ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

十一月に買った本の感想と十二月に買う本の紹介

10月~11月のはこちら

いつもどおり漫画ラノベの新刊感想紹介記事。読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とかあったりするけど気にしないでね。たまに語りたいだけで()付けて紹介したり。
その他でも感想書きたくなったら書くけど基本書かない。基本別に個別感想記事にする。書かない場合のが多いが。買ったのに忘れてて書かないのもあったりするからなあ。

一応新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。たまにアマゾンとか。結構漏れもあるかも。面倒なら記憶で手打ちすることも。
出版社とかも載せてるが、その関係でレーベルと出版社が混在してるのは注意。小説はレーベル、漫画は出版社が多い。
漫画ラノベ以外は基本的に新刊確認してないのでここには書かない。でもラノベの杜に載ってるラノベじゃない小説は書いたり?ラノベの定義は気にしない。ラノベの社は割と広く載せているらしい。ライトノベルの定義論は別の記事で。

私は本の買い方では作者買いが多い。ジャケ買いも試し読み買いも評判買いも広告買いも分野買い資料買いジャンル買い元ネタ買いもするけど。
作家買いでも、最初からその作家を知っているわけでもないしね。

この感想回とは別に感想記事書いてたりもする。覚えてればリンクも張るかも。

アマゾンリンクとかは無いから気になったらググッてね。
ああ、そうそう、ネタバレは余裕であるから。この記事だけじゃなく。

ここまでテンプレ。地味に変わってるけど。ちょくちょく弄る。

ではスタート。
11/4
集英社 NARUTO -ナルト- オフィシャルファンブック秘伝・陣の書 岸本斉史 \767
集英社 僕のヒーローアカデミア(1) 堀越耕平 \432

ナルトの設定資料集。名有りキャラ多いな。マジで。術とか、過去に紹介した奴はその巻で、というのはやや頂けない。その時になって使われ方が変わったのとかあるだろうに。ナルトも設定を売る漫画なのだな、と感じた。
ヒーローアカデミア。個別感想の様なモノを書いてる。昨今のジャンプ漫画ではイチオシの、異能バトル・学園もの。アメコミのヒーローものを意識している辺りや、凄い丁寧な作劇が印象的。そしてキャラデザもそれぞれ素晴らしい。重版が速攻でかかり、もう書店でも品切れではないらしいので買いそびれた人は買おう。


11/7
秋田書店 侵略!イカ娘(18) 安部真弘 \453

もはやベテランじみた貫録さえ出てきているイカ娘。キャラクターをうまく守りながら書いてるよね。ギャグ漫画だが、日常系の要素もあるか。日常系もギャグ漫画と言えばそうだが。


11/10
角川書店 ニンジャスレイヤー(3) ~ラスト・ガール・スタンディング (ニ)~ 余湖裕輝 \626

所謂無印。コミカライズなのに無印というからややっこしいのだが。
とりあえずラスガは終了。無印で特徴的なところは、とにかく印象的というか、コマのかっこよさが凄いよね。バトルが熱く見える。
で、今天狗やってる訳だが、天狗もかっこいいよね。かっこいいシーンでは。


11/12
メテオCOMICS 這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム (5) 逢空万太 星野蒼一朗 616 978-4-593-85794-4
小学館 タケヲちゃん物怪録(7) とよ田みのる \617

ニャル子ちゃんタイム。コミカライズも終了といった具合。原作の感性に上手くあった良コミカライズだった。そういえばニャル子さん、最初設定見たとき、邪神が宇宙人だったという設定はどうかと思ったが、まあ実際クトゥルフ神話的にも宇宙人の一種だったかと思い直している。宇宙人というか驚異の宇宙生物といった趣だが。それも旧支配者のレベルでは、でニャルラトホテップ辺りになるとまた別だが。
タケヲちゃん。これも完結。よくよく考えると、昨今の妖怪創作の中では正面から妖怪を取り扱っているよね。王道というか。そしてその中で伝統的有名妖怪のほとんどを出して、世界観を描き切ったのは素晴らしい。ラスボスが空亡だというのも面白いし。主人公の個性も上手く複雑になって楽しかった。


11/21
ダッシュエックス文庫 六花の勇者5 山形石雄 宮城 691 978-4-08-631008-6
講談社 へうげもの(19) 山田芳裕 \596

六花5。感想書いてる。よくよく考えると矛盾らしきものが出てるよね。テグネウが六花に待機を命じてるところとか。しかしまあ、ファンタジー・ミステリーという困難なジャンルだし仕方がないところだろう。あるいはまだ何かあるのやもしれないし。しかし面白かった。次の巻からだいぶ話が変わってきそう。
へうげ19。織部もこの漫画のおかげでだいぶ人気になったものだ。若いころからの仲間が次々と病没して(もしくは暗殺されて)ゆく様は悲哀を感じる。そして史実では……

