ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方project、英語圏に進出。東方輝針城の英語版がリリースされるとのこと。

東方Projectがついに“西方”へ。PLAYISM,シリーズ第14弾「東方輝針城」の英語圏での配信を発表 4gamer.net
Touhou Finally Coming to The West  Playism




ということで、プレーイズムで英語圏向けにまず東方輝針城をリリースするらしい。詳細は追ってツイッターやフェイスブックで、とのこと。

英語化パッチなんかはユーザーで作られているはずだが、公式の英語化ということになるのだろうか。
それとも英語化パッチ準拠?

まあともかく、これで海外のファンが一々個人輸入したり割ったりしなくて済むという訳で、英語圏のファンも増えるかもしれない。
同人ソフトでこれだけの広がりを見せるジャンルも珍しい、国際規模で東方はどういう動きになっていくかまだ未知数なところがある。
もっとも今でも十分海外でも東方は人気だと思うが、ここからどうなるか。というか現状もどうなんかわからんなあ。

輝針城は最新作という事でリリースしているのだろうが、あるいは輝針城から新シリーズというつもりだったのかもしれない。
なんにせよこれからの動向が楽しみである。なるほど東方変化の年とはこの辺が念頭に合った?これだけではまだ薄いと思うが、まだ何かあるのか。注目。


そういえば茨歌仙、あずまあや先生が急病で休載らしいね。茨歌仙載ってないFebriってマジ大丈夫なのか。Febriごと休刊したほうが良かった可能性もあるぞ。コラム記事とかの需要がどこまであるかだが。ちかちかたるとたたんも。
そろそろ博麗神社例大祭である。東方原作の新作の情報も出てきそうな頃か。深秘録も大いに気になる。もちろん二次創作も。
東方はイベントの度に盛り上がるジャンルであるのだ。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/04/08(水) 23:37:22|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ロールプレイングゲームサイドvol.01の「真説 コンピューターRPGの起源」を読んで | ホーム | ザナとかいうUMA染みたヒトの話>>

コメント

No title

確かにfebriは茨歌仙しか立ち読みしていない…(苦笑)
もうそろそろcomic rexに移籍するのではと日々思っています。
これ初めに知った時、これが変化かと思ったけれど、どう考えても2,3年前から用意していたとは思えないんですよね。
アニメもこの時期に音沙汰がなければ厳しいですし、play,dojinの件も去年から言われていた奴(不思議の幻想郷は遊ぶ気満々です。)ですし、変化とは言えない気もしますね。
  1. 2015/04/13(月) 10:31:58 |
  2. URL |
  3. やまさはる #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 確かにfebriは茨歌仙しか立ち読みしていない…(苦笑)
> もうそろそろcomic rexに移籍するのではと日々思っています。
> これ初めに知った時、これが変化かと思ったけれど、どう考えても2,3年前から用意していたとは思えないんですよね。
> アニメもこの時期に音沙汰がなければ厳しいですし、play,dojinの件も去年から言われていた奴(不思議の幻想郷は遊ぶ気満々です。)ですし、変化とは言えない気もしますね。

まあこれ一つで変化、と言うのは厳しいですが、こういった分野への進出が色々あって全部で変化の年、となるのやもしれません。まだまだ注視が必要ですね。
  1. 2015/04/13(月) 22:38:45 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1911-590c7cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)