ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

二重振り子時計の示す世界の神秘。第25回動画紹介・ジャンプ感想回

カオスの挙動を示す二重振り子が刻む時間は恐らく異次元のそれとなるだろう。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。


【ゆっくり雑談】「なぜボーカロイドは衰退したのか」を解説する

テキストリンク
まあ合ってるかどうかとして、興味深い所ではある。
前に聞いた話では拡散してランキングに乗らないということだったがそれ以上の問題もあるらしい。
金臭くなってきたというのは実感している。


下ネタという概念が存在しない退屈な世界 放送直前SP!下セカ・カリキュラム!

テキストリンク
カリ、ね。はいはい。
原作からしてファンなのだが、どうやら一話での掴みは果たしたようで。まだ見ては無い。
ディストピアものなのよね。性の解放というテーマもある。直球なネタに骨太のテーマ?どれだけ有効に作用しているのか。


【HD】六花の勇者 OPに中毒になる動画

テキストリンク
おお、1クールで一巻形式っぽいという噂の。ロロニアOPにおらんしな。
前に書いてた原作感想記事を検索で見に来た人も多い。注目度は高いがまだ7人もそろってないんだよな。
2chやらなんやらでは早速ミステリ部分のネタバレが書かれまくっている。まあそりゃそうなるよね。ネタバレ禁止スレみたいなんつくればいいのか?そういうところにこそ愉快犯は来るのだが。


こんなところか。夏アニメが始まって活気あふれる。
結構前々からの機体柵も多いがさてどうなるか。ニンジャスレイヤーアニメは2クールなのでまだ続く。1部終わるまでやるのかな?


2015年度週刊少年ジャンプ32号感想
ジャンプネクスト10日か。黒子のが中々面白いんだよな。他にも色々あるし。
相撲
なんか煮え切らんな。どう返したのかが不明瞭?

暗殺
最初からタイマンで良かったのでは、というとまた話が違うが。

ワンピース
まあ滅ぼされてもいい云々はキチガイだけど、なんでもいいから王になってくれって話か。それが王の徳。
藤虎は何を考えているのか。世界規模で色々動かす考えのようだがさて。

僕のヒーローアカデミア
ワンフォーオールフルカウル。殴られれば解ける全体強化的な。しかし5%でもグラントリノにある程度対抗できるあたりすげーよな。解けたら解けたなりに片手だけ強化とかも使い、詭計を使い戦う。なるほどこれだけでだいぶ成長した感がある。天井なんかを利用したのはグラントリノに散々見せられたからか。
グラントリノの個性もただの高速移動というわけではなさそう?空中で方向転換してるよね。
ステイン対シガラキ。結果はシガラキの貫禄勝ち?悪役側も成長するジョジョ一部構図。
なるほど、現状の破壊者は革命家と呼ばれるかテロリストと呼ばれるか、どちらにしろロウかカオスかと言うとカオス。なんにせよヒーロー社会自体も問題を抱えている。あるいは、究極的に打倒するべき敵はシガラキではないのかも。
しかし回復キャラがいないヴィラン連合大変やね。シガラキも謎が多い。掌、その思想、来歴。まあ何かあるんだろう。結構好きなキャラではある。
飯田、悪堕ち?しかし勝てんだろ。ステインだけでなくシガラキとか黒霧とかおまけも付いてきそうだし。

ナルト
短期集中連載終わり。
色々丸く収まった。カブトも元気にやってるようで。で、映画に続くと。
しかし木の葉、また大量に写輪眼抱えたなあ。七代目の手柄である。

斉木
才虎にもいいところを書く。こういうところでうまくなった。

トラブル
出張。まあいつもどおりの。エロの方向にしか向いてない潔さが良い。

デビリーマン
まあ話の論理はよくわからんが、悪魔が契約者を地獄送りにする絵というか、その辺は良かった気もする。カタルシスがある。

ブリーチ
結局なんだったんだこのモヒカン。

磯部
警備じゃなくて盗賊じゃねーか。


こんなところか。なんかトリコ休み、ヒロアカは中々不穏な雰囲気で次週が気になる。
ナルトはなんやかんや言って流石であった。まあ欠点を挙げれば挙がるんだが、やはり流石としか言いようがない。
他もギャグ漫画とか面白いのあったが総合評価としては中の下としておこう。
忍殺アニメロブスターとかやった時点で笑えるのに2とか。冊子手に入れといてよかった?
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/07/06(月) 23:38:00|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<もし新ユーロ紙幣の肖像画にヨーロッパの7人の偉人を選べるとするならば | ホーム | Wikipedia探訪「センス・オブ・ワンダー」>>

