ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

スマブラfor3DS、ある程度やったので感想とか書く

公式

感想は書きたくなった時に書くのが信条、というほどでもないが、まあ最速で書いてもしゃあないし、やりこんで書くとか遅すぎて需要無いしね。
まあみんな感想書いてるからアレだけど、私の目線から見たものを書くことにも意味があるだろう。

ああ、もちろん余裕でネタバレしまくるので注意。言うまでもないが。


スマブラ3DS。正確に書くと「大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS」か。長い。
初代スマブラ、DX、Xの次で4作目という計算。forとfour、4を掛けている。

話によると、一般的知名度は初代が一番上、格ゲー的知名度はDX、ボリュームではXという感じらしいが、スマブラ3DSは中々それらのちょうどいいところに位置するのではないか、と感じた。


まずキャラからいこう。なんだかんだ言ってキャラゲーだし
キャラ数は48+Mii3種類のまあ51種類みたいなもの。コンパチキャラもいたりMiiは実質無限種類みたいなもんだとかそういう難癖も付けられるが、なんにせよ中々の数がいる。

ではその内訳を見ていこう。
マリオ・ワリオ・ドンキー系11キャラ
マリオ、ルイージ、ピーチ、クッパ、ヨッシー、ロゼッタ、クッパJr、ドクターマリオ
ワリオ
ドンキー、ディディー

ゼルダ系5キャラ
リンク、ゼルダ、シーク、ガノン、トゥーンリンク

メトロイド系2キャラ
サムス、ゼロスーツサムス

パルテナ系3キャラ
ピット、パルテナ、ブラックピット

ファイヤーエムブレム系4キャラ
マルス、アイク、リフレ、ルキナ

カービィ系3キャラ
カービィ、デデデ、メタナイト

スターフォックス系2キャラ
フォックス、ファルコ

ポケモン系5キャラ
ピカチュウ、リザードン、ルカリオ、プリン、ゲッコウガ

ゲスト3キャラ
パックマン、ロックマン、ソニック

その他10キャラ+Mii3種
ゲムヲ、リトルマック、ダックハント、ロボット、ネス、ファルコン、むらびと、オリマー、Wii Fit トレーナー、シェルク、Mii


すがすがしいまでの偏り具合。まあ任天堂の商品だしね。キャラ選抜に売り上げを重視していることが感じられる。
マリオ系が多い。流石といったところ。ワリオなんかは独立してるしドンキーも実際スーパードンキーコングシリーズのだからまた話が違うよね。
で、ゼルダにポケモンがほぼ同等?まあゼルダはゼルダとシーク分けたのとやることがリンクとコンパチなトゥーンいるからまたあれだが。ガノンもファルコンのコンパチから抜け出せていない。その割にまあ、プレイ感覚はすげえ違うというかガノンクッソ遅くてアレなんだが。

で、任天堂の主力シリーズが2~3キャラ?
格闘に向いてないのとか過去の名作、最近の作品なんかは1キャラみたいな?ゲストはゲストとして。

こうしてみるとファイヤーエムブレム微妙に多いな。まあ人型だし作りやすいのだろうか?まあコンパチあるし?海外ではもっと人気なんだっけ?


個人的に出してほしかったキャラとしてジョイメカファイトのスカポンとかあるが、FC末期だしあんま売れてないからダメだって話だったのだろう。
任天堂格闘ゲームの黎明期だから歴史的な意味合いがあるし、実際作るの簡単そうな雰囲気があるしで期待していたのだが。
というかストーリーがロックマンあたりと酷似してた辺りに問題が?

