ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

スカーレット姉妹のオリジンを考える

東方Wiki - 東方スレ的キャラ紹介
幻想情報局 -イザヨイネット-

ツイッターで、このブログのリンクにも張ってるCreate und Consumeのyunonoteさんがこんなツイートをしてた。



なかなか興味深い発想である。
確かに、妖怪の姉妹となると、どういう意味での姉妹なのかという問題が出てくる。東方には結構姉妹キャラも出てくるわけだが。

九十九姉妹は付喪神なので、道具が妖怪化して生まれたもの、血の繋がりも何もあるわけがない。よって義理の姉妹というのは当然と言えばそうなのやもしれぬ。
秋姉妹は、まあ神なので、神の系譜があるのだろう。古事記とか見ればそういうのあるし。生殖によって生まれたのでないにしろ親がいるのだろう。
プリズムリバー姉妹なんかは姉妹によって作られた騒霊の姉妹という感じだったか。イザヨイネット参照。
古明地姉妹は謎に満ちている。さとりという妖怪にそういう設定はない。生殖で生まれるのやもしれないし、もっとなんか発生の秘密があるのかもしれぬ。

で、スカーレット姉妹。レミリアとフランドール。よくよく考えていくと興味深い。

まず明示された設定は無い。ツェペシュの末裔と名乗っているが血の繋がりは無いというぐらいか。

通常、吸血鬼の繁殖というか増え方は吸血である。そりゃ古典というか原点、伝承を追えば死者の復活だから色々あるんだが。死んだ私生児が成るとかそういう話も。吸血鬼によって殺された人間が吸血鬼になるというのは吸血で吸血になるというのと同じ話だろう。
という訳で、吸血鬼が子供を産んで姉妹というのはナンセンスである。実体のない死体のようなモンスターだもんね。
一応、吸血によって増えるという説を採用するとじゃあ最初の吸血鬼はどうやって生まれたんだという話になって色々面白い話になったりするが、まあここでは関係ないものとする。そんなんいうたら他の怪物共も最初はどうやって生まれたんだという進化論的な説明が必要になってくる気も。まあそれはそれぞれの創作作品に任せよう。

スカーレット姉妹は他の吸血鬼によって吸血されることで吸血鬼になったとする。
では姉妹とはどういうことなのか。

まず一つ、同じ吸血鬼によって吸血されたから姉妹だという話。
やや九十九姉妹の話に似てるが、なんというか穴兄弟に棒姉妹的な馬鹿馬鹿しさも感じる。

もう一つは、こちらが本命だが人間の姉妹が吸血となったという線。
これはあり得そうな雰囲気だが、そこで気付くことがある。スカーレット姉妹、というか紅魔郷勢の過去についてほとんど公式で語られていないということに。
そう考えると、レミリアとフランが5歳差というのがやや不自然にも感じるが……?

東方のキャラクターは、例えば原作ゲーム内では陽気で暗いところがないようにふるまっていてコミカルだったりするが、おまけtxtや書籍などの過去の設定を見ると中々シリアスな設定があったりもする。
東方のゲーム内では人死にや人食いの話、少なくとも直接的な描写は出てこないが、妖怪は人食いの設定である。
それらの設定が東方の世界観の奥深さを作っており、こうした過去を二次創作で再現というか、描いた同人も少なくない。

スカーレット姉妹が吸血鬼になったのはどういう状況なのか。どういうストーリーがあったのか。
これをアメコミのオリジンとして考えていくと面白いかもしれない。


という訳でパッと考えてみた。


500年ほど前の東ヨーロッパ、レミリアとフランは修道女として生きていた。7歳の差がある姉妹である。
レミリアは修道女でありながら信仰を持たず退屈な生活に飽き飽きしていたが、フランは敬虔な修道女として生きていた。そんな中でもレミリアはフランに優しく接し、フランもレミリアを慕っていた。
ある日の夜、ツェペシュと名乗る吸血鬼にレミリアが攫われる。
その後フランは孤独の中、ただレミリアが戻ってくるように願いながら信仰を捧げて暮らす。
五年後の夜、レミリアが帰ってくる。吸血鬼として。
五年前から変わらず、成長もしていない容姿、ただ目が赤く、牙は生えている。レミリアは吸血鬼の貴族として生まれ変わったのだ。
レミリアは妹と共に永遠の生を生きようと迎えに来た。しかし冒涜的な怪物となった姉をフランは拒む。
レミリアは強引に妹に吸血し、吸血鬼とする。
吸血鬼にとって吸血とは性行為に他ならない。レミリアにとってはただ永遠に一緒に過ごすための処置であったにせよ、フランにとっては強姦であり、近親相姦であり、怪物との異種姦に他ならなかった。
敬虔な修道女であるフランは三つの禁忌により精神が崩壊。全てを破壊する力を得、修道院を破壊。
レミリアは自らの屋敷、後の紅魔館に匿われた。その不憫な妹の運命を変えたい一心で運命を操る能力を得たが、フランには通じず。
仕方なくレミリアは館の地下にフランを閉じ込め、人間を加工した食事を送り届けてさせて隔離した。
フランのその狂気は紅魔館が幻想郷に移り、一人の人間と闘い敗けるまで、「495年の波紋」として残った。Q.E.D.。
どうだろう。ここから細部を詰め、膨らませれば同人誌の一冊ぐらいは書けそうだ。

自分で書いててなんだが、あんまりにもスラスラ出てきたので他の人が同じようなの書いてるやもしれぬ。
謎の深いスカーレット姉妹の過去としてあるべき可能性を一つ探った形だ。
もちろん、他にも可能性はあり、それを探っていくのも面白い。



原作で書かれていない部分を補完する。
それは二次創作として重要な役割である。というよりもあるいは二次創作の根源とまで言っていいかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/10/06(月) 00:36:10|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<侮辱論。第六四回動画紹介回 | ホーム | スマブラ for 3DS、「フィールドスマッシュ」モードの攻略みたいな>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1764-eabd8803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)