ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方紺珠伝、ネタバレ情報総評







ニコニコ大百科より
東方紺珠伝
稀神サグメ
クラウンピース
純狐
ヘカーティア・ラピスラズリ


私は予約組なのでまだプレイしてないが、色々情報が出て来てたのでその総評をする。

ストーリーとしては、話は結構ややこしく、嫦娥絶対殺すウーマンこと純狐と地獄の女神ヘカーティアが共謀して、妖精たちを純化して生命力そのものの塊、つまり穢れそのものにして月の都を攻めようとしたら、月の民側はどうしようもないのでとりあえず夢の世界に逃げて(上層部しかその事実は知らない?)、そのままだと夢の中で精神を害して狂ってしまうので幻想郷を浄化して穢れを無くして遷都しようとしたけど、永琳が助け舟として紺珠の薬を飲ませた(レガシーモードだと飲んでない)強い人間(もしくは鈴仙)を送り込んできたので遷都計画担当者の稀神サグメは方針転換してそれを純狐たちにぶつけたといった感じ。

これで月の都を巡る状況と言うのがはっきりしたというか、全員色々思惑があって面白い。
しかしどちらかというと真に興味深いのは個別の設定だと思う。

霊夢
とりあえず異変解決モードで突撃。月の都を止めに行って月の都を守るという展開に困惑していたが大異変を解決する、「らしい」霊夢ではあった。

魔理沙
無理やり永琳に行かされた感が強く、状況を整理したりイマイチやる気がない。最終的に行き場の無い怒りが純狐に。一番プレイヤー目線のキャラだよね。その辺が普通の魔法使いなのだろう。

早苗
理系女子で宇宙大好きなのでノリノリで楽しんでいた。月面に酸素ないはずなのに呼吸出来てるのは妖精のせいだと考えたり、ヘカーティアを変なTシャツヤロー呼ばわりしたりやりたい放題。幻想を楽しむ元外の世界の人間。

鈴仙
永琳の命令で行かされた地上の兎。最初から最後まで仕事感覚が強い。月の都は階級社会で、永琳と鈴仙の関係もそこが強い。色々知っているが故に深いところまで突っ込んだストーリーとなる。


清蘭
下っ端玉兎。自分のやってることがどういう事かもわからず、仲間のために餅をついているときに主人公に遭遇。結局穢れが付いたために地上(幻想郷)で暮らすことになった模様。

鈴瑚
管理者玉兎。管理者故色々知っていたが所詮玉兎なのでどうにもできなかったが、人間を月の都に送り込んで事態の打破を狙った。地上が気に入ったので地上で暮らす模様。

ドレミー
獏。夢の管理者。サグメに夢の世界に月の都再現しろと言われてやってたけど乗り気ではなかったので人間が生身で来たら本物の月の都に送り込んだ。一応月の都側の妖怪になるが、従属関係というほどではないと。

サグメ
月の民であり月の都遷都計画の責任者。天邪鬼の原型みたいなので、ある意味で正邪の上位種。キジンとキシンだし。
何か言うと自体が逆転するのでなるべくしゃべらない無言キャラ。
月の民で天津神でもあるんだよね。アメノサグメ。永琳を八意様と呼ぶ綿月姉妹と同格のキャラ。負けてもボロ絵は無い。
地上の民のことはどうなってもいいと考えている辺り月の民である。月の都のオカルトボールを深秘録で混入させたのもサグメで、幻想郷を浄化するのも大変なのでオカルトボールによるNASAの月文明オカルトでそれを果たそうとしていた。早苗あたりが深秘録に参戦してたらやばかったのでは。地上への侵略はある種人質にとったようなものだし。

クラウンピース
地獄の妖精。元ネタはギリシャ神話のランパース。妖精なのに従者というのが凄いよね。純化により鬼神も超えるエネルギーを持つ。強さ的には鬼と同等?水鬼鬼神長辺り?まあ普通の5ボスレベルでいいのかなボロ絵あるし。少なくとも妖精のレベルを超越しているらしい。おつむのほうは並レベルのようだが。松明で人や妖精を狂わせる。
まさかの星条旗服でアメリカ娘っぽい感覚。ポーズは自由の女神っぽい。弾幕も星条旗を模したり。ピエロのイメージもある。アポロ11号で立てた星条旗を服にしてるのかな?

純狐
月の民に仇なす仙霊。衣服は中国っぽく、オーラは七尾で服には九尾の狐が描かれる。
元ネタは色々ある(参考)ようが、嫦娥の元夫であるゲイに息子を殺された怨みが純化したものらしい。東方的には理由はともかく嫦娥を恨んでいる、復讐心・怒りのみが純化しているという話。
というわけで蓬莱の薬のおかげで不老不死な嫦娥(月の都では罪人だが月の兎のリーダーでもあるらしい)を殺すために月の都に何度も攻め込んでいるらしい。穢れある人間なら純化の力で無条件に倒せる。妖精の生命力を純化させ強化できると色々ヤバい能力者。
でもなんやかんやで面白い人間(あるいは鈴仙)に出会い興味を抱き、復讐心も萎え、しばらくの間は月の都への侵攻を抑えることに。永琳に会いに行くらしいしこれからまた出番もあるかも。
弾幕が難しさもさることながら殺意しかないシンプルなものが多いのが特徴。弾幕の名前もねえ。ラスペでやっと符名が出るというのもなんというか。
紺珠伝というタイトルとの関連は、こんじゅとじゅんこでアナグラムだとか。かんじゅでんだけどね。

