ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

【将棋】2014年9月4日現在の将棋プロ棋士のレーティングを見る

棋士ランキング
羽生善治

2ちゃんねる将棋板第62期王座戦 Part13より引用

400 名前:名無し名人[sage] 投稿日:2014/09/04(木) 21:37:22.19 ID:auhDgKC4
①羽生四冠 2005 llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
②郷田九段 1848 lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
③佐藤九段 1847 lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
④豊島七段 1841 llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑤渡辺二冠 1829 lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑥丸山九段 1819 lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑦広瀬八段 1817 lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑧森内竜王 1812 lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑨菅井五段 1794 llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑩天彦七段 1793 llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑪深浦九段 1792 llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑫行方八段 1790 llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑬糸谷六段 1787 lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑭木村八段 1766 lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑮久保九段 1752 llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑯山崎八段 1745 lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑰屋敷九段 1738 lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑱三浦九段 1736 lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑲松尾七段 1734 llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
⑳稲葉七段 1728 lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

うむ……
なんか王座戦でまた羽生四冠が(挑戦者の豊島七段に)勝ってレーティング2005とのこと。

まあこのレーティングも非公式なもので、実際低い人が引退して新しい棋士が1500で入ってくる関係上徐々に増えていくものではあるが、やはり突出しているのがよくわかる。
というか羽生さん今年好調みたいね。良く考えるといつも好調というかいつも強すぎるというか。

郷田九段や佐藤九段、森内竜王といったいわゆる羽生世代もいまだに凄い強い。
丸山九段や深浦九段などの羽生近隣世代も強い。同じ時代に切磋琢磨して実力を挙げているからだろうか。結構年くってるはずなのにまだ衰えない。40ちょいだっけ?
20年前は20代が棋士として最盛期。10年前は30代が、今は40代がそうだと言われているが、羽生世代が強いだけの気もする。しかしまあ実際そろそろ衰えてきてもいいはずなのだが。

豊島七段は若手のエースである。渡辺二冠はもう若手とはいいにくくなってるよね。
まあなんだかんだ言ってレーティングを見ると、若手も入ってきている。しかしどうにも羽生世代の壁に阻まれる。
渡辺二冠が時代交代させると言われてきたが、最近は必ずしも好調とはいいがたい。


結果として、20年以上、プロ将棋界は羽生世代が主人公となって動かしている。特に羽生四冠。
いずれは時代交代の時が来る、そのはずなのに、また羽生四冠はそれ以上に勝っている。



やはり別格だということだろう。羽生四冠はMr.将棋といっていいほどのキャラクターとなってしまった。
将棋界を語るうえで避けては通れない存在。あまりに勝ちすぎている、それだけである。
棋界が勝負の世界そのものであるということ。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/09/05(金) 00:02:20|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Wikipedia探訪「地底の足音」 | ホーム | 東方キャラがMTGする動画「東方永劫譚」が面白かったので紹介する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1741-f6fd3d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)