ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

八月に買った本の感想と九月に買う本の紹介

7月~8月のはこちら

いつもどおり漫画ラノベの新刊感想紹介記事。読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とかあったりするけど気にしないでね。たまに語りたいだけで()付けて紹介したり。
その他でも感想書きたくなったら書くけど基本書かない。基本別に記事にする。書かない場合のが多いが。買ったのに忘れてて書かないのもあったりするからなあ。

一応新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。たまにアマゾンとか。面倒なら記憶で手打ちすることも。
出版社とかも載せてるが、その関係でレーベルと出版社が混在してるのは注意。小説はレーベル、漫画は出版社が多い。
漫画ラノベ以外は基本的に新刊確認してないのでここには書かない。でもラノベの杜に載ってるラノベじゃない小説は書いたり?ラノベの定義は気にしない。ラノベの社は割と広く載せているらしい。ライトノベルの定義論は別の記事で。

私は本の買い方では作者買いが多い。ジャケ買いも試し読み買いも評判買いも広告買いも分野買い資料買いジャンル買い元ネタ買いもするけど。
作家買いでも、最初からその作家を知っているわけでもないしね。

この感想回とは別に感想記事書いてたりもする。覚えてればリンクも張るかも。

アマゾンリンクとかは無いから気になったらググッてね。
ああ、そうそう、ネタバレは余裕であるから。この記事だけじゃなく。
ここまでテンプレ。地味に変わってるけど。ちょくちょく弄る。

ではスタート。
8/4
集英社 キン肉マン ファンブック 超人閻魔帳 \734

結局買ったら思いのほか面白くなってキン肉マン新シリーズ分全部買ってしまった。
二世のころは評判悪かったが、今度の話は凄い面白いよね。過去の伏線とかを効果的に消化しているというか。
キャラデザインとかはやっぱ変わったなあという印象も強いが。
オメガマンとかあの辺出るんかね?ネプチューンマンもなんか活躍とかないのだろうか。

8/8
秋田書店 名探偵マーニー(10) 木々津克久 \453
秋田書店 弱虫ペダル(35) 渡辺航 \453
講談社 進撃の巨人 悔いなき選択(2) 駿河ヒカル \463
講談社 進撃の巨人(14) 諫山創 \463

マーニー。なんか本誌では完結したのだが。一話完結が主だったところをメカニックが本格的にストーリーに入ってきた。しかしやっぱこの作者はキャラ付けとかが上手い?狂気の奥底を知っているか。
弱ペダ。アニメ大成功で同人人気もうなぎのぼりで2期が待たれる。しかし2年次のインターハイ、盛り上がってるのか?まだなんかアレだが、御堂筋が出てくればまた違うのか?
巨人リヴァイ編。二巻できれいに終わった。2巻で終われるからこそさっさと名有りの、というか主人公の相方キャラをパパッと殺せた。結果進撃の巨人のスピンオフとしては大成功をおさめたのではないか。
進撃の巨人。今なんかクーデターとかやってるんだっけ?やっぱり一番怖いのは知性ある人間か。しかし世界観の謎は深まるばかりでその象徴たる巨人もまた重要性が高まっている。

8/22
講談社 宝石の国(3) 市川春子 \648

作者の力量が伝わる。失っていく事で得ていく。宝石は永遠のもので変化がないが、硬度が低く脆い主人公フォスフォフィライトはその限りではないのか?
そのうち月に逆進行とかしたりして。


ここまで感想。
ここから紹介。


9/4
集英社 黒子のバスケ(29) 藤巻忠俊 ¥432
集英社 斉木楠雄のΨ難(10) 麻生周一 ¥432

おお、なんか月曜発売のジャンプで急に完結とかいう噂の黒子か。単行本は30巻終わりかな?スラムダンクの話数より一個少なくなる計算なんだよね。実際、スピンオフもなしで終わりとは考えにくい気もするが、スパッと終わるのは確かに潔い。たしか読み切りから黒子ばっか書いてたはずだが次回作はどうなるか、大注目。
斉木。斉木もキャラ含め安定してきたが、ギャグ漫画として何話まで持たせるのか。そういえば夏休み編は結構面白いが、斉木にしてみれば一日も休みがないわけで。大変である。

9/8
秋田書店 侵略!イカ娘(17) 安部真弘 ¥453
秋田書店 魔法少女・オブ・ジ・エンド(6) 佐藤健太郎 ¥453
秋田書店 魔法少女サイト(2) 佐藤健太郎 ¥463

イカ娘。これも安定ギャグ漫画だが、そろそろどうなのだろう。まああえてチャンピオンが打ち切るとも思えんが、何か新展開という漫画でもないし。新キャラにしても飽和してなかろうか。なんだかんだで出りゃ面白いのだろうが。新キャラから身とかも。最近は必ずしもイカ娘が中心でない話が多い?
魔法少女オブジエンド。そろそろ話の概要も見えてきたか?グロくて滑稽なのが心揺さぶられる。
魔法少女サイト。オブジエンドの前日譚らしいが、すでに中々いや~な感じで良いよね。創作作品において魔法少女という存在の示すところは既に変容している。

9/10
電撃文庫 マグダラで眠れ VI 支倉凍砂 鍋島テツヒロ 616 978-4-04-866899-6
電撃文庫 僕と彼女のゲーム戦争7 師走トオル 八宝備仁 637 978-4-04-866866-8

お~マグダラ出るのか。結局旅を続ける感じになったんだっけか。狼と香辛料と同じでそういうのが向いているというか慣れているというか?錬金術薀蓄は大好きなので期待。
ゲーム戦争。基本FPSが多いこの作品だが、FPSじゃないのもちゃんと入ってくるのがいいよね。対戦ゲームが主だが。次は何出るかな?大期待。

9/18
ガガガ文庫 下ネタという概念が存在しない退屈な世界7 赤城大空 霜月えいと 640 978-4-09-451511-4

あ、これも出るのか。一軒エロギャグラノベと見せかけて、かなり社会派な内容も入っている。
あんま政治の話は書きたきゃないんだが、私はそもそもエロの18禁規制自体馬鹿馬鹿しいと思ってる。権力者や常識が常に正しいと思うなかれ。

9/24
角川書店 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト(7) 長谷川裕一 ¥605

ゴースト。フォントも成長してきてるし、話もバンバン進んできている。えーっと、あの人死んだんだっけ?ちゃんと重要なキャラを殺せるあたりガンダムだという感がある。Gジェネとかで出ないかなあ。

9/25
メディアワークス文庫 博多豚骨ラーメンズ2 木崎ちあき 637 978-4-04-869009-6
メディアワークス文庫 なにかのご縁2 ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う 野崎まど 616 978-4-04-866996-2

お、二巻出るのかラーメンズ。まあいくらでも話広げる余地あったし、実際面白かったし売れたのだろうから当然か。バンバン人が死ぬ世界で草野球の話を絡めてくるなんというか空気の読めなさというか図々しさというかが読んでてうれしくなってくる。
お~、まど先生か。なにかのご縁はまど先生にしては珍しくシリーズ続ける感じだったが、ちゃんと出て何より。まど先生にしか書けないものもあるか。


こんなところか。9月はラノベ多いが全体的には少ないか。
9月は、うーん、マグダラとかゲーム戦争とかゴーストとかあるし、うーん、ぎりぎり並作ということにしておこう。
10月にはキノ出るんだっけか。待ち遠しい。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/08/31(日) 23:58:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<PS4で東方の二次創作ゲームが配信されたりする件について | ホーム | 東方要素の追加された変愚蛮怒、「変愚蛮怒勝手版」をやってみた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1737-3a041e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)