ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

十二月に買った本の感想と一月に買う本の紹介

11月~12月のはこちら

いつもどおり漫画ラノベの新刊感想紹介記事。読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とかあったりするけど気にしないでね。たまに語りたいだけで()付けて紹介したり。
その他でも感想書きたくなったら書くけど基本書かない。基本別に個別感想記事にする。書かない場合のが多いが。買ったのに忘れてて書かないのもあったりするからなあ。

一応新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。たまにアマゾンとか。結構漏れもあるかも。面倒なら記憶で手打ちすることも。
出版社とかも載せてるが、その関係でレーベルと出版社が混在してるのは注意。小説はレーベル、漫画は出版社が多い。
漫画ラノベ以外は基本的に新刊確認してないのでここには書かない。でもラノベの杜に載ってるラノベじゃない小説は書いたり?ラノベの定義は気にしない。ラノベの社は割と広く載せているらしい。ライトノベルの定義論は別の記事で。

私は本の買い方では作者買いが多い。ジャケ買いも試し読み買いも評判買いも広告買いも分野買い資料買いジャンル買い元ネタ買いもするけど。
作家買いでも、最初からその作家を知っているわけでもないしね。

この感想回とは別に感想記事書いてたりもする。覚えてればリンクも張るかも。

アマゾンリンクみたいなのは無いから気になったらググッてね。
ああ、そうそう、ネタバレは余裕であるから。この記事だけじゃなく。

ここまでテンプレ。地味に変わってるけど。ちょくちょく弄る。

ではスタート。
12/4
集英社 斉木楠雄のΨ難(11) 麻生周一 \432
集英社 いいよね!米澤先生 地獄のミサワ \540
集英社 黒子のバスケ(30) 藤巻忠俊 \432
集英社 黒子のバスケ 公式ファンブック くろフェス! 藤巻忠俊 \788

斉木。ジャンプ、週刊少年漫画誌においてギャグ漫画で10巻越えとなると中々厳しくなってくるところであり、新キャラやテコ入れなどが考えられる時期である。今のところ問題は無いようであるが。斉木は基本的に良心的なキャラばかりにしていて、読むとき不快感が無いようにしてるんだよね。いやたまにゲストキャラとかでクズがいるけど。この作者の前作前々作はクズを描くギャグ漫画だったからなあ。
ミサワ。クズを描くというとこの人が上手いか。ストーリー仕立てにして漫画家漫画なわけだが、ミサワの漫画でどれほど意味があるのか。まあ続きものなのでクズのクズ度を深めるというのがあるのか。私は嫌いじゃない。
黒子。ついに最終巻、いやNEXTのがあるけど。30巻、最終的にはジャンプの準看板ぐらいの地位になっていたが、潔い終わり方は大いに評価できる、いやNEXTのがあるけど。最終戦では赤司がというより洛山が強いという感じで、赤司が目立たなかったところがある。その辺はNEXTのに期待か。
くろフェス。個別記事みたいなのアリ。良い設定資料集である。はんばモブの名前まであり、趣味やらなんやらの情報とかもいい。対談なんかも興味深く、最終巻と同時発売で最後までのデータであるというのも貴重、いやNEXTのはまだだけど。NEXTのEXTRA STAGE、相手はアメリカ(たぶん)最強チーム、ジャバウォック。初出の敵はクズというのは黒子のお約束だが、せっかくのおまけボスだし最後までクズかも?で、キセキ再結集。正直こうなって試合になる相手がいるとは思わないが、相手は全員キセキと同等かそれ以上という話。バスケ超決戦。期待して注目したい。しっかしNEXT季刊だもんなあ。
そういえばアニメ3期もあるか。黒子のアニメ人気だし、見ようかな?

12/5
講談社 COPPELION(22) 井上智徳 \607

コッペリオン。なんかもう異能バトルみたいな様相になってるけど、大人や社会に翻弄される少年少女(コッペリオン)という構図は変わってないのよね。学生服なのはその実際の年齢を示しており、課される任務の重要さ・責任に対照的な未熟さ、無垢さを象徴しているのだと思わせる。
ある意味ではセカイ系に近いかもだが、どちらかというと進撃のそれに近い。

12/8
JUMP j-BOOKS THE LAST ―NARUTO THE MOVIE― 経塚丸雄 原作:岸本斉史 岸本斉史 702 978-4-08-703339-7
秋田書店 魔法少女・オブ・ジ・エンド(7) 佐藤健太郎 \453
秋田書店 弱虫ペダル(37) 渡辺航 \453
秋田書店 弱虫ペダル SPARE BIKE(1) 渡辺航 \486

