ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

近代軍隊の階級についていろいろ

階級 - 航空軍事用語辞典++
軍隊における階級呼称一覧 - Wikipedia
軍隊の階級とは - 西洋ファンタジー用語ナナメ読み辞典「Tiny Tales」
軍階級 - スーパーロボット大戦Wiki
軍隊の役職・階級について 小説作法
階級表


軍隊というのは厳密に階級が決まっている。軍隊という性質上当然である。
で、まあ大昔の軍隊はそれぞれの国で何とか将軍だの旗本だの足軽だの騎士階級だのなんだの好き勝手に互換性がないクラス分けされていたわけだが、近代の軍隊では共同作戦とかする時にどっちが上とかでクッソめんどくさいのでなんか互換性のある階級分けが概ね全世界でなされている。まあ個別軍で細かいところは変わるが。

創作作品でもそういう区分けが合ったりして、詳しくない人を惑わせる。軍隊において階級は大事なものなので、この辺は知っておきたい。
という訳で、今回は軍隊の階級それぞれについて一個ずつ、階級の上下だけでなくどういう意味があるかとかコメントしながら見て行く。

こういうの大体昇順、っつーかえらい方から紹介されてるから、ここでは下っ端から紹介していく。読んでいくと同時に進級していく気持ちになれるでしょ?
ではスタート。

1.兵卒
徴兵されてきた兵士とか?士官学校とか行ってない場合ここから。志願も。

二等兵
所謂新兵。創作作品では三等兵四等兵とかそういうのが出てきたりもするが、昔の海軍だったかにそういう名前のがあっただけで、概念としてはその四等兵が二等兵だというだけの話で、三等兵以下は現実的には人を揶揄して言ったりする時を除けば存在しない。
徴兵されたばっかの兵士とかが二等兵である。で、一定のカリキュラムを修了することで全員一等兵になる形である。全員ね。

一等兵
徴兵されたりして一定期間たった兵卒。大体一年ぐらいでなれる。
一等とかつくがまだ下っ端。新人ではないと言うだけの話。とりあえず二等兵をいびることはできるようになる。
そういえばコードギアスで枢木スザクが最初出た時一等兵だったか。なんだアイツ兵卒から初めて国をどうこうする気だったのかよまあ実際どうにかなったがもっと現実的なプランを考えろよ。

上等兵
上等な兵。まあ一応成績が認められて昇級という形。まあ軍隊にもよる。
二等兵、一等兵のちょっとした指導とか、色々な雑務も入ってくる。
場合によっては下士官のように分隊長を務めさせられることもある。かの有名な独裁者、アドルフ・ヒトラーは第一次大戦時の最終階級から伍長閣下だの揶揄されるが、正確には伍長勤務上等兵、あるいは兵長に値する。もっと下な訳だ。

兵長
兵卒の中では最も上になる。
まあ無い軍隊も多いんだけど、意味合いとしては徴兵制とかはまあ臨時雇いな訳だが、戦争の状況により延々と再召集される古参兵士が兵長として分隊長とかやる。
そういや進撃の巨人のリヴァイは兵長な訳だがイマイチ納得いかん。まあほかの連中の階級は忘れたからそういう基準なのかもだが。


2.下士官
兵を統率する役割を持つ。つまり原則として部下がいる。士官学校出じゃない職業軍人は基本この辺りになる。

伍長
漢字を見てもわかるように、五人とか最小の単位の隊を率いる。
ガンダムのカイ・シデンなんかはなんやかんやで一年戦争終わったころには伍長になってたとか。元々民間人なのに。

軍曹
鬼軍曹とかそういうのもある話で、兵の教練役を担ったりする。ハートマン軍曹なんかは有名だよね。ケロロ軍曹なんかも。
もちろん分隊長とかもやる。
そういえばストライクウィッチーズの主人公宮藤芳佳なんかも軍曹だったか。あれは航空機パイロットだからまた話は別だが。

