ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「詭弁」

詭弁 - Wikipedia

詭弁。誤りである論理展開を故意に用いて発言者に都合よく導き出された結論、みたいな話。
Wikipediaのページには大量の例が載っているが、よくもまあこれだけ思いつくものである。

しかも、実際表だって使われていることも多く、こうした詭弁で社会が動くという事も良くある話である。

こうしてみると人類と言うのはいまだ論理と言うのを扱い切れていないのだなあと思う。



真理、真実というのは場合によっては非常に脆い。
そんな中でも欺瞞詭弁の罠に落ちず真実を常に求めていきたい。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/06/28(日) 05:57:09|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第11回東方project人気投票 投票した曲の詳細集計結果見て行く | ホーム | 2015年六月に買った本の感想と七月に買う本の紹介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1976-42e9cac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)