ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

感情の世紀。第七一回動画紹介回

20世紀はまさしく感情の世紀だったと言えるだろう。
ならば21世紀は論理の世紀にしたい。

我ながら何を言っているのかわからんな。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。


ナルトスまとめ【完成版】

テキストリンク
うむ。ナルトス。
よくふたばネタでは~スとかつくけど、それは虹覧のカタログではタイトルの最初の四文字しか表示せず、ナルトスレと書くとナルトスになったりするのが原因である。ふたばあんま見ない人にはわからんよね。
しかし卑劣様多いな。みんな好きだよね。私も好きだ。
ネタ扱いされてたらほんとにネタレベルのキャラだったというか……


あー、今回一動画。まあナルトス面白いし割と長いからいいか。


2014年度週刊少年ジャンプ52号感想。次から2015年度?

E-ROBOT
新連載。エロで世界を救うというコンセプトのコメディ、まあまあ面白く読める。ギャグ漫画というのは描く方頭使うけど、色々考えられているように感じる。
しかし、絵が、全然エロくない。今からでも遅くないからその辺のエロ漫画描き飛っ捕まえて来て作画にさせたら?と思った。まあそうするとジャンプじゃダメなのかしらんが。
ギャグ漫画とストーリー漫画で作者の頭使うところ違うよね。いや知らんが。

暗殺
死神は誰なら殺せるんだ。まあ殺しちゃコメディできないのか。

ワンピ
ロー、凄い目立ってるけど死にゃあしないよね。つーか現実的に考えると死ぬ傷何個も負ってるよな、ワンピじゃあこのぐらいでは死なんが。
個人的には寝ると強くなるイケメンさんが気になる。ふつーに寝てなくてもアイツ強いよねふつーに。

卓上のアゲハ
とりあえず物語の筋が決定。で、キセキメソッド。最初に作品として戦うべき敵を決めるのは良い。ローゼンメイデンで7人の名前が出たのも同じ手法。しかし12人とは。これ途中で打ち切られたら恥だぞ。
卓球は中国が無駄に強いらしいけどなんでだろう。中国のスポーツエリート教育が卓球に合致してるのかな?サッカーは弱いがその辺も?

ソーマ
鮮度鮮度と言い募るのも確かに良いが、熟成もアリだわな。目利きができないならば逆の発想。
で、何漬け?

ヒーローアカデミア
ヴィラン襲来編終了、でいいのかな?相変わらず素晴らしい。
まあ確かに、ヴィランがやや呆気ないという感もあるが、まあそれはオールマイトが頑張った結果だし、オールマイトには頼れなくなってくる。ネウロみたく弱くなっていく主人公(主人公じゃないが)だからね。
そのオールマイトがハッタリで敵を追い払おうとか時間稼ぎをしようとかして、最終的に主人公が介入してギリギリ毎に合う。しかし、オールマイトの無茶の代償は、言うまでもなく能力バレ。この状況でトゥルーフォームは、少なくとも轟達には見られるだろうし、お茶子辺りも見てるかも?クラス中にはオールマイト、平和の象徴の揺るぎ無さが崩壊した。
世間バレはしない?それは次週しだいだろうが、オールマイトの弱体化はヴィランの活性化につながる。ここいらで展開が絞られるか?
ヴィラン達もまだまだいるようだ。シガラキ達にまた会うこともあるだろう。シガラキはまだ何か隠してそう。
オールマイトが生きていることで、日常回を、学園モノのノリでまだかける。結局ヴィラン襲来編でもクラスメイト全員にはスポットライトが当たらなかったし、まだまだ丁寧に紹介していくつもりか。
学園もの、一学年2クラス制だし、ヒーロー科以外にもあるし、先輩だっているだろう。そして今回出てきた教師たちも。ここからどういう物語になってくるのか。ヴィラン襲来編まででやっとチュートリアル終了という感もある。ここから長い連載は始まってゆくか。今後に期待したい。

ニセコイ
夜、良いキャラだな。

トリコ
ああ、金玉だから、二個あるからペアと?まあ内臓なんて大体二個あるが。
まあ白子みたいなもんか。いちいち気にする話ではない。
天然モノのサンドリア、あの大きさで鉢植えのアレと同じ形というのも気になる話。そういやあれ、食えないの?

斉木
まあ、時間なんか移動してなにかが大丈夫なわけはないわな。

磯部
バックスピンを足で止めるあたり好き。

ブリーチ
おお、また男の娘?ほんと久保先生は。
ひよりも結構好きなキャラなので期待。平子なにしてるん?
で、まあ死神総出で守りに行くと?数は力。
ハゲ坊主、つえーなあ。某老害並の強さ?

スポーティングソルト
太陽のキチガイっぷりは個人的に好き。対抗馬のデブに入れたとかいう辺りとか。
クズが出る作品は好きなのだ。
あと、こんな悠長に書いて大丈夫なのかとかそういう意見も目につくが、既に詰んでいるので特に問題は無い。


こんなところでいいや。
ヒーローアカデミアにブリーチ、トリコに磯部なんかが面白かったし、総合評価は中の上としておこう。
新連載は前回よりも目がある?まあ前回分だってまだわからない?
スポンサーサイト
  1. 2014/11/24(月) 00:41:35|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今更だが「とある飛空士への誓約」第6巻感想 | ホーム | 六花の勇者5巻 感想と考察>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1801-bf0719ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)