ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「ゲーマーゲート」問題について少しまとめて、考える

Access Accepted第440回:北米ゲーム業界を揺るがす“ゲーマーゲート”問題 4Gamer.net
「ゲーマーゲート」の騒動はどこまで広がるのか The Huffington Post Japan
ゲーマーゲートの件 はてな匿名ダイアリー


嫌儲にスレが建ってて、なんか凄そうなことになってるようなので。
GamerGateと言う名はかの有名なウォーターゲート事件に掛けたもの、えっと、アレだよ、なんかアメリカのどっちかの政党がもう一個の政党のビルに盗聴器仕掛けたアレ、たぶんググったら出るアレ、である。
つまり、それほどに大事なスキャンダル事件という意味合いを持たせているが、事件自体よりもそれに対する馬鹿騒ぎで大騒動になってる、という具合である。

正直なところ、私は英語のソースとか実際どうなってるか状況を見ておらず、ただ嫌儲のスレや冒頭リンクのニュース記事なんかを読んだくらいで、多くを知る訳ではない。ただ、「この事件」に対する意見を書きたかったから記事を書いてる訳だが、一応概略の説明ぐらい書いておこう。
勘違いとか足りない情報を想像で補ってたりしても勘弁ね。詳しく知りたいなら、冒頭のリンクを見る、あるいは自分で英語のソースとか見て調べてほしい。
ちなみに嫌儲のスレ。転載は禁止らしいのでリンクだけ。まあクソみたいなことや的外れなことばかり書かれてる感もあるが。

できるだけ中立視点で書くつもりだが、私はネットの匿名コミュニティに深い思い入れがある人間なので、そちらに寄るやもしれない。

発端は4chan(英語圏のふたばみたいな)、およびTwitter。GamerGateは所謂ネット上の「祭り」の一種である。
論点はビデオゲームにおけるフェミニズム、及びゲームメディアへの不信。

経緯
ある女性ゲームデザイナーに対する醜聞が発端。有名ゲームブログKotakuのジャーナリストと関係を持ち、そのゲームデザイナーの作ったゲームをKotakuで取り上げたとかそういう話。本当かどうかは知らない。
これでSNS乗っ取られたり住所晒されたりと、なんJのアレみたいなことに。

その騒ぎの渦中、ある女性フェミニストの動画シリーズでビデオゲームにおける女性キャラクターの描かれ方に対する批判動画があり、上記のゲームデザイナーを叩いていた人々がそのフェミニストを叩きはじめる。

そんなこんなやってる内に、GameJournoPros、ゲームジャーナリストのメールグループ(トップジャーナリストが多数在籍しており影響力大)が今後のトレンドなどを操作、またゲームジャーナリストからプロになっても在籍している人もいるのでマッチポンプも可能なのでは、という批判が出る。

これらを持って、ゲームにおける性差別、ゲームメディアの腐敗の議論が大規模化して延々と「祭り」となり、ハッキングやらなんやらで被害続出といった具合だ。



どっちが正しいどっちが間違っているという話はしない。
ゲーム業界にいる女性を排斥するというのは明らかに馬鹿馬鹿しいし、ハッキングも犯罪だ。しかしまあこれはただの「祭り」であり、やってる本人たちは必死でも議論において重要な話ではない。現実問題として重要だとしても、だ。

この事件の本質は二つ、正論がどれだけ幅を利かせるか、ジャーナリズムの欺瞞に対する反応、である。と、私は思う。
女性差別はダメ、正論も正論で、これに対して真っ向から否定することは難しい。しかし、だが、だからこそそれがいつも正しいとは限らないと主張することに意味がある。4chanやツイッター、匿名ネットはそれが出来る。
ゲーム内で、女性がか弱い姫であって何の問題があるのか?あからさまに都合の良い女であって何の問題があるのか?そういうゲームは男性が買うモノ、ないしそういう要素は男性を釣る要素であって、女性は逆のゲームを作り、買えばいい話である。それでビジネスが成り立たないなら同人やフリーゲームにすればいい話である。ゲームが現実に影響を与える云々が馬鹿馬鹿しいのは言うまでもない。
ハリウッド映画で白人のみじゃなくて黒人やアジア人種も不自然に出てくるのが不自然なのと同じこと。それをゲームに持ってくる悲劇は避けたい。

で、ジャーナリズムの欺瞞。これは、いつでも疑いをもたれており、ネットが発展するに伴って大規模化している感がある。
情報は力である。第4の権力はマスコミである。それがインチキをやるというのはまさしくウォーターゲートならぬゲーマーゲートだという話である。一番重要な問題はこれだということ。
実際、インチキをやっているかどうかは定かではない(生きているからにはインチキをしているとか太宰治が書いていたか)。しかし、それだけ不信感が広がっているというのには留意しなければならない。
権力というのは常に腐敗してゆくものだ。足が早いからといってすぐに取り換えるわけにもいかないのが食べ物なんかとの違いだが。


