ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

2014年の記事まとめ紹介

2010年、2011年の記事まとめ紹介
2012年の記事まとめ紹介
2013年の記事まとめ紹介

年末恒例となった記事まとめ記事。記事探したかったら横の検索フォーム使えばいいが、まあそもそもどんな記事があるのか、という話だし。


東方
このブログは半分東方ブログみたいなもんだからね。

東方シリーズ人気投票
第10回東方シリーズ人気投票 2014年2月開催決定、注目キャラ、音楽について軽くまとめる
第10回東方シリーズ人気投票 開催日時決定!2月23日(日)より投票開始!!!
第10回東方シリーズ人気投票 投票するキャラ、曲を頑張って決める
第10回東方シリーズ人気投票 新規キャラの順位を予想する
第10回東方シリーズ人気投票 新規キャラ以外の前年度、前々年度に活躍したキャラの予想
第10回東方シリーズ人気投票 20位までの投票日前予想
第10回東方シリーズ人気投票 音楽部門の傾向を予想・考察
第10回東方シリーズ人気投票 キャラ部門予想完全版
第10回東方シリーズ人気投票 音楽部門予想100位まで
第10回東方シリーズ人気投票 結果発表!!!
第10回東方シリーズ人気投票 結果考察 新規・準新規キャラ、曲考察
第10回東方シリーズ人気投票 結果考察 キャラ・曲の実質順位変動を見る
第10回東方シリーズ人気投票 キャラ・曲を区分けして見てみる
第10回東方シリーズ人気投票 アンケートを見て投票者の傾向を探る
第10回東方シリーズ人気投票 キャラ1位から5位までコメント分析
第10回東方シリーズ人気投票 キャラ6位から10位までコメント分析
第十回東方シリーズ人気投票一応のまとめ、そして中国版第三回东方Project人气投票を見て今後の動向を予測する
第10回東方シリーズ人気投票は内容もそうだがそれ以前に色々あったね。やはりこういう予測分析考察がこのブログの骨子で、東方シリーズ人気投票のそれこそ原点である。

茨歌仙
東方茨歌仙 第二十一話 鬼は外、腹は内 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第二十二話 怪魚万歳楽 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第四巻 総合的感想・考察
東方茨歌仙 第二十三話 道を誤る巫女 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第二十四話 有足の雷 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第二十五話 渾円球の檻 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第二十六話 野卑な怪異 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第五巻 総合的感想・考察
茨歌仙は博麗神社を拠点とした東方の漫画であるからして、異変ではない非日常が描かれるというか。

鈴奈庵
東方鈴奈庵二巻 総合的感想・考察
東方鈴奈庵第三巻、発売日早いのでフィギュア付き特装版買ったったので感想、考察
鈴奈庵は人里を拠点とした東方の漫画であるからして、日常の中の非日常を描いている?

弾幕アマノジャク
東方新作発表!!TH14.3 「弾幕アマノジャク」例大祭で完成版頒布!!!!!
東方project14.3作目「弾幕アマノジャク ~ Impossible Spell Card」、登場キャラを予想する
神主ブログ更新「東方Project 第14.3弾 弾幕アマノジャク ~ Impossible Spell Card.」
上海アリス幻樂団の例大祭新作「弾幕アマノジャク」、メロンにジャケ絵とかキャラとか出たので見る
弾幕アマノジャク、ネタバレを見ていく記事 更新終了
弾幕アマノジャクの隠しトロフィーについて
弾幕アマノジャク、輝針「鬼ごろし両目突きの針」の模範解答っぽく陰陽玉で
弾幕アマノジャク、8-1少名針妙丸通常弾幕で残り30秒で弾を撃たなくなることについて
弾幕アマノジャクは良ゲーだった。正邪が主人公というところがまずいいよね。たった一人で幻想郷すべてを敵に回す。宴会ENDを徹底して拒否する。インチキでも何でもアリ、使わなくてもいいという。

デジゲー博・ゴールドラッシュ
デジゲー博2014の同人シューティングゲームキャラバンという企画に上海アリス幻樂団が出る件について
「弾幕アマノジャク ゴールドラッシュ」デジゲー博2014上海アリス幻樂団続報
様々なネットメディアのデジゲー博2014レポの雑感
まさかの弾幕アマノジャクゴールドラッシュ。すげー面白そうだったが、イベント限定。惜しいが仕方ない。

