ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方キャラがMTGする動画「東方永劫譚」が面白かったので紹介する

東方永劫譚とは (トウホウエイゴウタンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
ある敗北者のMTG考 - ブロマガ

東方MTGとは (トウホウマジックザギャザリングとは) [単語記事] - ニコニコ大百科


【MTG】東方永劫譚、第一話・魔理沙VS幽香【レガシー】

テキストリンク


MTG。マジック・ザ・ギャザリング。世界最古にして最大のトレーディングカードゲーム。遊戯王のアレのご先祖というか元ネタとも言える。
MTGに特徴的なのは、その長い歴史により時代別とかで違ったフォーマットでゲームが行えるとかその辺だろうか。いうて対してTCG全般・一般について知らないが。

世界観のストーリーやTCGとしての完成度、バランス、その中で養われた文化。
そういったモノは他のものに波及していく。

MTGを東方に合わせたのが東方MTG。いやそのままであるが、二つの作品のファンは、東方キャラを使ってMTGを紹介したり、東方キャラでMTGのオリカを作ってみたり、MTGのキャラと東方のキャラでストーリー作ってみたり、あるいはMTGのキャラでMTGをさせてみたり、ということをする。

今回紹介する「東方永劫譚」という動画シリーズは、東方キャラによるMTGのデュエル動画である。
現在ではどうやら更新終了となったようだがわりかし最近まで動画は作成されていたようだ。


東方永劫譚では、MTGのゲームに、東方キャラの反応やらなんやらを付けているわけだ。
パワーポイントで作られているらしいが、非常に丁寧な作りという印象が強い。
プレイングの細かな点から解説、台詞回しも東方原作っぽい雰囲気もあるし、生粋のMTGプレイヤーが作ったのだな、という情熱を感じさせる。
東方キャラたちの個性も出て、まさにそのキャラがプレイしている、幻想郷の中でのMTGゲームだ、そう感じさせる一品であり、MTGの架空デュエル動画としても一級品である。そりゃ現実より劇的すぎるといえばそうだがその方がいいに決まってる。

正直動画数が多すぎてそこまで見れていないのだが、特によかったと思う回。前後編。
【MTG】東方永劫譚、第七十七話・ぬえVS正邪(前編)【レガシー】

テキストリンク

微妙に似ているという噂のある二人の試合。正邪の捻くれ具合が見ていて楽しい。エラーカード使いだしたり、ドイツ語版だったり、デッキもまさに正邪というアクの強いものを使っている。会話も非常に楽しい。
その中でこれほどまでに熱い試合を魅せてくれるのは圧巻の一言。
正邪は最近のイチオシキャラなので非常にうれしい。


作者は学業と創作の両立の難しさからか、創作意欲を失ったとかブロマガにあったが、惜しいものである。



MTGもタルキール覇王譚だかなんとかいう新セットのプレビュー期間だし、非常に盛り上がっている。
東方もなんかPS4に二次創作ゲームを出すアレが出来たとか色々あってこちらも盛り上がっている。
東方とMTG。どちらも、短期間の流行で収まるものではない。歴史を繋いできた。
だからこそファン層も若干被るのであり、強靭な地盤を持つ人気があるのだろう。
スポンサーサイト



テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/09/04(木) 00:03:42|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【将棋】2014年9月4日現在の将棋プロ棋士のレーティングを見る | ホーム | 北斗のような世紀末世界を望む我々。第五九回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1740-9152566a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)