ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方深秘録、黄昏フロンティアの日記でスクリーンショットが公開されたので見て行く

東方深秘録 ~ Urban Legend in Limbo. | 黄昏大根Blog(試験運用中)

ネット世代の雑評論 14.5TH Touhou Project「東方深秘録」体験版がC87一日目月曜日に頒布決定!キャラ予想など

20141224010416.jpg

引用
アクセスも落ち着いたので改めて日記側でもご挨拶をば
トップページでの案内通り、公式ナンバリングth14.5こと
「東方深秘録 ~ Urban Legend in Limbo.」の発表となりました。

重要な補足説明ですが、心綺桜の流れを汲む対戦弾幕アクションゲームとなっております。

オカルトが織り成す新たな異変を描いたゲームで、体験版では一部キャラでのプレイと
ストーリーモードの冒頭部分にちょっと触れることが可能な状態となっています。

まだまだ絶賛研究、実装、調整、改良のサイクルを繰り返している状態ですが
操作系統やシステムの見直しも大きく加わっていますので、前作を触れた方もそうでない方も
是非ゲームでオカルトボールをその手に掴んで下さい!

とのこと。やはり心綺楼の流れを汲むそれという予想は正しかった、ってまあ当たらんわけないわなこんなの。
体験版で一部キャラでのプレイとストーリーの冒頭。緋想天の体験版みたいな?新キャラは出ないだろうが、心綺楼に出ていないキャラはでそう。

オカルト。最近はその言葉自体聞かなくなったが、魅力的な言葉である。というか、死語になったから幻想入りしたというか?
ファンタジー世界ともいえる幻想郷ではオカルトはどういう意味を持つのか。

操作系統から変わっている。前作がどうのこうの言うよりまず体験版をやってから、か。
空中格闘というジャンル自体まだまだ未開拓である。だからこそ挑む価値がある。その挑戦に乾杯したい。
オカルトボールねえ。結局何さ。


じゃあ、スクリーンショットを見ていこう。
霊夢と魔理沙。まあこの二人が参戦することはもはや考えるまでもないことだったが、周りに何か妙なオーラを纏っている?システム回りの何かかな?

ステージ背景はまさかの香霖堂。香霖が参戦という線はまずないが、だとすると誰のステージ?誰のステージでもないという考えもあるか。魔理沙の?
心綺楼で目立った背景キャラはいない。まあ心綺楼は人気合戦だったからというのもあるか?まだ製作中で乗っけてないだけかもだが。
その代り、通常の香霖堂のイメージとは異なる、異常な数の張り紙。これも都市伝説の影響か?昭和なイメージの張り紙だが、都市伝説もそんな時代か。
雑然と家電が積んであったり丸ポストがあったりとこの辺は香霖堂らしい。

浮いているピアノ。これが都市伝説であろう。えっと、学校の怪談の、夜中ひとりでに鳴るピアノだっけ?自動演奏ピアノで再現可能だよね?そういえばマリオ64にもピアノのお化けみたいな敵がいたなあ。
まずピアノ出してどうするんだって話だよな。しかもグランドピアノ。アホみたいにデカくてクッソ高い。ローグライクゲームのelonaで職業ピアニストにすると初期装備でグランドピアノ持たされるのはなんのつもりだったんだろう。動けねえよ。

で、変な隙間から弾幕(卒塔婆?)が出ている。霊夢の技だろうか?卒塔婆?

キャラ絵。鈴奈庵のもえ先生のじゃん!もえ先生が全部立ち絵とか書くの?
アルフェスさんは描かないのかな。そっちも需要があるのだが。

Reimu Hakureiみたく名が先に表記。どっちでもいい気がするが。

トイレマークのアイコンは心綺楼でもあったファイルのアレだろう。デフォがトイレ?それもなんかアレな気もするが。
つーかトイレの花子さんのでしょ?洋式で良いのか?あんま詳しくないが。
まあということは何らかのカスタマイズ要素がある訳だ。個人的にはうれしい。

で、タイムはいいとしてタイム下の七つ球。これがオカルトボール?前回の人気ゲージの代わりの消極的行動に対するペナルティ要素?七つ集めると何かがある?時間制限後の勝敗も七個、奇数なのでうまく行くと?
ラストワードシステムは何らかの形で続投してほしいよね。

下のゲージ。システム面の基礎だろうが、スペルカードはやはり所謂、超必殺に値するところなのだろう。
えっと、1600/800と3000/1500。無双封印、マスタースパークがそれぞれ二回使える状況で、夢想封印のがゲージのたまりが早いみたいな?スペルパワーとか書いてあるし横ゲージの長さもそれと同じアレか?同じならどっちか一個でよさそうだが。

そして下中央の火。霊力ゲージかな?としか言いようがない。

体力、オカルトボール、スペルパワー。霊力の4ゲージシステムということ?
人気ゲージほどややこしくはなさそうな気もするがさて。



これだけじゃなんともわからんが、オカルトの魅力に注目したい。


※追記
背景の張り紙ポスターに神主らしき人が写っている……?
流石にピクセル数の限界でわからないが、そう見えなくもない。お遊び要素としてはアリか。
スポンサーサイト



テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/12/25(木) 00:30:44|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方茨歌仙 第二十六話 野卑な怪異 感想・考察・その他の確認等 | ホーム | 14.5TH Touhou Project「東方深秘録」体験版がC87二日目月曜日に頒布決定!キャラ予想など>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1827-8ac11457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)