東方深秘録
東方心綺楼のアペンドが出るとしたらどんなキャラがプレイアブルか予想してみる
「TH14.5 Urban Legend in Limbo」デジゲー博2014上海アリス幻樂団続々報、新作発表!
14.5TH Touhou Project「東方深秘録」体験版がC87二日目月曜日に頒布決定!キャラ予想など
東方深秘録、黄昏フロンティアの日記でスクリーンショットが公開されたので見て行く
東方深秘録体験版、情報まとめ、及び考察、再度のキャラ予想など
今年の冬コミ体験版で来年製品版の黄昏格闘。登場キャラはすごく気になるよね。まだまだ情報は少ないが、例大祭か夏コミで頒布だろうか?上海アリスで別に本編STGか何か出す?

二軒目ラジオ
3/24にやってた二軒目ラジオの内容まとめがあったので今更だが見てみる
2014年4月30日の二軒目ラジオ まとめを見てみる
2014年7月29日の二軒目ラジオ、まとめがあったので見てみる 今回の夏コミは上海アリスの新作は無しとのこと
2014年10月28日の二軒目ラジオ、したらばに11時までのまとめがあったので見る
気が向いたらまとめがあれば紹介する。稀に新作の情報なんかもあるが、醍醐味は神主周りのゲームに関する考え方だと思う。

東方その他
インターネット探訪「心綺楼を基準に東方キャラの身長を仮定する」
なんか2ちゃんねるに「東方Project板」が出来た件について
一応最近は機能はしている?
「第8回 秋葉原ビールフェア」また神主がビール娘描いてる件について
ZUN絵の変遷。
神主ブログC86夏コミ前更新を見る
そういや中国の第三回東方人気投票がそろそろ投票終了しそうな件について
東方要素の追加された変愚蛮怒、「変愚蛮怒勝手版」をやってみた
あれからかなり更新されているようで。*band初心者にも配慮がなされてきている。
PS4で東方の二次創作ゲームが配信されたりする件について
これは大事件というか、同人、東方とは何かということを考え直させる。
東方キャラがMTGする動画「東方永劫譚」が面白かったので紹介する
MTGもいいよねぇ。色々やり方があるのが。
東方原作STG自機勢の霊夢との対照性について
霊夢が全ての基準であるか。
スカーレット姉妹のオリジンを考える
これは割とお気に入り記事。過去の描写薄いからこそ想像が捗る。


MMD杯
第12回MMD杯 良かった動画とか紹介していく 更新終了
第12回MMD杯閉会表彰式 せっかくなので個人的表彰もする
第13回MMD杯開催告知 テーマとか見ていく
第13回MMD杯 ピンときた動画を紹介していく回 追記終了?
第13回MMD杯 そういえば終わってたので個人的表彰など
第14回MMD杯開催告知とテーマとか来てた
MMDもなんか工作とか色々出てきているが、まだまだ見るべきものがある。というか東方なんかはMMD杯じゃない東方MMDにいいのがある気がする。


本・書籍・読書
本の感想記事。
新刊本感想紹介記事
一月に買った本の感想と二月に買う本の紹介
二月に買った本の感想と三月に買う本の紹介
三月に買った本の感想と四月に買う本の紹介
四月に買った本の感想と五月に買う本の紹介
五月に買った本の感想と六月に買う本の紹介
六月に買った本の感想と七月に買う本の紹介
七月に買った本の感想と八月に買う本の紹介
八月に買った本の感想と九月に買う本の紹介
九月に買った本の感想と十月に買う本の紹介
十月に買った本の感想と十一月に買う本の紹介
十一月に買った本の感想と十二月に買う本の紹介
十二月に買った本の感想と一月に買う本の紹介
毎月恒例の。何冊買ってるかとか数えたくない。これ以外にも結構買ってるしなあ。