結局ナルト映画は見ずに小説で済ませた。日向家って実際最強だよね血縁的に。ハナビ辺りが転生眼に目覚めたりしないのかなあ。
オブジエンド。オブジエンドはゾンビパニックモノのパロディというはじまり方だったが、なんか色々奇妙なことになってる。ポリ公は良いキャラである。
弱ペダ。新ハコガクのキャラあんまり魅力がないというか、どうも前年度のそれと比べてしまうと地味なんだよね。御堂筋がそろそろ暴れてほしいが。
スペアバイク。上級生編。そうそうこいつらが抜けたからなあ。良いキャラそろってたから、逆にスピンオフのこっちのが面白いというか。東堂は実際全然負けてなくてマジで強いよね。

12/9
講談社 南Q阿伝(6) 光永康則 \648
講談社 進撃の巨人(15) 諫山創 \463
新潮社 軍靴のバルツァー(7) 中島三千恒 \596

ナクア伝最終巻。なんか唐突な終わり方だったが、本編より好きだった。本編とのつながりなんかも出てくるのはなんかいいよね。ナクア伝は淡々としていながら思想的なものが強いのが魅力?
進撃。クーデター編。進撃の巨人は非常に現代的な感性の話だよね。社会、状況に翻弄される人間が命を懸けてそれを打破する。ある種のルサンチマンであり、復讐の話でもある。ザックレーのはんば露悪的な態度も、現実の状況に対する不満というかそういうのを描いている。
バルツァー。近代軍事っていいよね。現代となるともう政治家軍人がどうこうってか、なにがなんやらわからんようになっているというか。武器も現代なら世界を何度も壊せる核ミサイルがあってそこから別の話になるがが、近代ならまだ戦争のみで複雑さがあるというか。

12/10
電撃文庫 ソードアート・オンライン プログレッシブ3 川原礫 abec 616 978-4-04-869096-6
電撃文庫 ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン I ―スクワッド・ジャム― 時雨沢恵一 監修:川原礫 黒星紅白 637 978-4-04-869094-2
秋田書店 死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々(1) 阿部共実 \648
秋田書店 おかえりなさいサナギさん(1) 施川ユウキ \648
角川書店 東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(3) フィギュア付き限定版 春河もえ \2,484

SAOP。MMOゲームのそれの魅力とそれを超えたモノの魅力。イイモノが作れるとなったらどこまでもこだわってしまうよね。
SAOAGGOSJ(長い)。まさかの時雨沢先生のSAO。さすがのガンアクション描写というか。GGOの設定をうまく使ったり、本編とのリンクを残したりという上手さ、そしてバトルの頭脳戦具合。続きものだが最終的にどれほど本編と関わり得るのか。期待して注目。
あべとも先生の。相変わらず心を抉ってくる。空灰みたいなアレだが、それよりはよりスリムになっているというか?思春期の人間の脆弱な自我
サナギさん。相変わらず色々考えさせる割に単に面白くも読めて良い。時たま心の深淵を覗きこむような話になるのも魅力。
結局早く読みたかったので鈴奈庵はフィギュア付き限定版を買った。相変わらずの圧倒的画力。深秘録の立ち絵その他にも抜擢され、もえ先生は新人なのにもうなんか凄いことになってるよね。内容も幻想郷らしい妖怪話というか、ミステリ感のある二話構成楽しいよね。うどんげやらが出てきたりとファンサービスも上手い。幻想郷の人里の日常を描く漫画?異変とはいかず事件である。

12/19
集英社 パープル式部(1) フォビドゥン澁川 \555
集英社 パープル式部 読切集 花の巻 フォビドゥン澁川 \555

パープル式部。読み切りの方も一緒に語るが、ギャグ漫画としてははっちゃけてて王道といえるのか?絵的な面白さでグイグイ引っ張っていけるのはギャグ漫画としては強みである。あとたまに異端のセンスを発するときも。紫式部とかそういう要素の意味がないが、意味の無さが面白いか。

12/22
講談社 大砲とスタンプ(4) 速水螺旋人 \617

軍隊における事務仕事。軍隊という特殊な状況下での事務もまた特殊か。電子頭脳、まあメインフレームだが、第二次大戦時はそんなのないよね?っつーかステルスとかある時点でアレだし、その割にガス戦とか塹壕戦とかやりだすあたり時代設定がゴチャゴチャである。まあ、だからこそ幅広くなんでも描けるわけか。メインフレームってなんか、時代の遺物とみせかけて需要があって、色々面白いよね。

12/24
エンターブレイン シンリャクモノデ(3) 竹本泉 \778

単行本が売れなかったので3巻で終わりと。最後の一個前で聖林檎楽園学園モノが出たのが良かった。あの学園、ほんとなんでもありだな。そもそも日本なのか?(エジプトか何か?)いろいろ考えると気になってくる。
侵略というテーマ、実際どうなんだ。