コメント

No title

>>【ゆっくり雑談】「なぜボーカロイドは衰退したのか」を解説する
ボーカロイドの衰退って結局のところヤマハにコンテンツ運営のノウハウが少なかったという影響もあるのでは。
アイマスや東方のようにゲーム会社やゲーム制作者が制作しコンテンツ運営能力が多かれ少なかれあった(ちゃんとした一次創作が下地にあった)のに対し、ヤマハ自体ここまでボカロがファンによって大きな物語になるとは予想できずかといって一次創作の下地をつくることすらしなかったのが大きな原因かも。
つまりはファンたちとヤマハに最初から初音ミクに対する大きな解離が最初からあったのかと思います。
(ファンはミクを非実在のアイドルとして、ヤマハや作り手はあくまで音声ソフトとして最初見ていた。)
これが第一の衰退の原因で気づいたときにはファンによって百種百様の初音ミクが勝手に産まれてしまい、一次創作をヤマハ側は気づいたときには作りだすことがすでに困難な状況になってしまったことが原因だと思われます。
第二の理由に上海アリスとは違いヤマハは非営利でも同人サークルでもありませんから、どんどん初音ミクにメディアに出て稼いでもらわないといけません。
金臭いとか言っていますが最初からヤマハが営利企業である以上、金臭くなるのは当然とはいえば当然でボカロが衰退したのは古参ファンがあまりにもミクを神聖視しすぎたのが大きな遠因ではないかと思います。
まぁ、アイマスや東方ならそうでもしないと製作者が食えなくなってしまうのである程度なら仕方がないと考えるファン(ゲームやマンガから入ってくるファンが大多数)も多いとは思いますが、初音ミクがそもそもヤマハが制作していることを知らなかった古参のファン(ニコニコから入っており、そもそも初音ミクのソフトに触ったことがないファン)がヤマハの「当然の行動」に勝手に反感し、離れていったのが原因ではないかと思います。

自分の考察や動画の主張を自分なりにまとめると
 ・ヤマハがキャラの大事な下地になる一次創作ができなかった点。
 ・あまりにも、音声ソフトという枠を超えてしまい、「初音ミク」と言うキャラクターとして絶対視されてしまった点。(あくまで「初音ミクが歌う曲」として作られることをファンは要求するのに対し、作り手側はあくまで音声ソフトで自分の世界観を表現したいという対立があった。)
 ・ファン自体が初音ミクがあくまでヤマハが出した『営利的製品』だということを理解しなかった点。