単発感想
「デストロ246」3巻まで読んだので感想
主人公は良く考えれば強くないが、主人公たりうる狂気がある。
「大砲とスタンプ」3巻、「宝石の国」1巻 感想
落ち着いて読めば読むほど面白い2作。
「宝石の国」における性別、というか、性別の無さ。それと金剛先生の正体の考察。
前提が謎というのも面白い作品作りだよね。
いちばんうしろの大魔王 最終巻である第13巻、及び全体の感想
メタフィクションに入るのもなるべくしてなったこと。感極まった。魔王。突き詰めた結果。
ノーゲーム・ノーライフ6巻感想
人間という種族。
阿部共実「ちーちゃんはちょっと足りない」読んで凄かったので感想書く
結構人気記事?まあこのマンでオンナ編一位になったし、実際凄く心を抉る社会性のある作品だし?
「ヒュペルボレオス極北神怪譚」読んだので感想とか
何もクトゥルフは怖がればいいってものじゃない。笑えるのだ。
「橙は、半透明に二度寝する」1巻感想
最高な非日常感。
「Gの影忍」読んだので感想
Gガンダムや00ガンダムに通ずる、狂気の一作。
ソードアート・オンライン、原作15巻とプログレッシブ2巻まで読んだので感想
SAO、売れてるからって倦厭してたが、そのMMO小説っぷりとか素晴らしい。アリシゼーション編は大好きである。
木崎ちあき「博多豚骨ラーメンズ」第2巻、野崎まど「なにかのご縁」第2巻 感想
ラーメンズ、なんか2chだと人気なかったがこういうハードボイルドなの好きなのよね。まど先生はこの人にしか書けないものを書いている。
「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」一巻感想
擦れた現代的感性の極北が感じられた。
六花の勇者5巻 感想と考察
ミステリーファンタジー、真にミステリーでありファンタジーである?老害は好き。
今更だが「とある飛空士の誓約」第6巻感想
バルタさん好き。基本的にクズキャラが好きかも。
「デスニードラウンド」全三巻、読んだので感想
これマジでヤバい感があって、大好きな作品。法律的にやっていいのかというか、ポップカルチャーに対する冒涜というか。
「絶深海のソラリス」読んだので感想
キャラを死なすということ。
「黒子のバスケ」公式設定資料集第二弾くろフェス!を読んで黒子のバスケとはなんだったか考える
良い設定資料集は良い設定のある漫画にある。
出口きぬごし「サディスティックムーン」感想
復讐は想像を超えたところにあるべきだ。

時雨沢先生
「キノの旅」に出てくる銃器のモデルの話
なんかキノの旅の時雨沢先生がSAOのスピンオフ書くらしい
「キノの旅XVIII」感想
クッソ長いタイトルのとかSAOのスピンオフとかも面白かったが、やはりキノか。一つの大陸シリーズのスピンオフ的なのもこないのかね。

支倉先生
支倉凍砂「マグダラで眠れⅤ」感想
支倉凍砂「マグダラで眠れⅥ」感想
そういえば同人作品の書籍化(クッソ厚い)のも面白かったが。
経済という現実の絶対的システムのそれを描くことでリアリティが作品に生まれる?マグダラもそうだが、トリックを作品に仕込むのが上手い。この辺は時雨沢先生と似ている。

ニンジャスレイヤー系
「忍殺蛮怒」とかあるんだな
2013年年末・2014年年始のニンジャスレイヤー、予告や質疑応答、英語翻訳などまとめ
シリウス付録のニンジャスレイヤー殺(キルズ)の小冊子の情報が出たので見る
ニンジャスレイヤー、3部の話の筋をまとめてみる
ニンジャスレイヤー、「マグロ・サンダーボルト」のクソ装置について
ほんとにクソ装置だった。
「ニンジャスレイヤーコミカライズ希望エピソード投票中間結果」を見る
ニンジャスレイヤー無印漫画版コミカライズエピソード投票、「スリー・ダーティー・ニンジャボンド」に決定した件について
投票でエピソード決めるってヤバいよね。連載が年単位で決まっちゃったし。
ニンジャスレイヤーのアニメ「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」、色々発表の件について
ニンジャスレイヤー考察 ヨロシサン製薬の特殊性
ただの組織ではない。
え?なにこれ?ニンジャスレイヤーが文学かなんかのテストに出てる件について
これはマジでびっくりした。
ニンジャスレイヤー強さ議論スレでの妥当なルール制定について探る
「ニンジャスレイヤー グラマラスキラーズ」で次回コミカライズエピソード投票やってる件について
ニンジャスレイヤー、最近出てきたスクラピュラスエミッサリーとかいう長い名前のニンジャについてとか
インターネット探訪「エピソード一覧/公開順 - ニンジャスレイヤー Wiki*」
ニンジャスレイヤー・ロンゲストデイの「12人」でロックマンステージ選択風コラを作ってみた
ニンジャスレイヤーのアニメのトレイラーが出て、賛否両論らしいのでPVに込められた意味など考察する
ニンジャスレイヤーは今も絶好調か。ロンゲスト最終的にどう終わるのかな。ニチョームウォーねぇ。ヨロシサン側どんなだろう。