11/22
角川書店 ヘルベチカスタンダード絵 あらゐけいいち \842

まあ基本的にはヘルベ地下スタンダードの2巻か。半分以上は作者のイラストレーターとしての仕事が乗っている感じだが、一巻でもそんな感じだったし。ミルククラウン風の王冠とか、シンプルながら不思議な、楽しくなる絵を描くよね。


ここまで感想。
ここから紹介。


12/4
集英社 斉木楠雄のΨ難(11) 麻生周一 ¥432
(集英社 いいよね!米澤先生 地獄のミサワ ¥540 )
集英社 黒子のバスケ(30) 藤巻忠俊 ¥432
集英社 黒子のバスケ 公式ファンブック くろフェス! 藤巻忠俊 ¥788

斉木。色々キャラも増えてきたが、ギャグ漫画というのはどうしてもそういう方法でしかネタ切れを防げないのだよね。新たなギャグ漫画もジャンプに幾つか芽生えて来てるし、何巻まで持つか。
ミサワの。前作は一話完結といった具合だが、今回は一応ストーリーらしきものがある。それに意味があるのかどうかはわからないが、作者の負担は少なくなるか?
黒子30巻。最終巻である。12月のジャンプで何か新展開があるという噂だが。アニメの3期もやるし、何があるやら。
で、またファンブック出すのか黒子。たしかスラムダンクの作者との対談か。バスケ漫画の両雄はどのような思いを抱いているのか。注目。


12/5
講談社 COPPELION(22) 井上智徳 ¥607

原発事故で壊滅した東京で戦う女子高生たちの物語。まあ最近はなんか異能バトルにロボットものが組み合わさってカオスになってるが。物語の帰結はどうなるやら。


12/8
(JUMP j-BOOKS THE LAST ―NARUTO THE MOVIE― 経塚丸雄 原作:岸本斉史 岸本斉史 702 978-4-08-703339-7 )
秋田書店 魔法少女・オブ・ジ・エンド(7) 佐藤健太郎 ¥453
秋田書店 弱虫ペダル(37) 渡辺航 ¥453
秋田書店 弱虫ペダル SPARE BIKE(1) 渡辺航 ¥486

ん、映画のコミカライズとか出るの?わざわざ映画館まで行くの面倒だったしこっちで済ませようかなあ。
オブジエンド7巻。ゾンビものから何か別のものになってる気もするが、まあ面白いので問題は無い。
弱ペダ。なんか、御堂筋もっと活躍せんのかね。一日目のゴール付近になれば変わる?
スピンオフの。あんま覚えてないけど東堂の?よく考えると、東堂、本編作中時間軸では一回も負けてないのな。無駄に強い。


12/9
講談社 南Q阿伝(6) 光永康則 ¥648
講談社 進撃の巨人(15) 諫山創 ¥463
新潮社 軍靴のバルツァー(7) 中島三千恒 ¥596

ナクア伝。シリウスでは終わってたがこれで最終巻?本編の怪物王女より好きだったのだが、まあ仕方がないか。椅子の大いなる種族との決着はついたのだろうか。連載は読んでないので期待。
巨人。えっと、たしかクーデター成功してたっけ。あのおっさんなんか、なんなんだ?名前忘れたけどあのおっさん。連載読んでたらわかるだろうけど、前にエレンの裁判で出てた人だよね?普通に異常人物じゃねーか。
バルツァー。戦争編が終わり、政治編みたいな?イマイチ状況は追えてないが、どうなるやら。その時代の豆知識が面白い。


12/10
電撃文庫 ソードアート・オンライン プログレッシブ3 川原礫 abec 616 978-4-04-869096-6
電撃文庫 ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン I ―スクワッド・ジャム― 時雨沢恵一 監修:川原礫 黒星紅白 637 978-4-04-869094-2
秋田書店 死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々(1) 阿部共実 ¥648
秋田書店 おかえりなさいサナギさん(1) 施川ユウキ ¥648
(角川書店 東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(3) フィギュア付き限定版 春河もえ ¥2,484 )

