ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

任天堂とDeNAが業務・資本提携する件について

任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務・資本提携共同記者発表 テキスト版。


任天堂もスマホゲーム参戦、それも相当本腰を入れていることがわかる。
極々簡単に内容をまとめると、DeNAと提携してスマホで任天堂のIP(キャラとかそういう)使ってゲーム出すけど半端なもん出すつもりはないから心配すんなや、ってとこだろうか。あと、別にゲーム専用機捨てるわけちゃうで、ってのも。
DeNAと提携するメリットなんかも説明されている。任天堂はやや畑違いだしその辺を補うって話?

話としては凄い大掛かりで、ある意味ショッキングな話であり、家庭用ゲーム文化の終焉さえ指し示しているようだが、ちゃんと読めば納得できる感はある。納得させられているだけかもしれんが。

もちろん、ゲーム専用機はゲームに特化しており、そっちで作った方が総合的にはいいゲームができるという自負を任天堂は持っているだろう。
しかし、スマホなんかのスマートデバイスでするゲームを作っても任天堂は良いものを作れる、という話。
ハード商売は儲かるが、任天堂はむしろソフトが強いか。
結局求めるのはソフトでそれを実現するためのハード、というのが任天堂の考え方だもんね。IPを厳選して大事にする。任天堂はデカいタイトルでそう失敗作を作っていないし、その辺は信頼してよいだろう。昔は変な外注なんかあったが。

来年に発表されるとかいう開発コード名NXもある。つまりスマートデバイス向けに拘る訳でもないと。



まあ色々あるとはいえ、任天堂が、ある意味プライドを捨てて、というべきか、他社の機械で遊ぶゲームを出す時代というのには注目すべきだろう。
今までの家庭用ゲームのやり方では将来性が無い、お先真っ暗、文化の行き止まりであるとは良く言われるが、ゲームの代名詞たりうる任天堂が動くとなるとこれはもう決定的である。
この発表で動く企業もあるやもしれぬ、影響は計り知れない。

今後のゲーム文化はどうなるか。歴史の一ページに今直面しているのかもしれない。
願わくば、作り手側、遊び手側の両方が幸福となり得る道へと進みたい。今後も注目して行きたい。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/17(火) 23:23:43|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第二回博麗神社秋季例大祭が10月18日(日)に決定した件について | ホーム | 正義とは尊いモノを守るコトである。第10回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1893-5b4842f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)