ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ダンジョンズ&ドラゴンズのドラゴン

ダンジョンズ&ドラゴンズ日本語版公式ホームページ 竜の書:ドラコノミコン
ダンジョンズ&ドラゴンズ日本語版公式ホームページ ドラコノミコン クロマティック・ドラゴン
ダンジョンズ&ドラゴンズ日本語版公式ホームページ ドラコノミコン メタリックドラゴン

ノウン・ワールドにおけるドラゴン


ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)。世界初のTRPGにして後続のファンタジー作品に多大なる影響を与えた剣と魔法の世界。
ゲームのRPGというと思い浮かぶ世界観が中世ヨーロッパ風でドラゴンとかと闘う羽目になるアレなのはD&Dの影響が大きい。まあもっと遡れば指輪物語からと言えるが、ゲームの、と限定すればやはりD&Dだろう。

D&Dの媒体はまず書籍である。ルールブックなりサプリメントなりでゲームを規定する。
その関係で語られる設定は非常に多い。

タイトルにもドラゴンズとあるようにD&Dにおけるドラゴンは重要な存在で、凶悪な怪物である。
神話から生態、種による違いなんかまで色々設定されてあって、それを本にして売っている。その本の紹介、内容の一部が冒頭のリンクのそれである。

クロマティックドラゴン、色彩龍はレッドドラゴンとかブルードラゴンとかのアレで凶暴で、メタリックドラゴンはゴールドドラゴンとかブロンズドラゴンとかで比較的温厚で、他にも種類があって、種別に色々貯めこむ財宝が違ったり……
設定厨である私には非常に興味深い内容である。



しかし、こういうのクッソ高いんだよなあ。
Amazonで見たら中古で1万以上とかするし。需要と供給の問題?高くしないと利益でないのかなあ。
本一冊に万は出したくないが、すげー欲しい。でも特にD&Dとかやる予定無いんだよなあ。でも欲しい。
たまに、やりもしないTRPGのこういうの衝動買いしたりするが……
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/01/31(土) 01:14:15|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015年一月に買った本の感想と二月に買う本の紹介 | ホーム | 2015年1月28日の二軒目ラジオのまとめがあったので見てみる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1858-21814140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)