ヘカーティア
地球、月、異界の地獄を司る女神。超大物である。クラウンピースともどもギリシャ神話由来というところにも注目。純狐の友人にしてクラウンピースのご主人様。
三つの体を持ち魂はそれぞれの世界の地獄にある。頭に載せた玉によって身体のモードが変わり、髪の色と弾幕が変わる。首輪に繋がる玉と変なTシャツ(公式で変なTシャツヤロー)、奇抜なファッションと中々イカレたキャラ。暴言を吐かれるとキレる。なんやかんやで住処は地上にあるらしい。
ゲイに太陽9個落とされたので、光に対する影で強くなる地獄の支配者としては復讐心があり嫦娥に向けていたが、実際それは大義名分にすぎず純狐に乗ったというだけで好戦的な性格がそうさせたようだ。
幻想郷で面白い奴を探すようで、これから書籍などで出る可能性もあるが、ちょっと大物すぎやしませんかね……
永琳はオモイカネで日本神話でも重要な神だがヘカーティアはそのままギリシャ神話の地獄神である。まともに登場したキャラの中では一番格が高いのでは。こんなんに変Tって突っ込めるの早苗さんぐらいしかいないよ。


純狐は何度も月の都を侵略しているが永琳の策により破れている、しかしその永琳の裏を取った紫はやはり知能の面でそれを上回る?ふむ。最強議論が忙しくなるな。


こんなところ。サグメは月の民らしく教条主義で最後まで態度を崩さず、逆に純狐とヘカーティアはヤバい存在ながら柔軟性も持っている。
紫なんかも色々動いてるし、幻想郷、あるいは東方世界観全体を巻き込んだ異変がまたあるやもしれぬ。
設定厨の私としては大々満足な作品であった。
エンディングはキャラとモードで8種類あるようなのでそれを見てからまた記事を書こうと思う。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/08/15(土) 23:24:35|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<第15回MMD杯 気に入った動画とか紹介してく※追記終了 | ホーム | コミケ当日、東方紺珠伝製品版を実況的に情報集めていく記事。更新終了。>>

コメント

No title

ラピスラズリは紺色だから「紺」かも?
  1. 2015/08/17(月) 16:43:26 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> ラピスラズリは紺色だから「紺」かも?

その可能性は結構高いですね。宝石だから珠ですし。
  1. 2015/08/17(月) 19:17:49 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

神霊廟と輝針城、そして紺珠伝と三部作が全て出揃いましたね。
この流れですと次回作は恐らく待望の花映塚2、または文花帖3、あるいは○○大戦争的な外伝作品(候補としては妖精大戦争2。あるいは音楽大戦争とか?)が出るんでしょうか?

ちなみに来年は徳川家康没後400年目の節目にあたります。もしかすると来年のラスボスは徳川家康(種族:神)が来る可能性があるかもしれません

いずれにせよ、来年も新作が出るのかどうか気になります
  1. 2015/08/17(月) 19:31:35 |
  2. URL |
  3. Nizi★ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 神霊廟と輝針城、そして紺珠伝と三部作が全て出揃いましたね。
> この流れですと次回作は恐らく待望の花映塚2、または文花帖3、あるいは○○大戦争的な外伝作品(候補としては妖精大戦争2。あるいは音楽大戦争とか?)が出るんでしょうか?

そろそろそんな時期でしょうか。花映塚方式をまたやるかどうかは別としてオールスター的作品というのはありえそうですね。弾幕アマノジャクだしたので文花帖みたいなのはやりにくいかも。

> ちなみに来年は徳川家康没後400年目の節目にあたります。もしかすると来年のラスボスは徳川家康(種族:神)が来る可能性があるかもしれません
>
> いずれにせよ、来年も新作が出るのかどうか気になります

徳川家康を少女にっていうのもアレですがまあ聖徳太子やりましたしねえ。
東方変化の年ということですからもっと大きな事が起きそうな気もします。外の世界メインの作品とかあるやも?
  1. 2015/08/18(火) 00:20:55 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

星蓮船以降はおとなしめの異変(深秘録は除く)が続いていましたけど今作はかなりの大規模異変&スケールが大きいキャラが登場しましたね。
輝針城の「弱者が下克上する」内容とは反対に、見事に強者揃いでインパクトが出てたように感じます。(清蘭は弱っちいけど...)
ギリシャ神話が元ネタのキャラクターがついに登場したので、今後の作品では日中以外の海外の神話からも登場しそうですね。
  1. 2015/08/20(木) 22:58:37 |
  2. URL |
  3. 名無し #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 星蓮船以降はおとなしめの異変(深秘録は除く)が続いていましたけど今作はかなりの大規模異変&スケールが大きいキャラが登場しましたね。

満を持しての大異変といったところでしょうか。色々伏線が張られていたのが興味深い所です。

> 輝針城の「弱者が下克上する」内容とは反対に、見事に強者揃いでインパクトが出てたように感じます。(清蘭は弱っちいけど...)

清蘭ですら1ボスとしては破格の強さですからねぇ。

> ギリシャ神話が元ネタのキャラクターがついに登場したので、今後の作品では日中以外の海外の神話からも登場しそうですね。

さてはて。今回ほどの大異変だからこそ出てきたのか、これからに繋がるキャラなのか。今後の動向に注視していきたいです。
書籍でも出ませんかね今回のキャラ。次の鈴奈庵は前回からの続きなので難しそうですが。
  1. 2015/08/21(金) 00:08:48 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2013-9f2a8bdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)