ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「「バカダークファンタジー」としての聖書入門」読んだので感想

「バカダークファンタジー」としての聖書入門 公式ページ

著者の架神恭介先生というと、このブログを読んでいる層にはダンゲロスで知られているだろうか。いや、まともに紹介した記憶は無いが、層としては。
ダンゲロスは著作権フリーで知られる作品群で、小説が月刊ヤングマガジンで漫画化されたが著作権フリーにしたせいで漫画が買われてもお金がもらえないという事態になっているらしい。
ダンゲロスの小説・漫画は作者の趣味が強く入った作品で、高度な頭脳戦や極限レベルのエログロなどが楽しめる濃い作品である。

架神先生は最近聖書関係のエッセイというか、まあ色々だしており、仁義なきキリスト教史はキリスト教をヤクザに言い換えて見事に説明した笑える本であった。まあ宗教なんて概ねヤクザみたいなものではある。

仁義なきキリスト教史はキリスト教の誕生、つまり新約聖書の時代から近代までを書いた本という事になるが、今回紹介する「バカダークファンタジー」としての聖書入門は旧約聖書と新約聖書について書かれた本である。

旧約聖書はキリスト教のみならずユダヤ教、もちろんイスラム教においても聖典である。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は同じ起源をもつということになり、ひっくるめてアブラハムの宗教だの言われることもある。


で、「バカダークファンタジー」としての聖書入門はどういう本かと言うと、普通に、キリスト教徒やユダヤ教徒などではない著者の目で旧約聖書、新約聖書を読むとどう読めるか、といった具合のものである。
本なら誰が読んでも同じでは、と素朴に思う人もいるやもしれぬが、実際全然そうではない。特に宗教書というのはその宗教の信者が読むことが前提となっている。信者が読む聖典となると、言うまでも無く絶対的に正しいという前提が産まれる。
そこで聖書を批判的に読むというやり方があり、この本もそれに則った、より素人向けの本と言える。

聖書をそのまま、普通の本として読むとどれだけおかしなことが書いてあるか、それを面白おかしく解説する本といえよう。聖書は、非信者が読むと「バカダークファンタジー」となるという訳である。


実際に内容を見て行くとまあ、笑える。
詳しくは本を読んでほしいが、矛盾だらけで、福音書同士で真逆のことを言っていたり、それぞれ批判しているようなものもある。
なんで正典になったのかよくわからないものも多いし、勝手に付け加えられたようなところもある。
ヤハウェは邪神の類だし、義人・聖人とされる人々も倫理もクソもないようなことをやっていたりする。
極稀に良さそうなこと書いてたりもするが、結局それも否定されてたりする。
まあ、「バカダークファンタジー」である。


こんななのに、聖書は無謬だとか無誤だとか言う人がいる。

これは聖書を読んでそう思ったのではなく、聖書は正しいというところから初めている訳だ。もっと言えば、キリスト教は、神は絶対に正しいという宗教的な確信から来ている形になる。
で、その宗教の教義は何から来ているかと言うと聖書、あるいはその他の由緒が知れぬ伝承なんかである。
聖書を書いたのは昔の宗教人、祭司やらなんやらである。聖書の記事一つ一つについて正典だのなんだの決めたのは教会の会議である。

つまり宗教の根拠を求めていくと堂々巡りであり、自分の靴のつまみ革を引っ張って自分を持ち上げようという試みと同じである。寄って立つ土台が無いのだ。
結局のところ、宗教を信じると言うことはそう教えられたから正しいと思ってるとか、わからないけどそうだと思っているか、あるいは幻覚を見てそう感じたとかそういう話に落ち着く。

科学なんかも宗教と同じだと言う人もいるが、科学は妥当な根拠を求められるというところが宗教と違う訳だ。
だが、ただ科学を盲目的に信じているだけならば宗教と同じというのも確か。批判的に疑うことが科学となりうるのだ。


しかし宗教も、聖書も文化としては多大な価値がある。
聖人や使徒達も聖書の中の記述を、あるいはいいかげんに引用してたりするが、引用して話すには中々楽しい名言が揃っている。
結構他宗教の神の名称なんかも入ってて、古代の文化が想われる。

キリスト教のような宗教は自身を広めるミームウイルスだが、だからこそ人間の活動をより濃く煮詰めて偉大な文化を作る。
完全に利己的に理屈づくで生きると、無駄がなくなりすぎ人類から文化は無くなるかもしれない。
こういった理不尽不条理もまた人類に必要なのかもしれないのだ。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/05/01(金) 21:43:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<2chまんがタイムきららキャラットスレなどが荒らされて消えてたりする件について | ホーム | 2015年四月に買った本の感想と五月に買う本の紹介>>