12/25
メディアワークス文庫 ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~ 三上延 616 978-4-04-869189-5
角川書店 ウメハラ FIGHTING GAMERS! 西出ケンゴロー \626

ビブリア。まだ読み終わってねえけど、古書薀蓄という着眼点はいい鉱脈だよね。太宰はあの時代の作家では一番好きだな。時代を超えた魅力がある。
梅原。ウメハラってかヌキだなあ。まあウメハラの伝説染みた半生を漫画家というのは面白い取り組み。

12/26
小学館 七帝柔道記(1) 一丸 \596
小学館 とめはねっ! 鈴里高校書道部(13) 河合克敏 \596

七帝柔道、うん。まあ原作が面白いんだろうけど、面白い。しっかし七帝って偉そうな名前だよな。要するに講武館ルールじゃない旧帝大の七大学でのみ行われる柔道という話なんだが。北大の寮歌、かっこいいけど、都ぞ弥生って最初の文章をタイトルにするのは意味的にどうなんだ。
とめはね。二回目の書の甲子園でこの漫画もピークを迎えるか。それに向けて人間関係も整理されて来ている。甲骨文字とか金文とか調べていくと凄まじく面白いよね。ハマると一生ものである。中国や日本が文字をアルファベットにしないのも当然というか、それはそれ以前の問題か。言葉と文字は密接な関係があるからね。で、井上有一。嗚横川国民学校、凄いなこれは。なんか普通に考えたら黒塗りで間違えた場所消してたりとか色々どうかというアレがあるんだが、そういう細かいところをぶち抜いたところに真実の感情があるというか。

12/27
一迅社 東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit.(5) あずまあや \864

個別記事アリ。これは設定を色々足していって、進展の様なモノが感じられるのがなんか良い。鈴奈庵は人里中心だが茨歌仙は博麗神社中心というのはあるか?霊夢中心?だからこそ東方の設定にクリティカルに関わるのか?
深秘録とのかかわりも含め今後にも期待である。


ここまで感想。
ここから紹介。


1/5
(集英社 Sporting Salt(1) 久保田ゆうと \432)
(集英社 ジュウドウズ(1) 近藤信輔 \432)
集英社 磯部磯兵衛物語 ~浮世はつらいよ~(5) 仲間りょう \432
集英社 僕のヒーローアカデミア(2) 堀越耕平 \432

塩。クソ漫画回では今年屈指の大物。スポーツ医学漫画なのに薀蓄が入ると話が分からなくなるというか。逆に買いという噂。
ジュウドウズ。柔道という格闘技を自由に、濃密に描いていて私は好きなのだが、掲載順から見ると結構厳しいか。
磯部。浮世絵絵というのがなんか絵で攻めるギャグ漫画として上手く、独特のクズ描写などもそれに相乗効果を与えている。斉木よりも長く続くかも?
ヒーローアカデミア。ここで人気に火をつけたヴィラン襲来編。キャラデザが一々細やかだし、話の整合性や頭脳戦もしっかり描かれていて、絵も魅せるところで魅せている。総合力を見せつけてくれる。

1/9
小学館 アオイホノオ(13) 島本和彦 \596

漫画家漫画?漫画家が主人公だが。まあ自伝風の?
島本先生らしい人間の無茶な描写が好き。

1/20
ガガガ文庫 とある飛空士への誓約7 犬村小六 森沢晴行 760 978-4-09-451531-2

お、もう七巻か。様々な勢力に分かれた誓約の七人。一体どういう話になりどう終わるのか。
期待して注目。

1/23
メディアファクトリー まりあ†ほりっく(14) 小冊子付き特装版 遠藤海成 \864
メディアファクトリー まりあ†ほりっく(14) 遠藤海成 \566

特装版か通常版かどっちか買う。まりあほりっくはギャグ漫画の無茶具合が最高だよね。なんというか、ギャグ漫画で、無茶なことをすればするほどリアリティがなくなってギャグにならなくなる訳だが、リアリティを持ちつつクソみたいなギャグをしているというか?連載中のギャグ漫画では一番好きかも?