この動画はあくまで作り手に問題にあるかのように説明し、ヤマハやファンに対する問題点を指摘していないように思えます
  1. 2015/07/07(火) 15:49:03 |
  2. URL |
  3. やまさはる #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> >>【ゆっくり雑談】「なぜボーカロイドは衰退したのか」を解説する
> ボーカロイドの衰退って結局のところヤマハにコンテンツ運営のノウハウが少なかったという影響もあるのでは。
> アイマスや東方のようにゲーム会社やゲーム制作者が制作しコンテンツ運営能力が多かれ少なかれあった(ちゃんとした一次創作が下地にあった)のに対し、ヤマハ自体ここまでボカロがファンによって大きな物語になるとは予想できずかといって一次創作の下地をつくることすらしなかったのが大きな原因かも。
> つまりはファンたちとヤマハに最初から初音ミクに対する大きな解離が最初からあったのかと思います。
> (ファンはミクを非実在のアイドルとして、ヤマハや作り手はあくまで音声ソフトとして最初見ていた。)
> これが第一の衰退の原因で気づいたときにはファンによって百種百様の初音ミクが勝手に産まれてしまい、一次創作をヤマハ側は気づいたときには作りだすことがすでに困難な状況になってしまったことが原因だと思われます。
> 第二の理由に上海アリスとは違いヤマハは非営利でも同人サークルでもありませんから、どんどん初音ミクにメディアに出て稼いでもらわないといけません。
> 金臭いとか言っていますが最初からヤマハが営利企業である以上、金臭くなるのは当然とはいえば当然でボカロが衰退したのは古参ファンがあまりにもミクを神聖視しすぎたのが大きな遠因ではないかと思います。
> まぁ、アイマスや東方ならそうでもしないと製作者が食えなくなってしまうのである程度なら仕方がないと考えるファン(ゲームやマンガから入ってくるファンが大多数)も多いとは思いますが、初音ミクがそもそもヤマハが制作していることを知らなかった古参のファン(ニコニコから入っており、そもそも初音ミクのソフトに触ったことがないファン)がヤマハの「当然の行動」に勝手に反感し、離れていったのが原因ではないかと思います。
>
> 自分の考察や動画の主張を自分なりにまとめると
>  ・ヤマハがキャラの大事な下地になる一次創作ができなかった点。
>  ・あまりにも、音声ソフトという枠を超えてしまい、「初音ミク」と言うキャラクターとして絶対視されてしまった点。(あくまで「初音ミクが歌う曲」として作られることをファンは要求するのに対し、作り手側はあくまで音声ソフトで自分の世界観を表現したいという対立があった。)
>  ・ファン自体が初音ミクがあくまでヤマハが出した『営利的製品』だということを理解しなかった点。
>
> この動画はあくまで作り手に問題にあるかのように説明し、ヤマハやファンに対する問題点を指摘していないように思えます

なるほど、そもそもボーカロイドのキャラクター性は二次創作によって作られたものですからね。ヤマハやクリプトン及び競合他社にそのキャラクター管理をしなかったことがボーカロイド文化の崩壊の原因になった、というのはありえそうですね。
もっともそれができる状況だったかと言えば違ったのかもしれませんが、その辺が東方とは対照的と言うか、東方は二次創作が盛んでありつつも結局一次創作で方向性を決めているところがありますからね。

音声ソフトとして売り出したらそういう方向に行ってしまったというのも予想困難で、誰にもコントロールできない状況の中、ボーカロイド文化を手っ取り早く金にしようという集団が増え、二次創作によって作られてきた仮初の地盤、空中楼閣が崩壊してしまった、といった具合でしょうか。

ボーカロイドと言うコンテンツ、ボーカロイド文化を維持し方向づけれる集団がいなかったということですね。
アイマスもバンナムがしっかり手綱を握ってますからねえ。そう考えると色々ネット文化の盛衰の理由なんかもその辺にあるものがあるかもで、非常に面白いです。
  1. 2015/07/07(火) 21:45:22 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

たていとさん、大体そんな感じです。
ファン自体、あくまで自分たちの初音ミク像は自分たちの2次創作だということに早く気づくべきだったし、ヤマハもヤマハでちゃんとした下地を初音ミクに与えるべきだったのですよ。
ボーカロイドをキャラクターから音声ソフトという認識になっているのは僕も投稿主と同じ考えですが、それってある意味原点回帰に近い、作り手側が初音ミクのキャラクター性を気にせず、自由に自分の音楽を表現できる時代になっているんじゃないのというのが僕の考えなので。
  1. 2015/07/07(火) 22:38:20 |
  2. URL |
  3. やまさはる #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> たていとさん、大体そんな感じです。
> ファン自体、あくまで自分たちの初音ミク像は自分たちの2次創作だということに早く気づくべきだったし、ヤマハもヤマハでちゃんとした下地を初音ミクに与えるべきだったのですよ。
> ボーカロイドをキャラクターから音声ソフトという認識になっているのは僕も投稿主と同じ考えですが、それってある意味原点回帰に近い、作り手側が初音ミクのキャラクター性を気にせず、自由に自分の音楽を表現できる時代になっているんじゃないのというのが僕の考えなので。

たしかに、今まではボカロの声を使うとそのキャラクターが想起されましたが、オリジナルな曲を作っていくうえでは今の状況の方がいいかもですね。
何事も良し悪しと言いますか、そもそもボーカロイドに強いキャラクター性が付いたことがある意味では誤算だったのでしょう。その中で生まれたモノには良いものも多いですが、どの道廃れる運命にあったと。
  1. 2015/07/08(水) 22:49:37 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1983-b63411d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)