ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

クソゲーオブザイヤー2014、年末での据置、携帯での状況を見る

2014年 次点 - クソゲーオブザイヤーWiki
2014年 次点 - クソゲーオブザイヤーWiki 携ゲ版

ネット世代の雑評論 クソゲーオブザイヤー2014、据え置き、携帯の動向をみる


クソゲーオブザイヤー(以下KOTY)。年で最もクソなゲームを決める2ちゃんねるのスレ企画である。
その選考に際して、投票ではなく総評をもって大賞を決めるところにその特異性がある。
クソゲーという、ある意味でネガティブな話題について話すには匿名掲示板が都合がよく、それを決めるのには匿名掲示板における投票は非常に心許無い、という訳だ。

KOTY2014、クソゲーの対象年度の年号を掲げているが、実際の総評決定・大賞発表時は来年ということになる。
こういった年間大賞の類(たとえば「このマンガがすごい!」など)は来年度の年号を掲げていることが多いが、KOTYの方が実際的にわかりやすいし意味がある。これはKOTYが商業主義によるものではないことを示しているところかもしれぬ。


さて、通例としては、12/31までに発売されたゲームを対象とし、1月が終わるぐらいまでそれぞれのゲームに対する選評とそれが妥当であるかについて議論し、そこから総評を作っていき、いくつかの総評の中からより良いものを選び、それに修正を重ね、決定稿として総評とする。総評が全ての結果となる。

年の瀬のこの時期にはほとんどのクソゲーが出ているはずであり、この時期からKOTYスレは一段と活発化し始める。もちろん爆弾的なクソゲーがもっと早い時期に現れ、異常な興奮状態でスレが進むこともままあることだが。

そして、KOTYのジンクスの一つ。年末の魔物も警戒される時期である。決算前や年末というのはどうにもこうにも魔が潜むものだ。焦って良いものは出来ないが、出さない訳にもいかないと。


という訳で、12月も下旬に入ったことだし、KOTYの根本たる据置版と、実質上ほとんど同じである携帯ゲーム版(よくある間違いであるが、この場合の携帯ゲームとは携帯ゲーム機、今でいえば3DSやvitaを指すのであって、スマホなどは関係ない。)について現在の状況を見て行きたい。

まずは据置版

引用
話題作 ◾2/6【PS3】大戦略PERFECT~戦場の覇者~(システムソフト・アルファー)
◾2/21【Xbox360】Takedown Red Sabre(505 Games)

•審議中 ◾12/4【PS3 / Wii U】仮面ライダー サモンライド!(バンダイナムコゲームス)

前回の記事から審議中に「仮面ライダー サモンライド!」が加わっている。なるほど年末の魔物といったところか。
詳細は省くが、キャラゲーとしてのクソさの極限といったところか。歴代ライダーが何故か(強めの)ザコキャラとして出てきたりするとか。
このブログでもリンクしてる絶対SIMPLE主義のラー油さんがレビューしているのでそちらも参考

2月から動きがなかったが、これで三つ巴といったところか。
延期を重ねても無意味だった大戦略、ナンセンスなリアルさでプレイヤーをへこませる赤サブレ、ひたすらファンの心を逆撫でするサモンライド、といった具合。
まだサモンライドは審議中だが、近い内に話題作に入りそうな気配も大きい。
今年も例年通りの熱いKOTY争いになりそうだ。


携帯機版も見ていこう。

引用
話題作 ◾3/13【3DS】超人ウルトラベースボール アクションカードバトル(カルチャーブレーン)
◾3/20【3DS】ゲームセンターCX 3丁目の有野(バンダイナムコゲームス)
◾4/22【PSVITA】インフィニタ・ストラーダ(おふぃす5656)
◾7/31【3DS】Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(角川ゲームス)

• 審議中 ◾4/10【3DS】ペンギンの問題+ 爆勝!ルーレットバトル!!(アルケミスト)
◾9/24【3DS】コンビニドリーム(アークシステムワークス)
◾10/9【3DS】マジンボーン 時間と空間の魔神(バンダイナムコゲームス)

• 選外一覧 ◾3/19【3DS】クレイジーチキン ディレクターズカット3D(テヨンジャパン)

また中々多い。
ほとんどが3DSであるのはまあ売れてるからであろう。
色々ある。
話題作には
謎のカードゲーム化「超人ウルトラベースボール アクションカードバトル」
制作陣が何もわかっていない「ゲームセンターCX 3丁目の有野」
先行必勝カードゲーム「インフィニタ・ストラーダ」
ファミ通クロスレビュー18点「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」

審議中には
子供騙し以下の「ペンギンの問題+ 爆勝!ルーレットバトル!!」
経営でも何でもない「コンビニドリーム」
どこを見てもクソが見つかる「マジンボーン 時間と空間の魔神」

と選り取り見取りだ。
クレイジーチキンはまあ謎解きとかパロディとかは多少なりとも面白く、200円という値段を考えればマシと選外送りとあいなった。

この中では「超人ウルトラベースボール アクションカードバトル」、「インフィニタ・ストラーダ」辺りが有力株だろうか?
特に「インフィニタ・ストラーダ」は基本無料でありながら、カードゲームとして成り立っていない点が新しく、今回の台風の目となりうるだろう。


パーっと見てきたが、据置版はあまり数が多くない。やはり据置機はもはや商業的に主流ではないのだろうか。
あるいは、クソゲーが出る内が業界の盛りなのやもしれぬ。しかし携帯ゲームも消耗しているように感じる。

KOTYをもってゲーム業界を論じ切ることはできない。しかし一つの助けにはなるやもしれぬ。
まあ、あくまでも2chのネタに過ぎない。その結果や議論の過程を楽しめばいいのだ。そうすればクソゲーにも何らかの意味があったということになろう。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2014/12/21(日) 22:55:44|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<退屈な非日常。第七五回動画紹介回 | ホーム | インターネット探訪「世界の言語の数体系」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1824-62aad32a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)