ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

2015年六月に買った本の感想と七月に買う本の紹介

5月から6月のはこちら

月末恒例の漫画ラノベの新刊感想紹介記事。読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とかあったりするけど気にしないでね。たまに語りたいだけで()付けて紹介したり。
その他新作じゃなくても感想書きたくなったら書くけど基本別に個別感想記事にする。書かない場合のが多いが。買ったのに忘れてて書かないのもあったりするからなあ。

一応新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。たまにアマゾンとか。結構漏れもあるかも。面倒なら記憶で手打ちすることも。
出版社とかも載せてるが、確認サイトの関係でレーベルと出版社が混在してるのは注意。小説はレーベル、漫画は出版社が多い。
漫画ラノベ以外は基本的に新刊確認してないのでここには書かない。でもラノベの杜に載ってるラノベじゃない小説は書いたり?ラノベの定義は気にしない。ラノベの社は割と広く載せているらしい。ライトノベルの定義論は別の記事で。
延期とかで書かれてても買えない場合もあるので注意。買い忘れてたりとかも。

私は本の買い方では作者買いが多い。ジャケ買いも試し読み買いも評判買いも広告買いも分野買い資料買いジャンル買い元ネタ買いもするけど。
作家買いでも、最初からその作家を知っているわけでもないしね。

この感想回とは別に感想記事書いてたりもする。覚えてればリンクも張るかも。

アマゾンリンクみたいなのは無いから気になったらググッてね。
ああ、そうそう、ネタバレは余裕であるから。この記事だけじゃなく。

ここまでテンプレ。地味に変わってるけど。ちょくちょく弄る。

ではスタート。
6/3
角川書店 マグダラで眠れ(4) 有坂あこ \626

漫画版マグダラ最終巻。まあ終わるには良い機だったというか?最後の方凄い駆け足だったな。
でもまあ龍云々までやったのは評価。マグダラの基本要素を書けたといえるだろう。

6/4
集英社 Ultra Battle Satellite(1) 打見佑祐 \432
集英社 僕のヒーローアカデミア(4) 堀越耕平 \432

UBS。なんか打ち切り決まったとかいう話だけど、実際良い漫画だと思う。層が合わなかっただけ。目突き金的ありきのなんでもありというのは見てて爽快である。
ヒロアカ。すげー面白く、こっちは売れてもいるんだがアメコミスーパーヒーローものの前提があるのはどう響くのだろう。えっと体育祭編の後編か。轟とか主人公以外にもスポットライトが当てられて、作品に深みが増してきている。

6/8
秋田書店 弱虫ペダル(40) 渡辺航 \453

ペダル。御堂筋絶好調。しかし、ハコガクの強さがイマイチ納得いかんな。何度も書いてるが。
ナルコ結局オールラウンダーになるんかね。

6/10
電撃文庫 ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン III ―セカンド・スクワッド・ジャム 〈下〉― 時雨沢恵一 監修:川原礫 黒星紅白 978-4-04-865190-5

SAOAGOもこれにて完結。ほとんどありとあらゆる銃撃戦のシチュレーションが書かれたかもしれない。試合終了のオチも見事。
そういえばそんな約束有ったなあ。スピンオフな訳だが本編で触れられるみたいなことはあるのかな?著者違うしなさそうだが。SAOは元々ネットにあげられてた小説だしねえ。

6/18
ガガガ文庫 コップクラフト5 DRAGNET MIRAGE RELOADED('15/03→'15/04→'15/05より延期) 賀東招二 村田蓮爾 620 978-4-09-451544-2
ガガガ文庫 下ネタという概念が存在しない退屈な世界9 赤城大空 霜月えいと 640 978-4-09-451555-8
ガガガ文庫 とある飛空士への誓約8 犬村小六 森沢晴行 760 978-4-09-451556-5

全部の感想記事書いた
コップクラフトはハードボイルドな世界観でファンタジーと闘うみたいな構図が良いよね。ハードボイルドという信頼性の高い構造がファンタジーをより俯瞰させられるというか。
下ネタ。なんかエライ話が動くがそろそろ終わるのかな?アニメも始まるわけだが。
誓約。こっちも話は終盤ってか次で終わりだっけ?シャルルやらもでてきたがバルタザールがこのシリーズで一番好きだなあ。一々心の中で思ってることが傲慢すぎるというか。

6/20
徳間書店 北斗の拳 イチゴ味(4) 行徒妹 \607

サウザーが主人公というのも何というかおかしな話というか、北斗の拳なのかというか。
北斗の拳ではシンが一番好きかも。

6/22
角川書店 ウメハラ FIGHTING GAMERS!(2) 西出ケンゴロー \626
スクウェア・エニックス 魔法陣グルグル2(4) 衛藤ヒロユキ \607