SAOプログレッシブ。よくわからんけど10層までやるのかな?何巻で終わるんだろう。アリシゼーション編のが早く読みたいが、こっちもまあ面白い。しかし本編一巻のキリトとアスナ、これとか読むと相当おかしいぞ。パラレルワールド説も持ち出したくはなる。
で、なんか時雨沢先生によるSAOスピンオフ。ガンマニアだからね。こういう場合、本の背の色はどうなるんだろう。青紫?赤紫?2chの時雨沢スレで聞いたら青紫だろうという話だったが。こういうのは本棚に入れる時に重大な問題になる。
あべとも先生の。たしかWEB漫画誌のタップでやってたのか。まあ基本空灰とあんま変わらない感じという印象だが、タップあんま読んでないからなあ。期待。
サナギさんの。続編。施川先生の代表作はこれということになったのか。個人的には森のテグーのが好きかなあ。ギャグと闇のバランスが。ツモっ子どうぶつの森もクソで好きだが。鬱ごはんもアンチグルメ漫画とまで言える出来栄えで大好きだし。まあサナギさんもだいぶ好きだけどね。
鈴奈庵。ゲ、クッソ高い特装版が先に出るパターンか。やめてくれよそういうの。待てねえから買っちまうだろうが。この巻で優曇華とかもう出るっけ。たぶん記事は書くかなあ。


12/19
集英社 パープル式部(1) フォビドゥン澁川 ¥555
集英社 パープル式部 読切集 花の巻 フォビドゥン澁川 ¥555
(集英社 干物妹!うまるちゃん(4) サンカクヘッド ¥555 )

パープル式部。ヤンジャンで連載ということになったんだよね。最近(というかカギュー終わってから)ヤンジャン読んでねーけどこれは好き。
読み切り時代のもあるのか。つーか読み切りで何話描いたんだ。
うまるちゃん。結構好きではある。しかし最近どうなんだろう。ヤンジャン読んでねえからわからん。


12/22
講談社 大砲とスタンプ(4) 速水螺旋人 ¥617

おお、ようやく4巻が出るか。イマイチいつの戦争(第一次なのか第二次なのかそれより前、後?)なのかわからない世界だが、裏方の話という面白さがある。一々出てくる謎兵器やら軍隊あるある、兵站の話と読んでて飽きない。ストーリーもあるにはあるし、隙が無い。


12/24
エンターブレイン シンリャクモノデ(3) 竹本泉 ¥778

ん、3巻出るのか。侵略というテーマ縛りの一話完結読み切りもの。侵略という大変な話なのに作者の感覚でほのぼのとした、あるいは不思議な感覚で読める。聖林檎楽園学園モノないかなぁ。


12/25
メディアワークス文庫 ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~ 三上延 616 978-4-04-869189-5
角川書店 ウメハラ FIGHTING GAMERS! 西出ケンゴロー ¥626
(角川書店 東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(3) 春河もえ ¥842)

ビブリア。6巻じゃ何の本やるんだろう。知ってる本だと良いが、知らない本でも勉強になる。
ウメハラの。どういう話やるんだろう。伝説のゲーマー。
鈴奈庵。通常版だとこんな遅くなるのか。どうしたものやら。


12/26
(小学館 七帝柔道記(1) 一丸 ¥596 )
小学館 とめはねっ! 鈴里高校書道部(13) 河合克敏 ¥596

ああ、これ七帝柔道、このブログでいつだったか紹介した記憶があったが、別に紹介してなかった。寝技中心の旧帝国大学で行われる柔道。こういうのは面白そう。
とめはねも出るのか。書道薀蓄漫画としてよく出来ている。篆書とか結構好き。前衛書道もまあ楽しいが、解説がないとわからん。

12/27
一迅社 東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit.(5) あずまあや ¥864
集英社 暗殺教室(12) 松井優征 ¥432

お、茨歌仙も出るのか。茨歌仙は個別記事を書く。華仙自身の謎は作中で明らかにされる時が来るのか。何巻で終わるのかな?何巻でも続けられる限りやる雰囲気もなくはないが。
暗殺。年末年始はこういうイレギュラーな発売日多いよね。コロせんせー、実際に地球潰す気、なさそうだよね。



こんなところか。流石年末、12月は豊作も豊作である。
このマン2015もあるから大量に買ってしまいそう。このラノ2015でまだ買いたくなったけど買ってないのもあるし。
今月も記事数少ないなあ。まだ日数あるけど。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/11/29(土) 03:20:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<「絶深海のソラリス」読んだので感想 | ホーム | 「デスニードラウンド」全三巻、読んだので感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1805-6b607115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)