ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「荒木飛呂彦の漫画術」読んで面白かったので感想

『荒木飛呂彦の漫画術』特設ページ いきなり動画再生されて音流れるので要注意。

期待せずにちょっと読んでみたら中々面白かったので軽く感想を書く。

荒木先生と言えばジョジョの奇妙な冒険の作者でかなり有名である。
ジョジョはわりと玄人好みといった印象もあるが、好き嫌いはあれど漫画好き聴いて知らないようではモグリという類の漫画だ。

で、なんやかんやあって、集英社新書で漫画をどういう風に描いているか、その手法なんかが本になった。


この本は「王道漫画」について語っており、中々独断的な話も多いがなるほど例えばジャンプで連載するならばそれが妥当な正解であろうと言えるような、作者の漫画のセオリーについて事細かに書かれいて凄く興味深い。

導入の大事さや基本の四大構造、キャラクター・ストーリー・世界観・テーマについてどういうものか、どうするべきかといった話、そして絵についてやそれらを含めた具体例について話が及ぶ。
どれも話が急所に届いており、それは必ずしも正しくないんじゃないかと思うことはあっても見当違いで意味不明だといったところは無い。
もちろん、「王道漫画」についてで、芸術性を重視した漫画では違ってくるのだろうなと言うモノも多く、その辺も意識して書かれてる感がある。

キャラに身上調査票を作るとか色々面白い話があるが、中でも興味深かったのは、ストーリーにおいて主人公はつねにプラスで上がっていくべきだ、としている辺り。
なるほど主人公がボロクソになってそこから這い上がる、というのはカタルシスがあって一見良さそうに見えるが荒木先生はそれではダメだという。
週刊連載の都合もあるかもしれないが、勝って終わるプラスの状態で話が終わらないと読者もマイナスの気分になる、と。
壁にぶつかるというのもダメ、プラスマイナスゼロもだめ。ただしマイナスの状態から始まるのはアリ、といった具合である。
だからこそ勝ち進むトーナメントは人気があるが、話の構造的にインフレしやすいので弱くしかし狡猾な敵を出すようになった、とかなんとか。

この考え方から言うとバッドエンドなんかはありえない(ゾンビ映画みたく常にマイナスみたいなのは例外的にアリらしいが)ということになり、この辺りを様々な漫画に当てはめると中々面白い。
それが王道漫画だ、という事だろう。なるほどそれが売れる、という事か?
なるほど漫画術。

実際の作業的なことというよりももうチョイ上のレベルで非常に実践的な内容であった。
この内容の応用は漫画以外のジャンルにも応用できるやもしれない。
確かにカタルシスがあっても、読者はマイナスを嫌うか。RPGで徘徊してればいつかはレベル99所持金カンストになるのがうれしいというようなものか。レベルドレインみたいなのは実際マジで厭だもんね。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/04/28(火) 23:34:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<2015年四月に買った本の感想と五月に買う本の紹介 | ホーム | 被害者になりたいか加害者になりたいか。第16回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1930-621144d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)