ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

将棋電王戦FINAL第2局でコンピューター側が「角不成」を認識できず王手放置、反則負け

将棋電王戦FINAL第2局で衝撃の結末 Seleneが永瀬六段の異例の指し手「角成らず」を認識できず反則負けに ヤフーニュース ねとらぼより
電王戦で珍事か!?角の不成に対応してなかったのでコンピューターが思考停止か!? reddit ニュー速R

これは酷いというかなんというか。ちなみに普通に成で出していれば永瀬六段の勝勢だったとか。

角不成自体は、普通の場合は意味の無い手だが、打歩詰や千日手が絡んでくると意味が出てくる場合がある手であり、詰将棋ではたまに見る。
実戦でも有名な例がある。(1981.7.19 第24期王位戦リーグ ▲谷川名人×大山十五世名人)とのこと。両者ともビッグネームである。

電王戦ではソフトは事前貸出しであり、

第 4 回将棋電王戦出場用ソフトは、以下の変更・修正を行った上で、2014 年 12 月 8 日(月) までに主催者に提出しなくてはならない。
・持将棋対応を 27 点法 ⇒ 24 点法 への修正
・対プロ棋士用の乱数調整等を目的とした変更
・ソフトの動作の安定性を高めるための修正 (必要である場合)

いかなる理由があっても、主催者にソフトを提出した後は一切変更できないものとする。

らしい。
つまりこうなることを知っていて永瀬六段は角不成を打ったわけだ。



プログラマーにとってこれだけの大舞台で致命的なバグとはきついものがあるだろう。
そして、バグが無かったとしても負けていた(可能性が高い)と。
これは、永瀬六段の完全勝利、完全以上の勝利といっていいだろうか。

元々Seleneはコンピューター同士で戦って勝つために作られたという。コンピューターはこういうやり方をしないか。
しかし棋士は元々勝負師。勝つためならば何でもやる。
Seleneは電王戦という舞台に立つには準備が足りなかったという訳だろう。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/21(土) 21:19:46|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2ちゃんねる探訪「モララーのビデオ棚」 | ホーム | 2015年春アニメのPV集動画を見て行く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1897-804995f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)