ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「このマンガがすごい!2015」、そういえば買ってたので感想とか

「聲の形」このマン1位記念で大今が語る、受賞作以外を担当が語る企画も コミックナタリー


うむ。そういえば買ってたので。ついでにいうと、このミス2015も買ったがまあミステリーはあんまわからないので。

非常に簡単に感想など。
オトコ編一位の聲の形はマガジンで今売れてる奴だったか。連載前から宣伝がすごかった記憶がある。そろそろ終わりそうなんだっけ?終わった?
耳が聞こえない人が主人公のの学園ものだったか。

で、オンナ編一位がちーちゃんはちょっと足りない。昔個別感想書いたが、少年チャンピオンでもやってた空灰の作者のである。
これは「足りない」思春期の女の子を主人公とした作品。一話完結学園もの?本当にすごい、心が抉られる作品である。

両編の一位は、はっきり言ってよく似ている。有体に言ってしまえば、ハンディキャップのある少女の物語である。
学園ものというのは日常モノの大枠で、しかし聲の形は明らかに日常モノではなく、ちーちゃんはちょっと足りないは日常モノを匂わせるが、それが崩壊するのはアンチ日常モノといってもいい。
最近思いついたことなのでよく言っているが、ほんわかとした現実逃避が出来る日常モノ(ラノベ界ではなろう系がその位置になる)と現実・あるいはもっと酷いものに立ち向かったりする、名前はついていないがあえていうなら日常崩壊モノ、という二つの軸が最近のトレンドと考えている。両一位はそういった点で現代的感性を持って、現実社会を反映した結果ともいえるのではないか、と感じた。
もちろん、両方とも良い作品であることは前提だが、一位となると良い作品以上の何かではないと取れない訳だ。

で、まあ普通の日常モノそのものは漫画界ではもうトレンドが過ぎたようで、オトコ編でもオンナ編でも中々厳しい状況を扱う作品が目立つ。
ファンタジーもあるけどね。魔法使いの嫁なんかは読んだことないが、興味深そう。


適当に興味をひかれた作品を探すと、
アナーキー・イン・ザ・JK
先生の白い嘘
蟹に誘われて

あとランキングにはないがそこいらであげられている
ドラゴンヘッド

などか。



全体の流れはあるが、結局個々の作品には関係がない。
2014年も漫画界は前進しつつあるということをこのマン2015は表している。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/12/15(月) 00:34:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ニンテンドーデスクラウド。第七四回動画紹介回 | ホーム | インターネット探訪「レンマ」「ジレンマ」「トリレンマ」「テトラレンマ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1819-56471547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)