ねじまきカギュー・中山敦支先生
ねじまきカギュー13巻感想
ねじまきカギュー14巻感想
ねじまきカギュー15巻感想
ねじまきカギュー16巻感想
ねじまきカギュー 最終巻出たので全体を振り返る 第一回キャラ編1
ねじまきカギュー 最終巻出たので全体を振り返る 第一回キャラ編2
ねじまきカギュー 最終巻出たので全体を振り返る 第一回キャラ編3
ねじまきカギュー 最終巻出たので全体を振り返る 第一回キャラ編4
ねじまきカギュー 最終巻出たので全体を振り返る 第二回展開編
ねじまきカギュー 最終巻出たので全体を振り返る 第三回テーマ・まとめ編
西尾維新原作で短編読み切り漫画作やる企画でカギューの作者の中山敦支先生が一作描くらしい件について
一つの極限を描き切った。いや打ち切りだろうが一つの極限だった。特に15巻の描き下ろしが救われた。ガガリはなんか好みのキャラだ。
読み切りのは西尾先生とコラボしたことで上手く行った感があり、今後にも影響するかもしれない。

僕のヒーローアカデミア
「僕のヒーローアカデミア」今後の展開考察・オールマイトの運命
僕のヒーローアカデミア、単行本第一巻雑感
ジャンプでは今一番注目の作品。1月に2巻だっけか。

このラノ、このマン
「このライトノベルがすごい!2015」買ったので読んで感想
このラノ2015で気になった作品幾つか読んだので感想など
「このマンガがすごい!2015」、そういえば買ってたので感想とか
こういうのはランキングにそれほど価値があるとは思えないが、すくなくとも新しい本を選ぶ際の指標にはなるか。

本その他
アマゾンの「オールタイムベスト コミック100」とやらを見る
ライトノベル定義論 人は何を見てライトノベルかどうかを判断するのか
ライトノベルの定義は回答不可能な疑似問題やもしれぬ。
新潮文庫がライトノベルレーベル「新潮文庫nex」を出す件について
集英社が「ダッシュエックス文庫」とかいう新しいラノベレーベル創刊する件について
いまだラノベの波は収まらぬ。ライトノベルは少なくとも商業小説という色がついている。
ジャンプコミックス2014年11月4日発売の最新刊表紙を見て行く
週刊少年ジャンプ、2014年10月27日現在の連載陣と今後を予想する
最近打ち切りサバイバルレース見てなかったが、ナルトに黒子と終わって凄い変化があったよね。重要な年である。
「次に来るマンガ大賞」とやらのノミネート作品を見て行く

小説家になろう
「小説家になろう」で小説書いてみた
所謂「なろう系」とは
実際書いて見なければわからないことも多い。なろう系という潮流を見逃してはならない。それが面白かろうと無かろうと。


Wikipedia探訪
Wikipedia探訪「レトロニム」
言葉は文化と共にあり。
Wikipedia探訪「逐次刊行物」
年三回刊行って、ねえ。
Wikipedia探訪「最も多く翻訳された著作物の一覧」
宗教も童話も幼い子供に影響を与える。教育は重要である。良くも悪くも。
Wikipedia探訪「中国の不思議な役人」
中国人、というだけでミステリでは反則だとされた時代。
Wikipedia探訪「コンモドゥス」
皇帝、本当の意味で強い皇帝。
Wikipedia探訪「神の一覧」
同じ話でも違う名前になってたりもあるよね。
Wikipedia探訪「仏教とキリスト教」
慈悲の源泉?
Wikipedia探訪「コピ・ルアク」
ヤケクソコーヒーってわけじゃないだろうが。
Wikipedia探訪「コミックボンボン」
ああ、惜しい。
Wikipedia探訪「超高層雷放電」
宇宙と地表ばかり考えるのは不公平かもしれぬ。
Wikipedia探訪「パリ消防旅団」
軍隊、という言葉の意味。
Wikipedia探訪「地底の足音」
クトゥルフの日本への歩み。
Wikipedia探訪「進化論」
神を殺したのは誰か。
Wikipedia探訪「巻き寿司」
スシも進化せねばならぬ?
Wikipedia探訪「サイバーパンクからの派生」
サイバーパンクというジャンルはあまりにも大きな地位を占めすぎたからこその混乱というのもあるとおもうが。
Wikipedia探訪「セントラルサイエンス」
中央の科学、か。どういう意味か。
Wikipedia探訪「偽の真空」「真空の崩壊」
この宇宙を破壊するには。
Wikipedia探訪「銀河年」
新たな時間の単位を作ろう。