曹長
下士官の最上位で、士官学校を出ていない場合基本はここで昇進は終わる。そりゃ例外は幾らでもあるんだが。
10年単位の軍歴と能力によって選抜された叩き上げ軍人であり、下士官や兵卒のまとめ役として階級以上の重要な役割を持つ。士官学校で高等教育を受けて少尉に任官された現場を知らない部隊長と叩き上げの曹長との関係というのは色々言われる話らしい。
軍や部隊でもっとも軍歴の長い曹長を最先任上級曹長とかなんとかで下士官と兵の代表として扱う場合もあるとか。そうなってくるとまた扱いも変わってくる。
内務をやったり指揮官の補佐をしたりとか。
日本の自衛隊だと防衛大学校とか卒業した幹部候補生とかが曹長から始まったり
ガンダムのアムロ・レイなんかは一年戦争終わった段階で曹長になってる。


3.准士官
下士官の上、士官の下という中途半端な位置。実際軍によって下士官の一部だったり士官の一部だったり独立階級だったり役職だったりする。

准尉・特務曹長・兵曹長
あまり統一したのがないので全部載せとく。たぶん一番メジャーなのは准尉。尉官に准ずるってー話ね。
下士官の中で特別に功労があり、士官相当の待遇を与える時に、と言うのが基本。まあ、特に創作では士官学校出たばかりの将校が最初に任命されたりという場合も。自衛隊だと曹長からだしまあ似たようなもんだよね。
叩き上げの場合、中隊の下士官以下の人事を任されたりとか。
ガンダムなら逆シャアのギュネイとか……ガンダムの話ばっかだな。他で有名なのはヘルシングのシュレディンガー准尉とか?


4.士官(将校)
少尉以上の軍人をまとめて士官と呼ぶ。元々、士官は貴族でそれ以下の下士官、兵卒は平民という区分けからできていて、今もジュネーブ条約の捕虜の扱いの差(士官には労働を強制しちゃダメ)などでその名残が見える。今は士官学校出(一般大学出で士官とかもあるが)とそれ以外を分けている感じだけど、まあ下士官から士官も昔に比べればなんとでもなるようになってるとか。

4-1.尉官
士官の下から三つぐらいの。パイロットの類は大体この辺から。
作戦を遂行する現場の指揮官など。

少尉
士官学校出の最初の階級。自衛隊では三尉とか言う。言葉変えたら旧軍色が消えるかというと全然そんなことはないしわかりにくくなっただけだよね。
空軍なんかでは戦闘機のパイロットは少尉からなので、創作作品の主人公なんかはここからな場合が多かったり。ガンダム08MS小隊のシロー・アマダとか。
階級上は上だが曹長よりも俸給とかも下なので割かし貧乏なんだとかなんとか。

中尉
少尉が新人なら中尉はもうちょっと先輩。やることも増える。
有名どころでは皇国の守護者の主人公、新城直衛なんかは登場時中尉だった。まああいつはバンバン出世していくんだが。
ガンダムではZのカミーユとかエマとか、ガンダムAGEのラーガンとか……

大尉
陸軍なら中隊長といったところ。大日本帝国軍では徴兵された叩き上げ軍人の最終階級だった。ガンダムシリーズなんかもその影響で、アムロ・レイが逆シャアで大尉やってるのもその辺である。あと佐官は部下を引き入るからね。エースパイロットみたいなのはこの辺だったり。
エヴァ新劇場版のアスカもユーロ空軍大尉だっけか。

4-2.佐官
この辺りから戦術規模になってくる。作戦を考える側、作戦単位の指揮官。
尉官と佐官の差は佐官と将官、尉官と下士官ほどの差ではない。創作作品では准佐とかたまに出てくるが現実ではほとんどないのはその辺があるらしい。
ちなみに「佐」という感じは補佐とかその辺の意味があるので厳密に考えるとアレだが、その辺は歴史的なものに倣っているのでそうなっている。中国などほかの漢字文化圏では違った字を使う。