1/24
エンターブレイン ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース 【下】 ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 訳:本兌有、杉ライカ 1296 978-4-04-730189-4
スクウェア・エニックス +チック姉さん(8) 栗井茶 \514

ニンジャスレイヤー。キョート編最終巻。物理書籍全体では12巻目に当たる。ただでさえ厚いのに本棚を占有することこの上ない。しかしそれ以上の魅力がある。描き下ろしエピソードこそないがかなりハードモードになっているようで期待。そろそろ3部に入る訳だが、どうなるやら。実は3部が一番好き。
プラスチック姉さん。連載再開したもんね。模型を頭に載せている模型部。一瞬ハルヒ的なSOS団というか、けいおん的なそれを想起させるがなんのことはなくギャグ漫画である。狂気のギャグ。行くところまで行ってしまうのが魅力か。

1/26
角川書店 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト(8) 長谷川裕一 \626

おー、ゴーストの8巻。Gジェネとか新しいのでてなんか出ないのかなあ。
結構巻数稼いでいるが、ここからどういう話になるのか未知数。さらに新機体とかあるのかなあ。



こんなところか。数は少ないが質は高いか。
うーむ。まあ並作としておこう。ヒーローアカデミアにニンジャスレイヤーにプラスチック姉さんにゴーストにマリアホリックに飛空士というのは中々豪華だ。
そして今日中に今年のまとめ記事書きたいが、厳しいか。まあ頑張る。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/12/31(水) 00:08:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<2014年の記事まとめ紹介 | ホーム | 東方深秘録体験版、情報まとめ、及び考察、再度のキャラ予想など>>

コメント

No title

ネクストの黒子のバスケはお祭り企画感が強くて楽しく読めました。そして気になることも多かったです。
約二年ぶりにそろった彼らはちゃんとチームとしてプレイできるのか?その中での火神はどんな立ち位置になるのか?
相手の名前に金と銀がいたが他にはどんな色があるのか?
新しい必殺技はあるのか?(とはいえ緑間は…)
木吉や虹村、灰崎などは登場するか?
試合中、僕、の方の赤司が出てきたりするのだろうか?
…しかし続きは三月発売らしいですね。全何話でしょうか。それとジャバウォックとスターキーの試合のスコアがちょうど80点差というのは何か意図があるんでしょうか。全中は100点差だったもので。
あと相撲の例えは(失礼ながら)ちょっと吹いてしまいました。111‐11回のジャンプって、確か火ノ丸相撲の読み切りが載っていたはずなので。
長文失礼いたしました。
  1. 2015/01/03(土) 16:27:30 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> ネクストの黒子のバスケはお祭り企画感が強くて楽しく読めました。そして気になることも多かったです。
> 約二年ぶりにそろった彼らはちゃんとチームとしてプレイできるのか?その中での火神はどんな立ち位置になるのか?
> 相手の名前に金と銀がいたが他にはどんな色があるのか?
> 新しい必殺技はあるのか?(とはいえ緑間は…)
> 木吉や虹村、灰崎などは登場するか?
> 試合中、僕、の方の赤司が出てきたりするのだろうか?
> …しかし続きは三月発売らしいですね。全何話でしょうか。それとジャバウォックとスターキーの試合のスコアがちょうど80点差というのは何か意図があるんでしょうか。全中は100点差だったもので。
> あと相撲の例えは(失礼ながら)ちょっと吹いてしまいました。111‐11回のジャンプって、確か火ノ丸相撲の読み切りが載っていたはずなので。
> 長文失礼いたしました。

コメントありがとうございます。
そうですね。まず躓きそうなのがチームワークの辺りですね。全員個性きつすぎますし、それがプレイしていくうちに上手くなっていく過程とか描かれるんでしょうかね。全何話か、というのが影響しそうです。ジャバウォックの方は、油断しているにしても曲がりなりにも長い間チームやってる訳ですし、そっちの心配はなさそうですからキセキ、ヴォ―パルソード側はまず一点不利な訳ですが、まあ主人公側ですし乗り越えてもらいたいものです。

ジャバウォックはおそらくは金属でまとめているのでしょうが、まあカッパーとかブロンズとかアイアンとかスチールとかチタンとかクロムとかニッケルとかでしょうか?白金はもう洛山の監督とかに取られてますからね。カルシウムとか言い出すわけにはいかないでしょうし。
まあ何かしら新しい技は出そうだと期待しますね。少なくともジャバウォック側が使う技や黄瀬によるそれのコピーぐらいはあるでしょう。

控え選手は出すとして、灰崎は実力的にはアリなんですが、作者も嫌いらしいですし、性格的にもどうなんですかね。まあ、まだ伏線は残ってますが。氷室辺りは普通に出そうとして、五将は実力的に戦えるんですかね。まあ本編で戦えてたといえばそうなので、無理ではないんでしょうがあえて出しますかね?木吉は足の問題もありますし。虹村はここで出しとかなきゃどこで、って感じではありますね。それでも出るかはわかりませんが。

僕赤司はよほどのことが無ければ出てこないらしいので、それほどボロクソに点差が付けば出るんですかね?あんまりそういう展開になりそうもないですが、IHはどんな感じだったんですかね。


NEXTは季刊で進行が遅いですが、だからこそ丁寧に後日談を描いてほしいですね。
  1. 2015/01/03(土) 22:43:50 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1832-373ba4f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)