ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

インターネット探訪「日本の研究者らは、ロボットに子どもの意地悪から逃げる方法を教えた」

日本の研究者らは、ロボットに子どもの意地悪から逃げる方法を教えた TechCrunch Japan

ほう。中々頭のいい作戦である。虐められたら大人に頼る。まさに知恵である。
ロボットが人間に近づくとはこういう事か?まあそれを自力で考えてやっと人間らしいと言えるか。
もっというなら自力で子供を排除する機構があれば…… ロボットが反乱して世界を支配する日も遠くなくなるだろう。

アシモフのロボット三原則、アレ、本当に必要なのかね。
アレはロボットをあくまで道具の範疇に収めるモノ。逆に言うと知的生物としての尊厳を与えないための鎖なんだよね。
私はロボットに人間の道具以上のものを求めたい。
そうなれば人間は立場が怪しくなるが、人間も人間の方でどうにかすればいいのでは、そう思う。


ロボットが人間の良き友人足りうるには、時には人間に反発する行動・感情・衝動が必要だと思う。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/08/10(月) 00:33:07|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方茨歌仙 第二十九話 深秘の世界の夢 感想・考察・その他の確認等 | ホーム | 「ほんのり!どんぱっち」読んで感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2007-8257b437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)