インターネット探訪
インターネット探訪「必殺技辞典」
必ず殺すわけでもないのに必殺。殺すというのは前向きな行為だということだからか。
インターネット探訪「ザク系MS開発の系譜」
設定厨はみんな好き。ガンダムのいいところはこういうところだと思う。
インターネット探訪「ポーランドボール」
世界の文化か。
インターネット探訪「SCP Foundation」
これもまた怪談の一つの方向性か。理不尽の恐怖。
インターネット探訪「アルティメット・テーザー・ボール」
まあタックルよりスタンガンのがマシか……
インターネット探訪「グーグルの海底ケーブル、サメに食べられていた」
サメの象徴性。
インターネット探訪「鉄 - 航空軍事用語辞典++」
鉄、よくよく考えればあまりにも人類に結びついている。
インターネット探訪「アメリカの各州で英語、スペイン語に続いて3番目に使われているのは何語?」
言語は文化を規定する。
インターネット探訪「メダロット辞典@wiki」
メダロット、惜しいところがある。
インターネット探訪「音の壁」「熱の壁」「金の壁」「時間の壁」「バカの壁」
望めば叶うものではなく。
インターネット探訪「レンマ」「ジレンマ」「トリレンマ」「テトラレンマ」
何気なく使う言葉も掘り下げて考えれば興味深い。好きな記事。
インターネット探訪「世界の言語の数体系」
15進法の恐怖。


ゲーム
クソゲーオブザイヤー関係
クソゲーオブザイヤー2013据置版、年末の魔物?ガイアブレイカーとKOTYの「基準」について
クソゲーオブザイヤー2013据置版 大賞決定!『ビビッドレッド・オペレーション -Hyper Intimate Power-』
クソゲーオブザイヤーinエロゲー板2013大賞決定「明日もこの部室(へや)で会いましょう」、あとKOTY動画
クソゲーオブザイヤー2014、据え置き、携帯の動向をみる
クソゲーオブザイヤー2013携帯ゲーム機版、7月20日深夜にやっとこさ総評・大賞「ホームタウンストーリー」が決定していた模様
クソゲーオブザイヤー2014、年末での据置、携帯での状況を見る
クソゲーは存在自体が良くないものだが、だからこそそれを笑って価値にするのは意味がある。
ガイアブレイカーは凄かったが、何故か総評ではビビオペが圧倒していた。サイレントマジョリティというか、まあ総合的に見ればということだろう。
KOTY2014はどうなることやら。注目である。

スマブラ
4/9スマブラダイレクトが中々楽しげだったので感想とか
スマブラにパックマン参戦とか
スマブラfor3DS、ある程度やったので感想とか書く
スマブラ for 3DS、「フィールドスマッシュ」モードの攻略みたいな
面白いよねスマブラ。私はMr.ゲーム&ウォッチをメインキャラとしてるけど割と何でも使う。ゲムヲは奇襲性能が高いのよね。あとはリザードンとかガノンとかデデデとかマックとか…… うむ。

ゲームニュース
ポケモンルビーサファイヤが3DSで11月にリメイクされるらしい。オメガルビーとアルファサファイア!
メダロット8のコミカライズをニコニコ静画でほるまりん先生がやるらしい
メダロット8とか、単行本でないのかね。