4chan、twitterといった海外のネット匿名コミュニティ(あるいはそうなりうるそれ)でそういう問題で「祭り」となったのは起こるべくして起こったことだという印象がある。
つまりは、反動なんだよね。ネットなら、直接殴りに行くよりも安全に相手を攻撃できる。攻撃するのは良くないにしろ、公の場では話すこと自体がタブーで、しかし重要な問題も大きい。
この問題がどうなるかは私にはわからないが、コミュニティの住民の考えはわかりやすい。不満があるから攻撃する。攻撃も問題だが、その不満にも目を向けねばならない。そう感じた。
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2014/11/13(木) 00:34:44|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Wikipedia探訪「巻き寿司」 | ホーム | デジゲー博2014の同人シューティングゲームキャラバンという企画に上海アリス幻樂団が出る件について>>

コメント

No title

発端は夏あたりでしたっけ。

>>女性差別はダメ、正論も正論で、これに対して真っ向から否定することは難しい。しかし、だが、だからこそそれがいつも正しいとは限らないと主張することに意味がある。4chanやツイッター、匿名ネットはそれが出来る。

こういう問題の多くで「ゲームが面白かったら良いじゃないか」とか「評価を気にしなければ良い」みたいな、客観的立場(笑)から物事を話す輩が一番嫌いですね。いつでもそれが正しいとは限らないことを主張できる、正悪乱れて議論がされる「匿名」は、言うとおり希少で価値あるものだと思います。

あんまりゲーマーゲート問題自体に触れないで書いてしまいましたが、一番の問題点って確かに>>ジャーナリストのインチキですよね。女性差別は、まぁ中心に近い話題ではあるんでしょうけど、この嫌儲のスレタイもどうかと。そうやって煽るのはアフィカスの得意分野でしょうに。
  1. 2014/11/13(木) 20:34:50 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 発端は夏あたりでしたっけ。

ちょっと前なんですね。夏あたりから続くとなると中々長引いてる感じですかね。

> >>女性差別はダメ、正論も正論で、これに対して真っ向から否定することは難しい。しかし、だが、だからこそそれがいつも正しいとは限らないと主張することに意味がある。4chanやツイッター、匿名ネットはそれが出来る。
>
> こういう問題の多くで「ゲームが面白かったら良いじゃないか」とか「評価を気にしなければ良い」みたいな、客観的立場(笑)から物事を話す輩が一番嫌いですね。いつでもそれが正しいとは限らないことを主張できる、正悪乱れて議論がされる「匿名」は、言うとおり希少で価値あるものだと思います。

ゲーム自体が面白いことはゲーム自体にとっては良いことですが、それとステマやらなんやらは別問題ですよね。
単純にまとめてしまうことはわかりやすいがゆえに話として通りやすいですが、現実は往々にして複雑です。わかりやすさを欺瞞に使う人もよくいます。
その意味で、匿名の場では純粋な議論がしやすいところがあります。まあ、ステマやネガキャンといった工作を排除できれば、の話ではあるのですが。
なんにせよ、議論すること自体がタブーな話題を持ち出せるという時点でそれなりの価値があると思うのです。

> あんまりゲーマーゲート問題自体に触れないで書いてしまいましたが、一番の問題点って確かに>>ジャーナリストのインチキですよね。女性差別は、まぁ中心に近い話題ではあるんでしょうけど、この嫌儲のスレタイもどうかと。そうやって煽るのはアフィカスの得意分野でしょうに。

嫌儲のスレタイも最近週刊誌の煽りみたいなのというか、完全にわざと間違えてるようなのも増えてきましたね。どういう意図があるのか知りませんが、スレタイでスレの内容が決まると言っても過言ではないので、もうちょい正確というか誠実なスレタイがいいですね。そうしたらスレが伸びないのやもしれませんが、どうせ嫌儲ですし。
SC経由とかでいまだに転載するアフィサイトとかあるんですかね。まああるんでしょうけど、未だにそういうのに足を引っ張られてるのでしょうか。

嫌儲のスレで女性云々の偏見が語られていますが、まあこれも全く完全に理の無い話ではなく、男女とかそういう狭い範囲の話ではなく、コミュニティに目的の違う人が入ると歪むというのは確かにそうです。
ニュースを議論するコミュニティの中にそれで金儲けしたい人が入ると、おかしくなります。それが嫌儲板ならばなおさらということですね。
とはいえ、コミュニティのすべての人の目的を完全に同じにするというのも無茶な話で、難しい話です。
  1. 2014/11/13(木) 22:32:22 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1793-f425813b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)