんとも。デクはがり勉方式で詰め込みまくって4位、かっちゃんは地頭でいうほど努力せず3位とかなんだろうなあ。
地味に梅雨ちゃん6位で全体的に高性能よな。
で、八百万に焦点が当たっている。実力見せて他の最初の方ばっかだしな。最近いいとこなしだしヒーローとしての自分の実力を疑い始めていると?能力は便利とかそういうレベルじゃないんだが。
日常回で首尾よくB組の描写や勉強会などを入れてくるあたりは流石、で次はもうバトル回という切り替えの早さは感嘆に値する。
で、8人+校長+オールマイトで10人、二人ずつペアで戦うと。誰が誰に当たるやら。
チーム戦というだけでワクワクするものだが、今回はなかなか興味深い。強力な個性を持つ二人に個性を封じるイレイザーヘッド、強力なパワーとスピードを持つ二人にさらに強力なオールマイト。二人掛かりでどう克服するかという具合か。しかしオールマイトには実際勝てねえだろ。時間切れ狙う?いうて1時間とかだろ?そもそも二人が協力できるかどうか。それによって展開も大きく変わってきそう。
どうなるか想像もつかない期末試験。期待して注目したい。

相撲
常に全力投球な漫画である。本当に熱いが次の国宝大丈夫か。

斉木
オチが斉木である。基本チートなのを無理して通常プレイしようとしているのがなんともはや。

ものの歩
高速の寄せ、と。わかりやすい強みはあるのは良い。
まあ序盤は定石でなんとかして、中盤はどうにかこうにかがんばって、終盤につなげると。ああ、漫画にはしやすいのかも。逆転勝利が描きやすい?

トリコ
ブルーニトロぐっだぐだ。なんだこいつら。悪役組織勝手に崩壊しかけてるぞおい。

BLEACH
マユリ有能すぎるよな。まあウラハラはチートするんだろうが。
マユリが眠る描写は流石というべきか。
とりあえず花天狂骨の卍開は見れるだろうか。期待。

磯辺
本当に斬撃が飛んじゃうオチは磯辺らしい。リアリティのあるクズ描写からのファンタジーへの飛躍。


こんなところか。
ワンピからヒロアカ、BLEACHにソーマ、新連載の左門まで面白いものが多かった。
総合評価は上の中としても良いだろう。
そういえばキン肉マンも良かったなあ。連休明けで連休分の力がつぎ込まれているからか?どういうスケジュールか知らんが。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/09/29(火) 00:43:46|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Wikipedia探訪「メルゼブルクの呪文」 | ホーム | アイザック・アシモフのロボット長編シリーズを読んだので感想。ファウンデーションシリーズとの関連など>>

コメント

No title

>敵の感情が明らかにされるのはそいつにとって負けフラグか。まあ勝つ見込みも最初からないんだが。
二代目死神はある意味、殺せんせー(死神)の教育のせいで道を踏み外してしまった生徒という、殺せんせーに救われたE組とは対になるキャラなので
勝てはしなくても触手の暴走などで無残な死を迎えたりしたら殺せんせーの教師としての矜持はボロボロになりそうですねぇ

>強力な個性を持つ二人に個性を封じるイレイザーヘッド、強力なパワーとスピードを持つ二人にさらに強力なオールマイト。二人掛かりでどう克服するかという具合か。
八百万の個性で生み出した生成物が相澤先生の個性で消せるかどうかが気になりますね
もし生み出す行為をキャンセルできても一度生成された物質までは消せないならかなり活躍できそうな予感

かっちゃんはデクのことでだいぶ拗らせちゃってて連携に影響が出そうですが、ここで本人が馬鹿みたいな時間と切って捨てていたベストジーニストとの研修が生きてきそうですね
デク絡みだとヒートしやすいかっちゃんにとってジーニストの常に平常運転が大事という考えは重要でしょうし
  1. 2015/09/30(水) 11:33:07 |
  2. URL |
  3. tule-ta #cp6UY4KI
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> >敵の感情が明らかにされるのはそいつにとって負けフラグか。まあ勝つ見込みも最初からないんだが。
> 二代目死神はある意味、殺せんせー(死神)の教育のせいで道を踏み外してしまった生徒という、殺せんせーに救われたE組とは対になるキャラなので
> 勝てはしなくても触手の暴走などで無残な死を迎えたりしたら殺せんせーの教師としての矜持はボロボロになりそうですねぇ

せんせーは過去とどう対峙するのかというのが焦点ですね。
超生物として生まれ変わってそれでも殺し屋としての履歴が厳としてある。さて、といったところでしょうか。


> >強力な個性を持つ二人に個性を封じるイレイザーヘッド、強力なパワーとスピードを持つ二人にさらに強力なオールマイト。二人掛かりでどう克服するかという具合か。
> 八百万の個性で生み出した生成物が相澤先生の個性で消せるかどうかが気になりますね
> もし生み出す行為をキャンセルできても一度生成された物質までは消せないならかなり活躍できそうな予感
>
> かっちゃんはデクのことでだいぶ拗らせちゃってて連携に影響が出そうですが、ここで本人が馬鹿みたいな時間と切って捨てていたベストジーニストとの研修が生きてきそうですね
> デク絡みだとヒートしやすいかっちゃんにとってジーニストの常に平常運転が大事という考えは重要でしょうし

まあ元から割かしいつでも重要な時は冷静だった気もしますが、ベストジーニストの元へ研修に行ったのがどう影響しているかというのは見所かもですね。あるいはかっちゃんが思った通り価値はなかったというオチでさらに拗れる可能性も?
オールマイトがどこまで本気を出してくるかというのも問題ですが。完全に本気ならいくらあの二人でもどうしようもなさそうな気も…… 案外あの二人も結構いいとこまで来てるのか?注目です。
  1. 2015/09/30(水) 21:43:20 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2045-47ecdd11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)