コメント

クリスチャンだがこれを読んでみた
面白いというか、正論が書いてあるのだ
現在日本のクリスチャンはほぼほぼ2世3世(親や親族がクリスチャン)で
幼少期から教会を中心とした世界で純粋培養され
ある意味聖書とヤハウェは絶対正しいってとこから始まって思考停止したところがある
頑迷で不安定で、どこに地雷があるのかわからない異様に誇り高い人々

そのくせ存外無知で、ヨハネ福音書と黙示録のヨハネが同一人物でないことを知らない者もかなりいる

実は私は氷河期世代であり親族や知り合いに全くクリスチャンがいない状態から自ら教会の門をたたき洗礼を受けたクチなのだが、
それゆえ俗世間の者の視点とキリスト教独自の視点の両方を持つことができているので
家族が所有する仏壇を破壊しようとしたりするなどの蛮行を働かない

ことにキリスト教においては聖書とはキリストを証明するものであり
聖書の言葉自体には絶対的な権力があっていいはずがないのだ

キリストとは、いつでも苦楽を共にしてくれるよき友、
遊戯王で言うところの遊戯に対しての裏遊戯のような存在なのである

だから私はかなり心配している
隔離された世界で人間とは呼べないレベルにまで精神を変異させながら
本来目指すべき救いとはまったく相いれない方向へ突っ走っていくキリスト教業界を

そもそもプロテスタントは腐敗したカトリックを糾弾したという歴史から
自分たちは正しい改革者だという意識が強く
教団内におけるヒエラルキーが厳密にないため
かえって声のでかい奴、行動力のあるやつがカリスマ化し、カルト化につながりやすい

ぶっちゃけカトリックは、かつての植民地支配や奴隷人身売買などを
止めなければいけなかったのにできなかったということについて
21世紀初頭に謝罪声明を出し、1960年代にはキリスト教以外のあらゆる霊的な善行をも
否定、非難しないという声明も併せて出している

そういった意味ではカトリックのほうがよほどリベラルになってきている
もしよければ、クリスチャンという人種の生態にスポットライトを当てた書籍も出してほしい
もちろん突っ込みまくって構わないので
  1. 2017/05/28(日) 08:10:20 |
  2. URL |
  3. 名無し #L1x6umnE
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> クリスチャンだがこれを読んでみた
> 面白いというか、正論が書いてあるのだ
> 現在日本のクリスチャンはほぼほぼ2世3世(親や親族がクリスチャン)で
> 幼少期から教会を中心とした世界で純粋培養され
> ある意味聖書とヤハウェは絶対正しいってとこから始まって思考停止したところがある
> 頑迷で不安定で、どこに地雷があるのかわからない異様に誇り高い人々
>
> そのくせ存外無知で、ヨハネ福音書と黙示録のヨハネが同一人物でないことを知らない者もかなりいる
>
> 実は私は氷河期世代であり親族や知り合いに全くクリスチャンがいない状態から自ら教会の門をたたき洗礼を受けたクチなのだが、
> それゆえ俗世間の者の視点とキリスト教独自の視点の両方を持つことができているので
> 家族が所有する仏壇を破壊しようとしたりするなどの蛮行を働かない
>
> ことにキリスト教においては聖書とはキリストを証明するものであり
> 聖書の言葉自体には絶対的な権力があっていいはずがないのだ
>
> キリストとは、いつでも苦楽を共にしてくれるよき友、
> 遊戯王で言うところの遊戯に対しての裏遊戯のような存在なのである
>
> だから私はかなり心配している
> 隔離された世界で人間とは呼べないレベルにまで精神を変異させながら
> 本来目指すべき救いとはまったく相いれない方向へ突っ走っていくキリスト教業界を
>
> そもそもプロテスタントは腐敗したカトリックを糾弾したという歴史から
> 自分たちは正しい改革者だという意識が強く
> 教団内におけるヒエラルキーが厳密にないため
> かえって声のでかい奴、行動力のあるやつがカリスマ化し、カルト化につながりやすい
>
> ぶっちゃけカトリックは、かつての植民地支配や奴隷人身売買などを
> 止めなければいけなかったのにできなかったということについて
> 21世紀初頭に謝罪声明を出し、1960年代にはキリスト教以外のあらゆる霊的な善行をも
> 否定、非難しないという声明も併せて出している
>
> そういった意味ではカトリックのほうがよほどリベラルになってきている
> もしよければ、クリスチャンという人種の生態にスポットライトを当てた書籍も出してほしい
> もちろん突っ込みまくって構わないので

興味深いお話です。作者が読めば喜ぶでしょう。
どんな宗教や思想も簡単に人を救うことはできませんけど、宗教が人を不幸にするのは本末転倒ですからね。
  1. 2017/05/28(日) 17:44:04 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1932-b263fdda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)