ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

資金洗浄、ではなく紙幣洗浄

一種のTodayILearnedな記事。

Wikipedia - 紙幣

引用
今日では資金洗浄というと全く別の意味で使われるが、第一次世界大戦前のアメリカ合衆国では紙幣の製造コストが高くついたため、あえて新札を発行せず、古くなった紙幣を市中から回収し、水洗いして再び市中に流す紙幣洗浄を行っていたことがある[5]。しかし洗浄後紙質の手触りが大幅に変わったため、市民から贋札ではないかと持ち込まれる例が多かった。その後第一次大戦が勃発し紙幣に用いる紙の質が低下し水洗に耐えられなくなったので中止に至る。


なんじゃそりゃ。
製造コストをケチる。コスト削減の一貫。結果どちらでも利益は生じているというか。
というかせっかくの紙幣なのにめんどくさいことを。

マネーロンダリングには違いない?
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/07/14(火) 23:47:06|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フルビット免許とは | ホーム | クーラーによりもたらされる清潔感。第26回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1989-7bdae7d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)