少佐
自衛隊でいうところの三佐。なんだかんだで大尉から少佐になるには専門教育とか試験とかある場合が多い。
将来的な幹部候補という場合も。大隊を指揮する場合や幕僚の末席にいたりもありうる。現場での直接指揮なども。
ガンダムでは登場時のシャアとかか。ストリートファイターのガイルは少佐だったりする(ストゼロ3では中尉)。

中佐
よく考えるとイマイチパッとしない階級。大佐と少佐がやや派手な印象があるからか。
まあ軍艦の艦長とか飛行隊長とかはこの辺から。
元々(近世ヨーロッパ)を考えると、陸軍の大佐は大貴族が自費で連隊を作ってその連隊長として就任していたもの、海軍の艦長は国王が任命してきたものだったが、なんだかんだで叩き上げの士官がその地位に就いた場合中佐ということになっていたらしい。まあ今は普通に大佐に昇進できるが。
007シリーズのジェームズボンドは表向き海軍中佐、ガンダムのアムロ・レイはガンダムUCによると大尉から死んで二階級特進で中佐となっていた。

大佐
佐官の最上位。いやそりゃ上級大佐とか代将とかある場合は知らんが。
士官学校出の目指す概ねの最終階級。英語でいうと、陸空軍ではカーネル、海軍ではキャプテン。現場における最高位であり陸軍では連隊長、旅団長、海軍では主力艦の艦長、空軍では群司令とかやる。あるいは司令部付の参謀、幕僚など。
扱う権限は大きく、たまに反乱とか起こすのは大佐だったりもする。
ちなみに代将とかいうのは大佐複数名が指揮する複数の部隊をまとめるために大佐一人を司令官とさせる時にその場限りの階級として与えられる。作戦が終われば大佐に戻るなりそのまま進級したりする。日本を開国させた黒船のペリーは代将だったりする。
第二次大戦の爆撃王ルーデルは現場にこだわったため大佐止まり。カーネルサンダースは別に軍人ではないが、ケンタッキー州の名誉大佐(カーネル)、あとはカダフィ大佐なんかも有名か(ちょっと普通ではないが)。
創作作品においてもすげー出てくる。若いエリートで権力が相応にあるとか色々条件を絞っていくと大佐になってしまうとか。シャア大佐とかブライト大佐とか、ガルマも大佐か、Z劇場版ではシロッコも大佐になってやがる、UCのフル・フロンタルとか08のノリスも大佐かよおい。エヴァの葛城ミサトも新劇場版では一佐だの大佐だのになってた。そういえばラピュタのムスカも大佐だった。

4-3.将官
所謂将軍、提督。戦略を考える人達。近代初期は戦時にのみ臨時におかれるとかだったけどインフレして常にある感じに。
アメリカ陸軍ではでは3600人の大佐がいて、そのうち准将になれるのは150人ほどだという。
将官になれば閣下だの司令官だの言われる。大佐だと司令。
4階級に区分される場合、一般的には准将少将中将大将な訳だが、少将中将大将上級大将という場合もある。この場合前者の大将が後者の上級大将と比べて格下かというと別にそんなことは全然なく同等である。前者の准将と後者の少将も同等。ただややこしいだけである。

准将
旧日本軍や自衛隊だと無い。まあ自衛隊だと一佐が同等ということになってるが。
陸軍では旅団長とか、海軍では群司令とか、空軍では航空団司令とか。まあこういう軍事専門用語書いてこういう紹介記事でどれほど役に立つかは知らんが。
大佐が定年間際で准将閣下になって定年って場合も。
創作作品でいうと…… アレ?SEEDのキラ・ヤマトとかアスラン・ザラとかここまで登りつめてるの?マジでか。ガンダム00だとカティ・マネキンとかか。銀英伝のアンドリュー・フォークなんかも准将だったな。