ウメハラ。ウメヌキ決着。アメリカでの決勝は書いてないのな。アレのギリギリでの逆転がかなり好きなのだが。
グルグル2の4、元々ドラクエとかのパロディ的なアレだったけど、独自のファンタジックな世界観を確立してる。
グルグルではベームベームが好き。アレ効率がいいよね。攻防一体だし。

6/23
講談社 へうげもの(20) 山田芳裕 \596
メディアファクトリー おしえて!ギャル子ちゃん(2) 鈴木健也 \950

へうげ。そろそろ織部も死ぬ頃。という訳で最終回も遠くない。家康も中々狂気に触れてきている?利休と秀吉の関係の再現という訳ではなかろうが、そういった数寄の業に期待したい。
ギャル子。微妙にシモのネタが混ざる辺りがなんとも。


ここまで感想。
ここから紹介。


7/3
集英社 いいよね! 米澤先生(2) 地獄のミサワ ¥540
集英社 暗殺教室(15) 松井優征 ¥432
集英社 キン肉マン(51) ゆでたまご ¥432

米澤。笑えるクズというとミサワ先生は流石だよね。
暗殺。そろそろ最終局面に近くなってきたがまあ20巻前後で終わるのかな?
キン肉マン。始祖共も減ってきてこちらも終わりが近づく。しかし始祖たちつえーんだよなあ。どんな結果に終わるのだろうか。試合が熱い。

7/6
角川書店 ニンジャスレイヤー(5) ~ワン・ミニット・ビフォア・ザ・タヌキ(イチ)~ 余湖裕輝 ¥626

タヌキ。アニメの進行は流石に早いが、漫画版も連載で狸が終わった。で、荒野の三忍、二部をやる訳だが、どうなることやら。サワタリはどのメディアミックスでも生き生きしている印象。本編でも大活躍してるしね。

7/10
電撃文庫 WORLD END ECONOMiCA III 支倉凍砂 上月一式 978-4-04-869325-7

お、エコノミカ。最終巻だっけ。一々分厚いんだよなあ。株を扱ったSF小説。
ハッピーエンドに終わるか否か。元々同人だっけ?

7/13
講談社 ちはやふる(28) 末次由紀 ¥463

ちはや。次のクイーンと名人決定戦辺りで終了という事になるのかな?
結構内面描写に時間かけるから何巻になるやら。

7/17
集英社 ジョジョリオン(10) 荒木飛呂彦 ¥432

ジョジョリオンはジョジョの各部の長さから鑑みるに半分ぐらい入ったのだろうか?三分の一ぐらい?
一巡した世界というなら前の世界から来てる奴も出てくるのだろうか?

7/24
MF文庫J ノーゲーム・ノーライフ7 榎宮祐 榎宮祐 626 978-4-04-067494-0
ダッシュエックス文庫 六花の勇者6 山形石雄 宮城 713 978-4-08-631056-7

ノゲノラ。延期したらしい。オールドゴッドと闘うってどんなもんなんかね。イマイチ想像できないが果たして。
六花。アニメ化かそういや。つーかまだ6巻なのな。濃すぎて忘れる。色々事態が凄いことなってるが、どうおちつくのやら。注目したい。

7/25
エンターブレイン ニンジャスレイヤー 死神の帰還 ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 訳:本兌有、杉ライカ 1296 978-4-04-730606-6
(アスキー・メディアワークス にゃん天堂(2) うさくん ¥994 )

主人公=死神な小説。ノーホーマーとか濃いエピソード盛りだくさんのようだが、さて。しかし物理書籍版デカいから本棚のスペースをとりまくるなあ。
にゃん天堂。ファンシーな絵でクソみたいなギャグを連発するのが良いよね。ゲームネタ。ゲームは既にメジャーな文化であり特に理由もない。

7/27
一迅社 バーナード嬢曰く。(2) 施川ユウキ ¥669
竹書房 けんもほろろ(3) ハトポポコ ¥802
芳文社 平成生まれ2(2) ハトポポコ ¥885

4コマ祭。
施川先生のアレ。読書というのは人との差をつけるための物でもあり一種のカッコつけでもあるという話ではあるよね。SFがそういう高尚化の暗礁に乗り上げたのはいつの頃だったか。
けんもほろろ。とにかく人数が多い。まあ日常モノ?ギャグ日常モノ。
平成生まれ2の2。最終巻だが連載では一月も跨がず平成生まれ3が連載。地味に理由も無く全員関西弁=関西の学校というのがなんというか、地域感があり日常性を増してギャグの後押しをするよね。


こんなところか。ノゲノラに六花、ニンジャスレイヤー二つに平成生まれとか。
まあ豊作と言って言えなくはないか?
最近更新が滞っているなあ。まあしゃあなし。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/06/27(土) 01:22:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<Wikipedia探訪「詭弁」 | ホーム | インターネット探訪「虚構新聞「「ウィキペディア書籍化」記事についてお詫び」」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1975-56c69a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)