そういう過去の名作枠ではリトルマックがいるが、非常にいいキャラである。対戦でのバランスはともかく。
地上戦ではクッソ強く、空中戦ではクッソ雑魚。まあボクサーならそんなものかともおもえる。
一々技が重く、あまりダメージはいってない状態からでもバースト、場外に飛ばしてしまう。
しかしリトルマック側も復帰力がクソなのですぐやられる。

強いと言えば重量級、重いキャラが全般的に強くなっている傾向があるという。
クッパなんかその極北で、ダメージあまり溜まっていなければスーパーアーマーなんかついてやがる。リザードンなんかもフレアドライブなど色々強くなっている。ガノンもまあましにはなってるがまあ、ガノンは一番弱いのでは?
逆にXで強かったとされるメタナイトなどは弱体化されている。

結局のところ、キャラバランスはこのキャラ数にしては良好な方ではないか?
クッパが強いとは聞くが、あとの意見はまちまちだ。新キャラのダックハントなども面白いがテクニカルに過ぎる感がある。

空中攻撃は全体的に弱くなっているか。空中攻撃主体だったキャラは弱体化?Mr.ゲーム&ウォッチなど。まあ私は使うが。


ステージを見て行くと、状態が変わりゆくステージが多いのがやや気になるか。まあ対戦アクションゲームと考えると自然か?
個人的には「野原」でコイン百枚集めると金色になって一定時間スーパーアーマー付くのが良かった。
あとプププランドステージもGBだったりして、あの黄緑色の液晶が懐かしいし好きだ。
対戦では戦場もいいが、パンチアウトの特設リングも嫌いじゃない。おとなしいやくものも適度にあるし。マジカントは、なんか普通にフライングマンにぶっ飛ばされるんだが……
他にも面白いのはある。終点ゲーもいいが、やはり色々な場所で時と場合に応じて戦うのが好きだ。終点化もできるしね。終点化でまた違ったステージの感じになるのもあって面白い。コトブキランドとか。

一人用モードでは、シンプルは、まあマスターハンド&クレイジーハンドとかクソ雑魚すぎるんだが、本気度を上げるとマスターコアになるわけだがそいつは強すぎて泣ける。キャラの改造みたいなのでなんとかしたりもできるけどね。
本気度で金かけたら上の絵が変わっていくのが結構好き。

オールスターは年代順。出てくるキャラにステージが固定なのでやりやすいと言えばそうだが普通にキャラ数多いので大変。

競技場では組手は相変わらず普通に面白い。情け無用が情け無用すぎる。
スマッシュボンバーはよくわからん。ちょうどいいところで打てばいいのだろうか。
ホームランコンテストも私の流儀ではないが、まあ嫌いじゃない。いつも通りの面白さ?

あとまあ、フィギュアラッシュとかあるが、面白いと言えば面白いか。ゲーム内コイン掛けなきゃなのが面倒だが。

フィールドスマッシュ。前作の一人用モードの亜空の使者の敵キャラバンバン出る感じなのをカービィのエアライドのシティトライアルに融合させた感じか。
キャラがどんどん強くなっていくのは面白いが、やっぱ亜空っぽく敵にリンチされるのはだるいところもあるか。
色々と、面白い点と残念な点が見受けられる。調整不足の感が否めない。あと体力制乱闘とか普通にできるようにしてくれてもいいのに。
シンプルさを追い求めた結果不便になってる部分があるというか。


対戦の方だが、文句なく面白い。
インターネットで何回か対戦したがエンジョイ対戦もガチ対戦もそれぞれのいいところがある。
私は基本漁夫の利を狙うせせこましい戦略をとるが、ガチ1on1だと相手との読み合いが重要になってくる。
やってれば有利な選択肢というのが少ないのがゲーム性を高めている?
まあ、言うほどうまくないのでこの辺はもっとうまい人に聞いていただきたい。

音楽なんかはまあいい音楽聞いていい音楽だと言えるほどの耳もないが、フラットゾーン2の曲なんかが好きだ。非常に楽しく聞ける。



総評としては、完成度の高い、買う価値のあるゲームとして仕上がっているというところ。不満点を出そうと思えば出せるが、それは個人的なものにとどまるか。
一人プレイでも中々面白いが、このゲームの真価はやはり対戦。環境を整えてプレイしたい。
小ネタもいろいろ多くてそういう研究も出来る。ルイージの7Pカラーだかは昔の映画の服だとかなんとか。
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2014/09/17(水) 23:56:50|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014年秋アニメのPV集動画を見ていく | ホーム | 「第8回 みんなで決めるゲーム音楽ベスト100」結果が開票されたようなので見て行く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1751-66c7ca40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)