ゲームその他
不思議のダンジョンシリーズの次回作、あるいはシレン6への期待や要望、予想など
そういえばシレン5+が出るとか言う噂を聞いたし、6も可能性があるか?
「ゼルダの伝説」シリーズのモンスターや種族を一般ファンタジー的に読み替え
なにがキースだよって話。
「Twitch Plays Pokemon」の話
結局クリアしちゃってるんだよねえ。凄かった。
AtariのE.T.の墓、本当にあった件について
クソゲーの象徴。まあもっとクソなゲームはあるのだけれど。
E3で任天堂が新規タイトルとして発表したSplatoonというイカTPSについてちょっと考える
あー、すげー面白そうだし、どうしたものか。
ドラクエ5の魔王「ミルドラース」の印象の薄さについて
この記事はかなり好き。ミルドラース。結局なんだったのか。
ゲームにおける「ナラティブ」
古い話だが、ゲームという総合芸術を考えるうえで重要な概念か。
「第8回 みんなで決めるゲーム音楽ベスト100」結果が開票されたようなので見て行く
ゲーム音楽というモノの評価。ランキングがあればこそ聞くという人は多いか。
マリオシリーズのクッパって結局なんなのか
なんなのか。それが象徴するものは。
「ゲーマーゲート」問題について少しまとめて、考える
本当に言いたいことはなんなのだろう。


アニメ
キルラキルのベタさ、ストックキャラクターについて
いいアニメだった。トリガーはニンジャスレイヤーのアニメも担当するが、さてはて。
「ドラゴンボールZ 神と神」借りてみたので感想・ドラゴンボールの設定の壮大さと粗さ
ドラゴンボールはただバトルしてるだけの作品じゃないが、バトルは最重要である。
ガンダム、宇宙世紀(Vガンダムまで)のモビルスーツの系譜図を描いてみた
色々考えてみるのは面白い。凄い複雑だが。
アニメ弱虫ペダルの2期が決まったらしい
「ノーゲーム・ノーライフ」アニメ終わったのでちょっと感想書く
ノゲノラはいいアニメ化だった。

アニメ前感想
2014年春アニメのPV集動画を見ていく
2014年夏アニメのPV集動画を見ていく
2014年秋アニメのPV集動画を見ていく
2015年冬アニメのPV集動画を見ていく
いつものだが、結局毎週見るのは2、3個かそこらに絞られるのよね。


2ちゃんねる関係
2ちゃんねる探訪「内定辞退難易度ランキング」
2ちゃんねる大変革 これまでの流れとJim親政によるこれから
2ちゃんねる、ひろゆきがJimに喧嘩売ってる件についてなど
「偽2ch騒動」わかりやすい漫画解説があったので紹介
JIMの2ちゃんねるになってから割かし平和であるか。西村ひろゆきの名誉は無くなった。


ニュース
Amazonの買う前に発送するサービスの話
無茶な話に聞こえるがタイトルが大げさなのだ。
「ニホンザル、温泉でスマホ 英写真コンテストで受賞」産経ニュースより
猿でも使える?


その他Notシリーズもの
「新撰組最強」について考えてみる
新撰組、創作の題材に何度もされるには理由があり、その最強は興味深く、実際候補は多い。好きな記事。
「タルモダイス」なんてあるのな
タルモゴイフ専用ダイス。転がすだけがダイスの能ではない?
「二次創作フリー」作品を色々考えてみる
二次創作フリーという戦略。
ダンジョンズ&ドラゴンズのタイトルパロディ色々
偉大なるファンタジーの金字塔。
2chとかで拡散されている「コミックマーケット86 主要作品別サークル数」を見る
なんか色々あったよね。
近代軍隊の階級についていろいろ
これはかなり好きな記事。軍隊という社会の縮図。格差は拡大しつつある?
【将棋】2014年9月4日現在の将棋プロ棋士のレーティングを見る
結局こういうのは今はアレなんだよねえ。
「空亡」という名の妖怪
妖怪概念の曖昧さと面白さ。最強究極の妖怪?
将棋第56期王位戦予選、フリークラスで引退間際の熊坂学五段が森内竜王に勝利
結局昇格は厳しそうだが、まだ可能性はあるか。しかし凄いことだったのは間違いない。
2014年度の「新語・流行語大賞」、「ネット流行語大賞」色々見てく
流行語、という概念も良く考えなければならない。



このページ
2014年の記事まとめ紹介




こんなところか。前年より少ないが結局大量である。
ゲーム記事少なくなってる?最近はラノベばっか読んでた気もする。
その変遷もまたこのブログということだろう。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/12/31(水) 23:46:46|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方輝針城は童話を意識しているという説 | ホーム | 十二月に買った本の感想と一月に買う本の紹介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1833-c6169a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)