少将
自衛隊でいうところの将補。補とか准とか重なってクッソややっこしい。
この辺りまでが前線司令とかやって殉職する可能性がある感じ。ちなみに基本的に将官は二階級特進がない(あって一階級)のでその点損。
アメリカなんかではここまでがまともな昇進で上がれる最終階級だとか。ワシントン陸軍中将で終わったもんね、追贈で大元帥になってるが。
ガンダムのキシリア・ザビは少将。ガンダムXのフロスト兄弟も最初出てきたとき大尉だったくせになんか知らんけど最終的にここまで登りつめてやがる。

中将
自衛隊では単に将という。正確には将(乙)。階級章では星三つ。
陸軍の軍司令官とか海軍の艦隊司令官とか空軍の航空軍司令官とか。
アメリカでは公衆衛生局士官部隊の長が中将だったりする。
創作作品ではぱっとしたのが思いつかんなあ。ガンダムのドズル・ザビとか、銀英伝のメルカッツとか?

大将
英語でいうと陸空軍でジェネラル、海軍ではアドミラル。階級章では星四つ。
職業軍人のトップ。いや上に元帥とかあるけど、名誉称号だったり戦時にしか置かなかったりするからね。
自衛隊でいうところの将(甲)。幕僚長とか統合幕僚長とか。
女性の大将は全世界的に少ない。アメリカの陸海空軍に一人ずついるらしいが。
ガンダムでいうとギレン・ザビ、レビル将軍とか。


5.元帥
階級としての元帥は将官に含まれないことが多いとか。階級ではなく戦時に功績をあげた大将に与えられる称号だったり。
ここまで来ると政治的な色も濃くなってくる。
なんか武道や将棋囲碁とかの段級位制で十段とか言い出すのとポジションが似ているというか。
元帥という分類の中に、大元帥、元帥、次帥、副元帥、代帥なんかがあったりするが、ここでは元帥と、一応大元帥にだけ触れる。っつーか代帥とかどこの国にあるんだ?次帥とかは北朝鮮にあるらしいが。

元帥
その軍隊における最上位。階級章は五つ星。自衛隊では無い。
アメリカにおいては定員五名で、しかし朝鮮戦争時より後では元帥になった軍人はいない。それも第二次大戦時からの存命の元帥との兼ね合いからであり、第二次大戦時の軍隊というものがいかに巨大だったかがわかる。
創作では銀英伝の主人公ヤン・ウェンリーがここまで登りつめている。もっともあの作品は元帥すげー大量にいるけど。
現実ではマッカーサーとか東郷平八郎とかロンメルとか。

大元帥
ここまで来ると、軍隊というか君主なり国のトップを軍隊で扱う場合の階級、称号という意味合いのが多い。あんまりにも馬鹿馬鹿しいのでない国も多い。あったとしても追贈とか、あるいは昔の話だとか。階級章は六つ星だったり。
日本では明治天皇、大正天皇、昭和天皇が大元帥に。アメリカでは先述したワシントンとあと二人いる。ソビエト連邦ではスターリン、中華民国では孫文だの蒋介石だの、イタリアではムッソリーニとか、北朝鮮では金日成と金正日。
創作作品でも大元帥とか言い出したら馬鹿馬鹿しくてリアリティがなくなるからか、闘将ダイモスのオルバン大元帥だのぐらいしか無い。



軍隊の階級はこんなものである。そりゃもちろん例外もあるが、多くの国で互換性を持って通用する。よくわからん階級もあったりするが。言うまでもなく各国で呼称は違うのでその辺は各々で調べていただきたい。
軍隊の上下関係は軍隊という性質上重要であり、階級にはそれぞれ意味がある。
創作作品を読む際に軍事階級が出てきたら、その階級でそのキャラがどんなキャラかというのが一つわかるのだ。

階級、人類社会の縮図。軍隊はその点わかりやすい。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/08/24(日) 18:01:30|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デジタル時計の自動巻き。第五八回動画紹介回 | ホーム | Wikipedia探訪「パリ消防旅団」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1731-23106ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)