ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

クソゲーオブザイヤー2013携帯ゲーム機版、7月20日深夜にやっとこさ総評・大賞「ホームタウンストーリー」が決定していた模様

トップ - クソゲーオブザイヤーWiki 携ゲ版
2013年 大賞 - クソゲーオブザイヤーWiki 携ゲ版
2013年 総評 - クソゲーオブザイヤーWiki 携ゲ版


ネット世代の雑評論 クソゲーオブザイヤー2013据置版 大賞決定!『ビビッドレッド・オペレーション -Hyper Intimate Power-』
ネット世代の雑評論 クソゲーオブザイヤーinエロゲー板2013大賞決定「明日もこの部室(へや)で会いましょう」、あとKOTY動画 

ネット世代の雑評論 クソゲーオブザイヤー2014、据え置き、携帯の動向をみる

クソゲーオブザイヤー。略してKOTY。その年で最もクソなゲームを決定する2chのネタスレ企画。
投票ではなく総評を持って大賞を決定するところが肝心である。

2014年も半分、というか7月も下旬に入りようやっと、クソゲーオブザイヤー2013携帯ゲーム機版の総評と対照が決定されたらしい。
KOTYで総評決定に時間がかかることは珍しいことではないが、4月とかその辺りで大概だったモノを今回は7月と、混迷に満ち溢れた携帯機KOTYスレの現状がよくわかる。

オート、GIMI、ホーム。総評に現れた作品は3作品とやや少ないが、どれもそれぞれ独特なクソさがあり、レベルは高い。
KOTY総評ではよくあることだがクソゲーをめぐる哲学にまで話が縺れるあたりも興味深い。
なんにせよ、KOTYの結果は総評から始まる。まず総評を見て感じ取ろう。

私の感想では大賞はやや意外感があるが、見てすぐわかるクソさのあるオートよりも深い闇がホームにあるということか?いやホームもすぐヒドいんだが。


2014年度が現在4作品が審議中の模様。所謂「基本無料」なゲームまであったりしてKOTY界隈に一石を投じそうだ。


今回、なぜ7月まで総評決定が伸びたのか。
実際、それぞれのゲームのクソ度自体甲乙つけがたいところがあったはあったが、やはり問題とするべき点はそのシムテムの破綻、というか住民による総評決定運用がうまく回らなかったというのがあるか。

総評執筆者に求められるところが多い。それぞれのクソゲー候補作をプレイしていることが求められ(選評執筆者には求められてしかるべきなのだが)、総評にミスがなく面白いことが求められ、住民からの質問やイチャモンに答えることが求められ、とものすごく大変で、匿名の一般2ちゃんねらーには酷な責任があった気がする。

総評執筆者は何人かいたりするわけだが、やはりスレ住民全員で総評を作っていくぐらいの気概でじっくり練り上げてほしい気もする。
まあ要するに、スレが荒れてたから決まらなかったと言えばそうだが、まじめにやった挙句そうなったのか、それとも他に何かあったのか、という問題もある。

総評をもって大賞を決めるというのがルールだが、総評執筆のルールは特に明文化されていない。
2014年度以降はこの辺りの改革も想定して今後の糧としたい。


とはいえ、なんだかんだでできた総評は良い出来である。
回り道をしても目標を目指す意思があればいつか辿りつける。スレ住民の多くは総評を作り大賞を決定することを目的としていた。
ならばあまり心配することはないのかもしれない。

クソゲーのような負の話題を議論するのはどうしても負の感情が付きまとう。2ちゃんねるのような匿名掲示板だからこそそれは可能だが、だからこそより荒れる。
KOTYに携わる者はクソゲーの闇を垣間見ても、クソゲーの闇に飲み込まれないように気をつけねばならない。
…… もちろんゲームハード論争の闇にもね。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2014/07/26(土) 01:59:47|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ねじまきカギュー 最終巻出たので全体を振り返る 第二回展開編 | ホーム | ねじまきカギュー 最終巻出たので全体を振り返る 第一回キャラ編4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1711-13eeeccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)