ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「書字方向」の色々

縦書きと横書き - Wikipedia

書字方向、文字を書き進める方向の事である。

大きく分けると縦書きと横書きということになるが、縦書きには列を右から左へ動かす右縦書きと左から右に動かす左縦書きがあり、同様に横書きには行を左に進める右横書きと右に進める左横書きがある。

基本的に日本語は右縦書きと左横書きの併用ということになる。しかし、昔の商店の看板や横長の額なんかでは所謂「一行一文字の縦書き」で右横書きが書かれたりもする。トラックの右側面には右横書きで会社なんかの名前が書かれてたりする。
こういうのは正方形のマスに見立て文字を配置する漢字文化圏の特徴である。中国語やハングルでも同様である。小篆なんかの字体は正方形ではないが横書きは想定されてないのだろう。

英語及びヨーロッパのラテン文字キリル文字などを使う言語は左横書き一択、ブラーフミー文字から派生した文字を持つ東南アジアや南アジアの言語も左横書き一択。
一方アラム文字を祖先とする文字を持つアラビア語やヘブライ語など中東圏では右横書きが基本である。こういうのがやむに已まれぬ事情で縦に文字を書かなければならないときは色々工夫される。

珍しいのだとモンゴル文字は左縦書き専用ということになる。アラビア文字から変化したウイグル文字を祖先に持つモンゴル文字は無理に縦書きにした結果こんなことになった。横書きは存在しないのでパソコンで扱いにくいことこの上ないとか。まあ今ではソビエト連邦に入ってたのもあってキリル文字使ってるとか、戻そうとしたけど上手く行ってないとか。

ヒエログリフは右縦書き左縦書き右横書き左横書きいずれの方向に書いてもいいことになっているが、模範としては右横書きが意識されている。文字は古代象形文字にありがちな左右逆に描いても大丈夫なアレでそれを利用して書字方向を判別できるわけだが、話によると文字の近くに神像なんかがあるとそっちに向きが固定されるらしい。

面白いのは牛耕式。古代ギリシャの写本や銘文などで使われるこの筆記方式は横書きで一行ごとに左から右、右から左と変える。牛が畑を耕すような動きで読み進める訳だ。文字の形も左右逆転する。文章は自然中央揃えとなる訳だ。
未解読文字で有名なロンゴロンゴで判っている数少ないこととして、一行ごとに文字を180度回転させる特殊な牛耕式を使っていたと言われている。ロンゴロンゴは木板や小物に彫られるのが一般的だったからそういった小物を回しながら読むということらしい。

突飛なものとしては下から上の縦書きという物も存在する。突厥文字が稀にそう書かれたとか。


文字、文章にも約束事は多い。
そういったルールは文字ごとに決まっている。ルールに沿ったように書けるように文字は進化している。
ルール自体には意味が無く、慣例で変えるとややこしい。それぞれの書字方向が示すのはその文字の由来であるのだ。文字のルール自体が歴史の情報を含んでいると考えると面白い。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/08/23(日) 03:10:10|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ため息の渦。第31回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | 東方紺珠伝、現時点でのカップリングの様々>>

コメント

No title

一時期「漫画の文法」なる用語が少し流行った時代の頭で考えると、
日本の漫画は「コマ単位だと縦書き(プラス左横書き)」、
ページ単位だとコマを「原則的に縦書き(コマの傾斜や並びによって左横書き・右横書きも有り)」って感じですね
4コマ漫画の形式が日本人にとって読みやすいのも、コマ・ページともに縦書きで書かれており、
西洋人なら「コマが縦書きってよく考えると変かも」と無意識的に違和感を覚えるところを、
日本人なら普通の文章と同じ感覚で読めるからかもしれませんね
  1. 2015/08/28(金) 11:53:27 |
  2. URL |
  3. _ #BsqUATt6
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 一時期「漫画の文法」なる用語が少し流行った時代の頭で考えると、
> 日本の漫画は「コマ単位だと縦書き(プラス左横書き)」、
> ページ単位だとコマを「原則的に縦書き(コマの傾斜や並びによって左横書き・右横書きも有り)」って感じですね
> 4コマ漫画の形式が日本人にとって読みやすいのも、コマ・ページともに縦書きで書かれており、
> 西洋人なら「コマが縦書きってよく考えると変かも」と無意識的に違和感を覚えるところを、
> 日本人なら普通の文章と同じ感覚で読めるからかもしれませんね

日本語は融通が利く方ですからね。ファミ通みたいな雑誌の載ってる漫画だと逆方向のページ繰りでアメコミみたいな感じですが特に問題なく読めますしね。本棚にコミックスを整理するときなんかごたつきますが。
日本で漫画というメディアの狭間にあるメディアが発達したのは日本語の融通性が一つの要因なのやも。
  1. 2015/08/28(金) 22:42:50 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2018-c07865fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)